2007年08月31日

今でも時々見る、宿題が終わらない夢(笑)。オトナになったらこの日を怖がらずに迎えられていいなぁ、と思った昔は気付かない、そもそも大人には夏休みがないのだ・と。

 こんばんは、うかうかしてる間に夏が終わりそうになって慌てているらっきーです。 うーむ、 友達や先輩後輩その他お仕事関連の人々にお知らせすべく転職しましたハガキを送ろうと思ってかもめ〜るを50枚買っておいたのにもう使えないや (自業自得。というかもったいないので官製はがきとかに換えてもらうこと)。
 朝晩は随分気温も下がって(と言っても猛暑日が夏日じゃなくなった、ぐらいでやはり蒸す時はあるけど)過ごしやすくなったね。  あたしゃオトモダチ(ガーゼ手ぬぐいを巻いたアイスノン2種)を自室に持ってってあちこち冷やしつつ寝ているのだが、 昨日は外出後にちょっとノドが痛くなったこともあってエアコンをつけずに頑張ったよ(快挙。 まぁ薬を飲んだせいもあるけど今朝起きたらノドは治っていた。暑かったけどさ)

CIMG4110 CIMG4111 昨日のお昼ご飯は久しぶりに天ぷら屋さんで。新宿小田急12階。
 昨日は午前中だけ仕事だったんだけど(暇だったよごめん万国の労働者諸氏)、 終わってからダンナにショートメールしてみたらカメラの何だかで新宿に行きたいんだと。  もちろん便乗してくっついて行くことにして御茶ノ水駅のホームで待ち合わせてお出かけ。
 時刻は1時過ぎ。 腹減った・とキャツが言うのでまずは昼食に。 デパートの食堂街をうろうろして、 協議の末揚げたての美味しい天ぷらを食べよう、ということになり「天一」さんへ。 衣がサクサクで、細身の海老×2、白身魚×2、茄子、 カボチャ、小エビかき揚げを完食(^_^)/。 しじみ入り赤だしと茶碗蒸しもきっちり頂きました(満腹)。

 西口から出て地下道を歩き、ペンタックスフォーラム(現行販売機種とレンズが展示してあって、 サーヴィスセンターと写真教室と付属品のアウトレットなんかを売るところがある)に到着。  ダンナがカメラの清掃を依頼している間にマガジンラックにあったカメラ雑誌をめくってみる。 結構面白い。  なので写真の撮り方の秘訣が載ってる本を買うことにした(^^;)。
CIMG4113 CIMG4114 (左)天ぷら屋さんの前の窓から外を望む。あまり天気は良くない。(右)真下を見てみた。 地下のロータリーが新宿ならでは、って感じ。

 本屋に行きたいな、ということで紀伊国屋書店まで歩く。 本当は道のはす向かいにジュンク堂新宿店があるんだけど、 まずはこっちでいいや、と入ってみる。 4階までは上りエスカレーターがあるのだが、そこから上はエレベーターしかない。  本屋さんとしてはどうよ(あたしゃスポーツクラブで頑張ってるせいか、最近階段は得意なので別にいいけど)。
 さっきペンタックス屋さんで見た本を発見して購入。 他にも編み物の本とかお料理お菓子の本とか浦和レッズ関連書籍とか、 色々欲しいものはあるんだけど(あと本当は仕事の本とか洋書とかも見たかったんだけど)、くたびれてきたヒトが連れに居たので長居は断念。  あーあたしゃ本屋でなら何時間過ごしても大丈夫なヤツなので残念(今度一人で来ようっと)。

 お茶を飲みますよ、と半強制的にダンナを引っ張って近所の高野フルーツパーラーへ(だから紀伊国屋の方向に来たわけではない。多分。 おそらく)。 平日にも関わらず、パーラー部分はほぼ満員の盛況 (昼食バイキングは時間が遅かったせいか空きがあったけど我々は別にご飯を食べたいわけではないのだ)。 3,4分で空きますよ・ と言われて待合いに座ってみたらたっぷり10分以上待たされた。 むきー(^_^;)。
CIMG4119 沖縄マンゴーパフェ(*^_^*)。ダンナのはブルーベリーヨーグルト。
 いやぁパフェ美味しかった♪ とろりと甘いマンゴーのスライスが贅沢に5切れほど飾り付けられ、真ん中にはマンゴーシャーベット (の上に甘さ控えめ生クリームがホイップしてある)、その下には杏仁豆腐?ココナッツブランマンジェ? にマンゴーソースとラズベリーソースが綺麗なマーブル模様を描き、一番奥にはさっぱりとレモンシャーベットが入っていて全体を締めている。  1,680円也(散財ごめんなさい)。
 でもさぁ、こないだ錦糸町のカフェコムサで1ピース1,600円のマンゴータルトを見てたら呆れられたのにどうして今日はOKだったの?・ と訊いてみたら「止めた方が良かった?」と言われていえいえそんなことは滅相もない(^^;)。 元気に帰路に就いたのことよ。

 空けて今日は金曜日なので週休(ほんとごめんなさい万国の以下略)。 いつもの時間に起きて朝ドラを観つつ朝食を摂り、 行きたくないなー・と思いつつのろのろと支度してスポーツクラブへ。 でも着いたら頑張ろうと思うんだけどね(だから続いている)。
 いつものようにストレッチとブルブルマシン10分と踏み込みマシン15分(後のクラスがあるので短め。こないだ35分やった)、 11時からクラシックヨーガ初心者クラス60分に参加する。 先生が少し浦和レッズのポンテみたいな感じのヒトで、 身体も柔らかいが話し方も穏やかですぅっと集中できるのでこのクラスは好きだ。 あと、腹筋運動15分のショートプログラムがこないだから始まってたので出てきた。 というか帰ろうとしてストレッチしてたら顔馴染みのインストラクターさんに捕まったのだ(^_^;)。 ちなみに水曜日にはラテンビート (ラテンっぽいステップを踏んで踊る初心者向けの45分のクラス) に出てるんだけどここは女性らしい体型とメロウな声と優しい気遣いの先生が教えてくれるので、もう一つのお気に入りである。  よし、常勤になっても何とか今と同じ時間に通えるように頑張ろう(おいおい)。

 不具合を起こした自分とこのWeb掲示板の復旧にかかりっきりで家から出られないダンナのために、 帰りがけに駅の反対側のモスバーガーまで行って昼食の差し入れをしてあげた。 遠かった(^_^;)。  違うトコにロッテリアの話を書いたら何となくハンバーガーが食べたくなったのだ(釣られてる)。
 夕方はヘアカットを予約。 例によって走れば数分の距離、玄関前から見える場所にある店なのだが、 何故か辿り着くと5分ぐらい遅刻している(いつもだ)。 担当のMさんは青森出身のサッカー好き(自身も経験者)で日本代表ファン、 Jは特定のチームを応援してはいないが友達が浦和好きとのことで毎回そういう話になる。 田中達也調子良くなってきましたね、 という話題から入る。 日本代表はいつ遠征でしたっけ?と訊かれて遠征なんかあったのか知らないぞ、と思う(笑)。
 目の前に数冊積まれた女性誌の一番上に健康特集みたいなのがある。 お、ウチのマドンナ載ってるんじゃないかしら、と思って探してみる。  案の定載ってた(他部署のB女史と共同監修だ)。 明日話題にするためサッと目を通す。 カラーリングをお願いしたので、 ペタペタ薬を塗ってもらってる間に猛烈に眠くなって暗転(^_^;)。

 がくん、と頭が動いて目が覚める。 既にぐるぐるがセットされて頭が温められている。  隣に居た若いお客はもう終わって帰ったとみえて違う女性が頭にカーラーを巻き始めている(笑)。 Mさんに「… ワタシ結構長いこと寝てました?隣が違うヒトになってるんですけど」と言ったら笑われた(^_^;)。 近況を聞かれたので、 予告なしで帰省した時の話と母が上京した時の話なんかをする。 職場も変わったんですよね、と言われたので目の前の雑誌を見せて 「これが今の上司でココが今の職場なんですよ」と教えてあげたら驚いていた。  そのうちワタシも雑誌に登場なんかするヒトになってしまうのだろうか、すっぴんで通勤できなくなっちゃったらイヤだなぁ(本末転倒)。

 睡眠1時間お喋り1時間で小ざっぱりさん完成(^_^)v。  乾かす前は真っ黒に見えたけどブローしてもらったら良い感じにブラウンが入ってて気に入った(前回と同じ色なんだけどね)。  伸びた分だけ切ってもらったので、パーマがとれかけてきていてセットが大変かも。 でも別に気にしない (相変わらず銀座にすっぴんナマ足で通勤する女、らっきー)。
 …あー、明日は土曜日かぁ、忙しいんだよなぁ (昨日帰る時に事務のコンピュータで予約状況をふと確認したらどっさり入ってて一気に気が滅入った・笑)。  暇な日との差が激しすぎるのがイマイチなんだよなぁ、調べなきゃ良かった(>_<)。 夕方6時からJ1第24節、 さいたまダービーなんだけど多分間に合わない。 というか、絶対間に合わない (何とか昼休みにペーパーワークが少しでも進めばいいんだけど大体昼食以外に休みがありそうな気もしない)。  仕方ないので念だけ送ることにしておくよ。

 今夜の一曲はRichard Carpenterの"When Time Was All We Had "。  有名なカーペンターズのお兄さんの方なのだが、拒食症で夭逝した妹カレンへの深い愛情がこの映像からも窺い知れて切ない。  この曲は彼のソロアルバム「T・I・M・E」に収録されている美しいスローナンバーだが、アルバム内の他の曲も皆懐かしく綺麗で、 哀しさの中にも明るさがあって良い一枚である(大学時代に買った)。 ちなみにリチャードは昔よりハンサムになっている。  この映像を見て確信した(台無しな感想・笑)。

 それでは明日に備えておやすみなさい。 うーむ、Yahoo!ファンタジーサッカーのチーム編成をしなきゃいけないんだけど、 浦和で固めるには悪い予感がし過ぎるしG大阪や鹿島や横浜FMに頼るのも何だか業腹だし…(悩みつつ退場)。 よし決めた、 9月になってから考えよう(あと10数分。というか多分翌朝まで持ち越し。仕事忙しいって言ってるのに)。 おやすみなさ〜い(はぁと)。

posted by らっきー at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

皆既月食はいつも満月。太古の昔、人々はみるみる欠けていく月をどういう気持ちで見ていただろう。思うのだ、呪術と科学は今も隣り合わせではないのかと。

 こんばんは、夜6時過ぎから8時半までざばざば雨降ってた東京かららっきーです(涙)。 いや分かってるんだ、 月食なんてせいぜい満月が数時間欠けたり戻ったりするだけでネオン街では空でもボーッと見てない限り気付かれはしないなんて事は(^^;)。  それでもそこには自然への畏怖があり物語があり、家族の対話があるはずなのだ。 あぁ水神様、殺生な(^_^;)。
 まぁもともと、日食のドラマ性は月食には無い。 真昼間に夜のような暗さになったり黒いガラス板を透かして見たりするのは楽しいけれど、 月がどんな形だろうが特にロマンティックな訳ではない(可哀想)。 だけど私は月食を経験する度に、 ただ静かに欠けていく月をじーっと見てるのが好きだった。 月光だから似合う魅力というものもあるのだ (あたしゃ太陽か月かどっちかのイメージのアクセサリーをあげる、と言われたら絶対月にする。自分に擬えているのだ。lunatic・笑)。

CIMG4092 CIMG4093 昨日(月曜日)、 吉祥寺へお仕事に行ったら休憩室の机上に置いてあった同僚専用連絡ノートがエラいことになっていた。
 もともとこの職場、あたしゃ現在週1回しか行ってないんだけど、ボスであるウチの先輩J氏以外は全部非常勤なのだ。  普段接する人は有能な女性(しかも3人の母であり家庭と仕事を見事に両立させている)で常識派だから全く知らなかったのだけれど、 このノートを読んでいくとどうやら他の人々の中には一風変わった方もいらっしゃるらしい。 曰く、「タイムカードが7分も進んでいる、 わざとか?」ですと(^_^;)。 あぁJ先輩、大変なお仕事ですねぇ(お気の毒)。
 写真は先週木曜日に延べ3ページに渡って延々と書き連ねられていた事務方への呪詛(としか思えない)。  お書きになったのは月に2度ほどいらしている、我々とは違う科を担当する女性。  確かに仕事に差し支えるような様々の不具合が存在するのは想像に難くないが、クレーム先の担当に敬称も付けず名指しで無能扱いするわ 「アタシ達に楯突こうなんてどんな了見よ」的な高飛車(というか居丈高)加減がモロに綴られていて、 更に日本語のマズさと誤字が散見されるに至っては苦笑させられてしまった。

 この方が怒っていらっしゃるのは分かる。 良かれと思って働いているのに環境が伴わないのは苛々するものだ。  スタッフを教育するのも職業人として先んじているものの義務だろう。 しかし、怒るにも品格を忘れてはならないだろうに・ と思うのは私だけだろうか。 最後は「無能な事務陣はメンタル面を叩き直すべきだ。カウンセリングを受けてはいかがでしょうか」 と結んであるのだが、これを読んだ他の同僚のほとんどは「カウンセリングが必要なのはあなたの方じゃないの?」 と思うこと請け合いの文章である。
 曰く「今日の担当スタッフは使えないから二度と私に付けるな、違うヤツが来てもちゃんと使えなければ却下する、 居ないならまともなスタッフを募集しろ私が面接してやる」
 曰く「同僚仲間でも男性がノックもせず着替え室に入ってきたりするので2部屋続きだから男女の部屋を分けろすぐロッカーを移動しろ、 ボスの机がある方が男性用でいいか?」
 曰く「当然のことを指摘しただけなのに逆に勤務を減らせと言われた、こんな不当な扱いは許せない、ギルドにも東京都にも報告してやる」
 捨て台詞に曰く「こんな店、私が客なら絶対来ませんね!」 etc, etc...

 …久しぶりに面白いものを読んだ。 苦笑というより失笑モノだ。 あのねぇ、 月に数回しかいらっしゃらない御自分の立場を慮るのも大事な常識感覚なんですよ(余程そう書いてやろうかと思ったけど思いとどまった。 常人じゃない方に粘着されては困る)。 少なくとも彼女には職場を選ぶ権利があり、職場の方には和を乱す職員を諌める権利があるのだ。  相性が合わないならさっさと河岸を変えた方がお互いの幸せというものである。 さてどうなることやら(来週が楽しみだ・笑)。


 話変わって今夜行ってきた駅反対側のカジュアルなフレンチレストラン 「ぴあっと」のお話。 ダンナの(まだ早いけど今のとこ一応)快気祝いに何か美味しいもの食べに行こうよ、 と話していたのだがステーキが食べたいとキャツが言うので以前タウン情報誌で探しておいたステーキハウスに出かけたのだ。  そしたら火曜定休(^_^;)。 バックアップでそんじゃダメだったらこのお店に行ってみるか、と候補にしておいたところがココだった。
 どんよりした曇り空に月食観測を諦め、空腹を訴えるダンナに引きずられるようにお店の前まで来た。 時刻は6時過ぎ、中にはお客は居ない。  外には「OPEN」の札。 エイッ・と入る。  テーブルの1つにホワイトボードを置いて今日のメニューをせっせと書いている初老の男性がドアの開いた音でびっくりしたようにこちらを見る。  あれれまだ入っちゃいけないのかしらん・と一瞬思ったところで店の奥から40代前半と思しき男性が出てきて、こっちが店長っぽかった。  準備が遅れててごめんなさい、大丈夫ですよ、と言われて席に着く。

CIMG4099 件のホワイトボード。綺麗じゃない手書き文字が良い味出している(無理が・笑)。 秋刀魚はともかく、大根とか合鴨にふりがなが振ってあると何だか落ち着かない(^_^;)。
 ディナーコースはA,B,Cと3つある。 相談の上Bコース(前菜2品、スープ、サラダ、肉または魚料理、ライスまたはパン、デザート、 コーヒーまたは紅茶)3,000円也にしよう、と決定。 さっきのお爺さんが危なっかしい手つきでナイフとフォークを置いていく。  ダンナの前にカタンッ、と置いて行かれたナイフの刃先が外側を向いていてハラハラする(笑)。 奥の方で何やら店長さんの指導する声 (やっぱり)。 「嫌いなものはございませんか?」と訊かれる。 プリフィックスのコースのお店ではまだまだ珍しい気遣いだ。

CIMG4095 CIMG4096 一品目、「うなぎとじゃがいものテリーヌ」とグリーンサラダ胡麻ドレッシング(左)。 「本当は同じものを出すんですが、それじゃつまらないと思うので違うの出しますね」と供されたのが「カニ、つぶ貝、 ホタテ入りゆずの(コンソメ)ゼリー」(右)。
 テリーヌはうなぎの脂が除かれていてさっぱり味。 ゆずのゼリーは本当にとってもゆず味。 なかなか凝っていて美味しい。  あたしゃ白ワイン、ダンナは赤ワインをグラスで飲みつつ2人でシェアしてちびちび食べる。  奥の方では一生懸命色々準備しているらしき音がする(^^;)。

CIMG4101 前菜2品目は「大根のステーキ、牛スジのトマト煮添え」。これは2人とも同じものだった。 塩味がきつめだが焼き付けた大根と一緒に口に運ぶとマッチして美味しい。結構ボリュームがあったのと、 一品一品出てくるまでの間隔がかなり長いので血糖値が上がってきてしまって既に少々満腹感が(ヤバい食べきれないかも)。

CIMG4102 「トマトの冷たいポタージュ、バジル風味」。
 ダンナが一口飲んで「うーん、こりゃトマトとバジルが嫌いな人は卒倒するね」。 私も一口…「…ピザの味!」(笑) あ、 いえあたしゃどっちも大好きです(^^;)。 さらりとした口当たりで繊維を除いてあって美味しかった。

 それにしてもこういう感じのお店でお皿ごとにナイフとフォークを換えてくれるのって凄い。 あと、 カトラリーをセッティングしたりお皿を下げたりしてくれるお爺さんの手元足元が気になって息を詰めて見守ってしまうのが凄い (ダンナが私を見て笑っていた)。

CIMG4103 CIMG4104 さて私が頼んだ魚料理は「スズキのソテー、キノコクリームソース」(左)。 ダンナは肉野郎なので「バラ肉のトマト煮込み、表面をカリッと焼いて酸味のあるケッパーソースで」(右)。
 …すみません、3分の1ぐらい食べたところで満腹になっちゃいましたm(_ _)m。 ご飯は小盛りにされていて 「おかわりできますのでおっしゃって下さい」と言われていたのだが無理無理、3口ぐらいしか入らなかったよ残しちゃってごめんなさい (パンをちぎって食べているダンナの咎めるような視線が痛い。あぁライスはほんの少しでいいですって先に言っとけば良かった)。  主菜だけ無理やり全部食べる(冷汗)。 ちなみにどっちの皿にも乗っている茶色いシイタケみたいな色をした物体は甘く煮た梨だったよ (面白いねぇ)。

CIMG4105 デザート(別腹)。奥は自家製クリームチーズケーキ、手前は何と「茄子の白ワイン煮、 チョコレートソースがけ」(ナスだよ!)。初めて見た(驚)。
 …茄子の好きではないダンナと大好きな私、さすがに顔を見合わせつつそれぞれ試しに一切れ食べてみる。  皮は剥いてあって中の柔らかいところがさっぱり味の白ワインシロップでしっかり煮含められ、噛むとワインの香りが広がってくる。  チョコレートソースにも助けられたかダンナも完食。 「どう?結構美味しいよねぇびっくりしたよ」「…うーん、珍しかったねぇ」 (←意地でも美味しいと言わないのだキャツは茄子のことを・笑)
 コーヒーか紅茶か、と訊かれて2人ともコーヒーをオーダー(流石にこのペースだと両方煎れるより2人分の方が早く出てくるだろう、 という計算が働いたことは否定できない)。 コーヒーが来る前に食べ終わっちゃったねー、と言いつつソーススプーンをこっそり舐めるワタシ。  しばし経ってから店長さんが出てきたよ。

CIMG4106 うわ、デザートが2品あるなんて聞いてない(驚)。ダンナの前にも同じものが置かれる。 どうやら間違いではないらしい(^_^;)。
 「ブランマンジェのフルーツソース添え」、本体のブランマンジェにはほとんど甘味がついておらずクリームの風味が口の中に広がる。  お皿に乗っているソースはストロベリー、ブルーベリー、アプリコットの3色でそれぞれ果実感満載で結構な甘さ。  一緒にスプーンですくって食べると調和してちょうど美味しい。 うーむ考えたねぇ(結局完食。あうダイエットは。 というかこの腹部膨満感は大丈夫か心配)。 と感心して食べているとコーヒーが出てきた。 苦味が少なく、ストレートでも充分美味しい。  お腹をさすりつつお食事終了。

 お会計の時に「とっても美味しかったです」と店長さんにお礼を言う。 この値段でこのお味この独創性このサーヴィス、 有り得ないぐらい家庭的でコストパフォーマンスに優れた良いお店だと心から思ったよ。  そういう気持ちは黙っていると伝わらないのであたしゃ凄いと思ったお店では必ず帰り際にレジの人に詳しくお礼を言う。  昔からそうしてきた。
 「私達、駅の向こう側に住んでるんですけどインターネットでここの評判が良いのを見て来たんです」とワタシ。 「ドコですか? ぐるなびには出してないし、あぁ、Yahoo!ですね?」と店長さん。 お客さん経由で「評価イイですよ」 と聞いたことはあるが自分ではパソコンを扱わないので全然見られないのだそうだ(笑)。 まだそんな歳でもないのにイマドキ珍しい。
 「お近くの方は珍しいですよ、私が知ってるだけでランチにお1人と…ディナーに1組いらっしゃいますねぇ、それだけです。 近所の方なんてほとんどいらっしゃいません」と店長さん。 うひゃ2組目か(^_^;)。 遠方から電車に乗ってくる人が多いのだとか。

 結局、我々が居る間には他の客は来なかった(経営大丈夫かしらん・ とダンナがしきりに心配してたけどもっと遅い時間とか休日その前日ぐらいじゃなきゃ埋まらないでしょう、と答えておく)。  仕事帰りに遠方から来るには駅から少々距離があるからねぇ(徒歩6分)。
 というわけで我々は大満足でお店を後にしたのだった。 とゆーかお腹ぱんぱんで歩くの苦しいんですけど(徹頭徹尾自業自得)。  ドアを開けると結構な雨が降っていたので月食への期待は完全に打ち砕かれ、 少々がっかりした我々はいつものように賑やかに喋りながら10分少々の道のりを帰宅したのであった。  あぁ明日はスポーツクラブで頑張らないとカロリーオーバーだ(目標、500Kcal消費)。

 今夜の一曲はBonnie Tylerの歌う"Total Eclipse Of The Heart"。  有名なヒット曲だけれど、あたしゃこのヒトについては詳しくないのでただ曲をお楽しみください、というに留めておく。 ちなみに邦題は 「愛のかげり」というらしい(なかなか上手いタイトルだと思う。現題を直訳すると「心の皆既食」になる。そう、 例えば皆既月食ならtotal eclipse of the moonだ。total lunar eclipseともいう。 勉強になりましたね)。
 明日は午前中がお休みなので大地宅配の箱を出して(受け取りは病後療養中のダンナにやってもらって)スポーツクラブへ行って、 終わってシャワー浴びたら1時までに銀座へ行って午後は仕事をして戻ってくる予定。  溜まったペーパーワークは今日少し長めに時間を取ってやっつけたので、それほど残業しなくて済むはずだ(嬉)。
 それじゃ皆様おやすみなさい〜。 今日は月食残念だったけど次は来年、ウチの祖父母の田舎があった南の島あたりで皆既日食(total solar eclipse)が見られるらしいのでそれを楽しみにすることにして(__)Zzz.。oO。

posted by らっきー at 23:56| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

炎天下の中にも逝く夏の香り。近所のお祭りに出かけるのだとダンナに言われて出かけてみたら戻ってきてからテキメン眠くなって結局夜の部には参加できずじまい。

 こんばんは、東京は暑いんだけどもう空気の中に秋の近さを感じられるのが嬉しいですね、らっきーです(^_^)/。  もっとたくさん更新したいんだけど、仕事が忙しかったりサッカー観てたり読書してたりでなかなか果たせないのだ申し訳ない(本当)。  しかも最近は高校時代の同窓生のSNSでちょこちょこ書き込みとかもしてるので、話題が全部重ならないようにしなきゃ・ と思うと更に書きにくい(^^;)。

 大学の時の経験でも分かっているのだ、幸せの絶頂にある時は文章なんて書きたくないって(笑)。 あの6年間、 どれほどたくさんの文章を書き溜めたかは今でも思い出せる。 当時の日記帳(大学ノート何冊かだった) は数年後に読み返してあまりの恥ずかしさに捨ててしまったけれど(もったいないせめて隠すだけにすればよかった)、 詩とも散文ともつかない文章をお気に入りのノートに夜中に書いていた、それは今でも大事に持っている(もう電子化してしまったけれど)。  ああ何と子供っぽい、遠い青春の懊悩よ(でもそんな自分を思い返すとそれなりに楽しかったとは思う。ただもっと成長すべきだったのになぁ、 と嘆息するだけで)。 オウノウ(笑)。

 最寄り駅の向こう側にある大きな公園では毎年夏祭りが開催されているのだけれど、それがちょうど今週末だった。  1日目の夜は花火大会をやるのだが、隅田川の花火よりもウチから近いので(当然だが) 規模は小さいけれどとても美しく見えて楽しみにしているのだ。 ただ、毎年Jの試合(大抵は浦和の試合も)と重なるのがアレだけど。
 しかも予想外の首位で迎えた埼スタFC東京戦・というのがどうにもモチベーションやパフォーマンスが心配で、 8時45分から始まる花火に合わせて試合中に出かける気もせず(一昨年の模様はこのエントリ参照。 名古屋戦を前半2− 1とリードしてる状態で後ろ髪をひかれるように出かけて花火観て帰ってきたら何とそのまま勝っててすっごく嬉しかったので覚えている)。

 あっ忘れてた、このBLOGも今月13日で無事3年目に突入してるじゃないか (久しぶりに以前の記事を検索してようやく思い出すこの事実)。  というか記念に何かやろうと思わないでもなかったのに更新全然しないからさっくり機会を失ってるし(^_^;)。 推定読者数5人 (全然変わってない)の皆様、これからもどうぞよろしくm(_ _)m。  これからも役に立たずどうでもいいコトを畳みかける長文BLOGとして頑張ります(ごめんなさい)。

そんで今年の花火。もう動画使えるようになったから無理して手ブレ写真と格闘しなくて良くなったよ。

 さて空けて今日(日曜)、いつもの時間に起きればまだまだ暑いのでシャワーを浴び、 スカパーでFC東京戦の再放送と結果は衝撃的だったが結局ほとんど観てなかったフロンターレvsガンバの再放送を見つつミルクティーを煎れて朝食にしていたらダンナが起きてきた。  近所の天神様の例大祭があってお神輿が出るので行くよ、とのこと。 えーこの暑いのにぃ? と聞き返したら如実に機嫌を損ねたので慌てて取り繕う(はい行きます行きますってば)。  天神様の近くに私の大好きな博多ラーメン屋があって、駅からはちょっと距離があるので普段はあまり行かないんだけどソコでお昼食べようよ・ と言われたので途端に外出意欲が湧いてくる(現金)。

CIMG4077 CIMG4078 普通のラーメン550円にキャベツ100円をトッピングするのがマイブーム。 「キャベツいっぱい」って名前で、甘味が出てすっごく美味しい(激おすすめ)。
 メニューには他にも美味しいトッピングがいっぱい(クリックで拡大してみてね。結構読める)。 「まるきんラーメン」という店で、 都内あちこちに店舗を持つチェーンなのでお近くの方は是非お試しを。 餃子も美味しいよ♪

CIMG4082 CIMG4085 ラーメン屋さんを出たら前の通りに太鼓とお神輿発見。バチ持ってる子供が可愛い。 暑いから気をつけてねー(^^;)。

CIMG4086 CIMG4088 天神さまへ。夕方からの例大祭に備えて準備が行われていた模様。
 せっかくなので、世界平和と私の周りの人々の幸せと浦和レッズの健闘を祈ってお参りしておく。 以前お賽銭を弾んだら優勝したので、 今回も500円(関係あるかどうかは分からない。多分優勝しなかった時も同額だった・笑)。

CIMG4091 境内にあったお神輿。いつもは置いてないので、 このお祭りに備えて他の場所から担いできたのではないかと。警備員さんが隣に立ってたけどカメラ構えたらどいてくれた(^^;)。

 夜はどうする?こっちじゃなくて中央公園の夏祭り2日目の方に行こうか・などと話しながら天神様を後にした。  ダンナのご実家がすぐそばなので、お義母さまのご機嫌伺いにこれから行こうよ、と提案して電話をかけてもらい、 OKが出たのでふらっと遊びに行ってきた。 そちら方面へ歩き出してから気付く、あっ何もお土産が無いよ(ごめんなさい)。  でも暑いからもう反対方向のお店まで買いに戻りたくないのだ、お義父さまの仏壇に供えるお菓子とかも持ってないけどお許しください〜。
 …ということで自販機で自分達の飲み物だけ買って21階のご実家まで。  お義母さまは最近気候のせいか同居していらっしゃるお義兄さまの仕事が忙しくてあまり会話がないせいか、 体調不良を訴えられてあまりお元気ではなかったのだった。 心配しながらお邪魔したのだが、 取りあえず家の中はきちんと片付けられて小ざっぱりした格好で出てこられたので少し安心。 ダンナは全然意に介してないように見える。  おっかしいなぁ息子っては母親が心配なもんじゃないのかしらん(そういう心配の仕方じゃないんだろうな、 というのはさすがに10年も結婚していれば分かるけど)。

 ダンナの移籍生活の話や、福岡に嫁いだ義妹Kちゃんの子供達の話で盛り上がる。 途中、 冷えるといって羽織モノを取ってこられたり腰が辛いとコルセットを巻いたり外したりされているのがやっぱり気になる(職業病かも)。  体調不良に効きますよ、 とおすすめした漢方薬や他に病院でもらってる薬の飲み方なんかについても帰りがけに質問されたのでお話をきいてお答えしてから辞去してきた。  「また来てね」と戸口でおっしゃるお義母さまはやっぱりあまり元気がない (いつもは結構ですとお断りしてもエレベーターホールまで見送りに出ていらっしゃるのに)。
 多分お寂しいんだろうな、と思う。 お義父さまを3年前に亡くされて、 遠くに嫁いだ娘も2人の子供に恵まれすっかり向こうの人になってしまい、 体調が悪いので趣味のお裁縫や読書やお散歩や友達づきあいもお休みしていらっしゃるから日中は誰とも話さず家でひたすら掃除をしたり横になったり簡単な食事を作ったり、 ずっとお一人なのだ。 こんなに近くに住んでいるのだから、もっと時々遊びに行かないとな、と思う。 ひょっとしていずれ、 ウチにお迎えすることがあるかもしれない。 ダンナのお母さまだという以前にとても良い方なので、 何とか元気になってもらえればいいのだけれど(ある意味、ウチの母よりお付き合いしやすい・笑)。

 錦糸町のヨドバシカメラに寄ってダンナがデジカメのハンドストラップを新調し、地下のお店で具の多いお弁当を買って戻ってきた。  近所のスーパーでお茶と日用品を買い、さて・とWeb巡りや雑事を片付けていたら突然猛烈に眠くなってきた。 ほら、 太陽に当たりすぎると眠くなるよね、夏休みの子供みたいに(文字通り)。 あぁこれから今日の分のJの試合が・ と思うのに意識が遠のいていく。 寝椅子に移動して横になったら世界はまだ明るいのにワタシの視界だけ秒単位で暗転(^_^;)。

 …目覚めれば夜8時前(うひゃー)。 ダンナが後ろからもそもそ起き上がる気配がする(ダメじゃん。 いや怒られなくて済んで幸運だったかも・笑)。 Fマリノスvsサンフレッチェを観ながら夕食(あたしゃ最近、 どうもちょこちょこ食いをしてしまうせいかあまり空腹感を感じなくてご飯の時間にちゃんと食べられないのだ。いかんいかん)。  せっかく途中まで広島がリードしてた(らしい。寝てて観てない)のに、後半で案の定追いつかれる(おおぅ田中ハユマ… 隼磨と書くんだけどもちろん変換しない…ナイスシュート)。 ちぇっ広島使えねぇ(もともとあまり期待はしていなかったけどさ)。
 すぐにでも追いつかれそうな流れにハラハラしながら観る。 惜しいシュートが外れているうちは大丈夫なんだけどさ、 どうも広島DF陣には何かの問題があるような気がするよ(だから千葉から監督との不仲の末に放出されたストヤノフを獲得したんだろうけど)。  それでも何とかフルタイムまで2−2の引き分けで試合終了、ホッとする。 横浜FMが上がってこられると厄介だからね。

 とか言ってたらもう一試合、こっちは18時キックオフだったんだけど、 新潟vs清水がエスパルスのアウェイ勝ちという結果に終わっていて清水の方は上がってきてしまったよ。  あれぇ新潟ホームで勝てるなんて凄いじゃん(ウチらは今年早々に当たって最後の最後に追いつかれて終了。腹立たしかったものだ。 今思い出しても気分が悪い。というか思い出したむきー!)。 なんと羨ましい(^_^;)。
 そんでJ1順位表。  あれあれ、二人旅だったはずなのにどうしましたかねー(ちきしょう鹿島めやっぱり上がってきやがるとは)。  随分差が詰まってきたので気分はもう「蜘蛛の糸」のカンダタである。 お釈迦様に変なお願いをしてしまったら自分ごと落っこちそうなので、 とにかく自力で勝ち続けるしかない。 んだけど、次はもう水曜にヴィッセル戦@神戸ユニバである。  あぁ過密日程といよいよ来月に迫ってきたACLの決勝トーナメントへの心配で胃がめしめしと(^_^;)。

 取りあえず明日は吉祥寺でお仕事、ということは出勤時間が早いのでそろそろ準備のために切り上げてアップして寝ることにするよ。  今夜の一曲はPaul Simonの"St. Judy's Comet"。 可愛い我が子を寝かしつけようとする父親の歌なのだが、 情景の暖かさとキラキラ輝く夏の星を思わせるシロフォンのアレンジが素敵な、短い佳曲である。 youtubeの画像はちょうど我が子 (もうすぐ2ヶ月)を自慢する人がアップロードしたものらしく、 可愛い赤ちゃんの様子が曲とマッチして良い感じになっているので是非ご覧あれ。 子供がいる人は昔を思い出してそれなりに、 いない人は未来に夢を馳せたり過去を懐かしんだりして楽しめるよ(*^_^*)。 それでは皆さま、 月曜日のプレッシャーなんかに負けずに穏やかな夜を♪ おやすみなさい。

posted by らっきー at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

きっかけは何であれ、遠い遠い昔を旅することになった夜。ただセピア色に笑っている人々の懐かしい顔に語りかけてみる、健やかなりやと。

 えーこんばんは、やたらめったらご無沙汰ならっきーです(深々と頭を下げていると思いねい・いや下げている)。  いつまでも暑いのとダンナが無事帰ってきてホッとしているのとでなかなか更新できなくて申し訳ない(^^;)。 生きてます(今のところ) 。

 実は今日、いきなりお休みになってしまったのだ。 昨日の夕方、 マドンナのお店から電話が来て事務担当のヒトが済まなさそうに言うことには、 予約のお客の人数が少なくて1人少ない人数で捌くことに決まったらしく、そうなると必然的に午前中だけのバイトである私が要らなくなるのだ。  常勤になったらそういう事もなくなるだろうし、経営が楽でないのは良く知ってるので快諾する(決してサボりたかったわけではない・笑)。  果たして今朝起きてみたら東京には朝方雨が降ったらしく、拍子抜けするぐらい涼しかったので大変気分が良かった(^_^)。  残念ながらにわか雨の後は陽射しが戻ってきてぐんぐん暑くなったけれど(処暑じゃないか今日は)。

 ダンナは前々から予約してあった胃がん検診のためバリウムを飲みに朝一番で近所の区民センターへ出かけて行った。  元々は夜間こども病院になってる建物の駐車場に検診車が停まってて、そこで検査を受けたのだそうだ。  多分待たされるだろうから彼が居ない間に朝ごはん食べて部屋を片付けてそれから、 と思っていたのにちょっとWeb巡りをしている間にもう帰ってきた。 私の電動自転車を借りて行ったとは言え随分早いよ (30分ちょっとしか経ってない)。
 バリウムは昔より美味しくなったらしい(ダンナ談。あたしゃ自分が透視受けたのもヒトに飲ませたのも10数年以上前だから全然知らない)。  発泡剤飲んでごろごろ台上で転がされた上に頭がうーんと低くなって辛かった・とのこと。  そのうちもっと良い検診の方法ができるかもしれないけどまぁ我々が働き盛りのうちは無理だろう。 お気の毒さま (どうせ辛いなら経鼻胃カメラにしてもらえばいいのに。他人事)。  とゆーか私も受けなきゃいけない気がするんだけど気が進まないんだよねー(今度家に帰ったら頼もうかしらん)。

 午後はダンナの術後リハビリを兼ねて、秋葉原のヨドバシカメラまで行ってきたよ。 こないだ買ったGEOMAG (マグネットバーと鉄球とパネルで色々な形を作るおもちゃだ)が面白くて、もう少しピースを増やしたい・ と交渉していてようやくOKが出たのだ(でも実はこないだAmazonで洋書を注文したついでに夜光96ピースも頼んじゃったんだけど。 一緒に送ってもらうことにしているのでウチに届くのはもう少し先だろう。いけね我が家の主にはナイショだった)。  何食わぬ顔をしてメタル132ピースのセットを買う(^_^)v。
 ついでに家電売り場を散歩していて東芝の最新型冷蔵庫の422Lタイプ(メインの冷蔵部ドアがフレンチオープン式、 とカッコつけて言わなくても観音開きなヤツだ)がちょいと欲しくなる(^^;)。  今ウチにある冷蔵庫は前の家を買った時に揃えたものだからもう8年以上昔のものだ。 あと数年したら買い替えかしらん (そしたらその時点での最新型を買うに決まってるんだけど)。

CIMG4049 さっそく作ってみた(右側に写ってるのが今日買ったセットのパーツ)。
 菱形パネルを3個組むと六角形ができるので、五角形ピースと組み合わせてサッカーボールになるのだ。  パネルは余ってるんだけど見た目よりバーと鉄球をたくさん使うので、こないだ買った分だけでは完成できなかったのさ。
CIMG4052 ボールを全部壊した後で作ってみた造形。 最初のイメージはジャングルジムだったんだけど、作っているうちにどうしても何かが追加されていってしまうのだ(^^;)。
 せっかく磁石を使っているので、六芒星(いわゆるダビデの星と言われるもの。上向きと下向きの正三角形を重ね合わせたような形だ) の立体パターンみたいなものを作ってボール1個を隔ててマグネットバーにくっつけ、くるくる回してみた。  本当はもっとスムーズに回り続けるはずなんだけど、S極N極の向きが一致していないらしく動きがぎこちない。  でも直すのが面倒なのでそのままだ(えー)。
 ジオマグには磁力の特性を利用した色々な造形が可能で、それに魅せられた人々がファンサイトまで作っているのだった。 確かに、 子供と大人とでは違う遊び方ができて良さそうだ。 小学生以上のお子様にもお勧めだよ♪


 話変わって実は昨日、高校の同窓生の小規模な集まりがあって行ってきたのだ。 私の故郷は南国なのだが、 ウチの高校卒業生は結構関東にも住んでる人が多い。 でもなかなか連絡が取りづらいのと皆様多忙なのとで、 思いつきでひょいっと開催された昨日の飲み会は参加者4人と随分コンパクトだった(^^;)。

一次会の和風居酒屋にて。 何だか時々大きな音がするな、と思っていたら何だか天井に小さい電球が一面に並べられていて、 花火をかたどった光がパッと咲くのだ。 臨場感というよりはごっこ遊び的な面白さ(失礼・笑)。

 メンバーは私を入れて男女2名ずつ。 たまたま1年か2年で同じクラスになった人ばかりで、 皆よく昔のことを覚えていて話が弾んで面白かったよ(*^_^*)。 でも何となく男性陣は記憶にあるよりどことなく貫禄が出てたけど (うち1人が「俺、高校時代より40Kg体重が増えたよ」と言っていた。うひゃー)。  もう一人の女の子は昔とおんなじふっくら色白で可愛いまんま中年にさしかかっていてある意味年齢不詳、当のワタシは…うーむ、 「昔より痩せたでしょう?」としきりに訊かれたのだがちょい待ち、当時の方が3Kgぐらいは軽かったぞ?  やっぱ年食ってフェイスラインのハリがなくなったとゆーことかしらん(切ないぜ)。

 それぞれ持ち寄った昔の写真などを見て共通の知り合いの噂話や思い出話に花を咲かせる我々。 皆さすがに焼酎を嗜むのだが、 あたしゃ裏切り者チックに苦手なので、梅酒とか生絞りグレープフルーツサワーとかでお子様を演出していたよ (というかマジで多量の飲酒は二十代前半で卒業した)。 それぞれの来し方現況行く末などの話もする。  当然のように旧姓で呼ばれて全然違和感がない・って何だか不思議な感覚だ。 考えてみればもう結婚10年目だからねぇ(^_^;)。
 ラストオーダーが22時半(って早くないか!?)だったので、23時頃店を出て二次会は近くのカフェ(アルコールも出る)に入り、 合流予定のもう一人を待つが結局0時を回ったところでまだ身体が空かないとの連絡があり断念。  とゆーかあたしゃ0時28分が終電であることを調べて知ってたので少し気が気でなかったのだけれど、 無事それを皆に知らせることなくホームに辿り着いたのだった(ひと安心)。

 同じホームであとの3人は南行き、あたしゃ北行きで同時に電車が来て、乗ってから発車するまで互いにずっと手を振ってた(^^;)。  どうして20数年ぶりに会った、しかも在学中それほどたくさん言葉を交わしたわけでもない同級生との時間がこんなに楽しいんだろうね、 不思議(いつも同窓会ってそんなものだけど)。
 今度は来月上旬あたりにもうちょっと多めの人数で集まる予定なので、それも楽しみ。  気の多いワタシには当時ちょっといいなと思ってた男の子がたくさん(ってのは言い過ぎだ。先輩含めればもっと多いけど、 同級生なら5〜6人、ということにしておこう・笑)いて、その中で3年の時同じクラスだった子の話が出たので「実は昔Mくん(仮名・笑) のことがちょっと好きでさぁ」と言ったら「じゃぁ声かけてみようか?」と返されたので密かに喜んでしまったりもしたよ(コラ)。  他にも懐かしい人たちがいっぱいいるもんね〜。

 そんで来年こそは、年に一度の学年同窓会に合わせて帰省したりするんだp(^_^)q。 などと思ってみた、楽しい夜だった。  いやぁ本当に、今日が休みで良かった♪(それはお前だけ。と心の声)
 今夜の一曲はCeline Dionが歌う"Calling You"を。 私のiTunesにはHolly Coleという女性シンガーの歌 (コンピレーションアルバムに収録されてた)で入ってるんだけど、とにかくしみじみと良い歌だ。 ♪〜I am calling you...多分いまでもどこかで。

 それではおやすみなさい。 ハリポタを読み終わったので次のベッドサイド読書は(Amazonで注文した「Pride and Prejudice」の二次創作が届くまでは)「赤毛のアン」に代表される20世紀初頭の、いわゆる少女小説 (ほとんどは素直でひたむきな少女たちが主人公の、自然の情景描写と心ときめく恋愛要素が楽しい成長モノである。「小公女」「秘密の花園」 「ハイジ」「少女パレアナ」「若草物語」「レベッカ」「可愛いエミリー(3部作)」など。そういう意味では「自負と偏見」もそうだよね) の手持ちを順番に読み返しているところ。 特にモンゴメリーの話がお気に入りな私のおすすめは(前にも書いたけど) 「青い城(The Blue Castle)」。 この話にめぐり会ったのは数年前だけれど、 子供の頃からこれらの少女小説を読んで育った私は良く言えばロマンティスト、悪く言えば綺麗なものだけを見たがる夢子さんだ(もちろん、 これっぽっちも後悔はしていない。これらの話で格調やヒトを信じる心や自然の美しさを学んだと言っても過言ではないし、 今の少女達にもこういうお話を読んでもらいたいなぁ、と私自身は子供の母ではないけれど心からそう思うのだ)。 That's the way it is.

 …あー、明日のスポーツクラブまでにこの筋肉痛よくなるかしらん(^_^;)。 それぢゃまた〜。

posted by らっきー at 23:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

職場の暑気払いで新橋(頭韻)。「どんなお店?」と訊いたら「ドイツの歌声喫茶みたいなトコらしい」と言われて頭にクエスチョンマークが飛んだ土曜の夜。

 こんばんは、昨日の朝起きたら涼しくて「あぁこれで夏も終わりね」としんみりしてみたのに、 今朝は居間の長椅子で汗かきながら目覚めてしまったらっきー(ダメダメちゃん)です。 あぁまたエアコン生活に逆戻りさ(^_^;)。
 昨日は土曜日、ということは一日お仕事(まだ珍しがっていられるワタシ)。  ダンナが入院していた間は残業をほとんどしていなかったので書類がどっさり溜まっていて、 結局お昼ごはん休憩30分以外は朝9時20分から夜7時過ぎまでずぅっと仕事していたよ(げっそり)。 それでも終わらなかった (火曜のお昼にやっつけて帰る予定)。

CIMG4017 7時半過ぎに到着しました新橋「アルテリーベ」。 ピンボケごめん急いで撮影したからね(^^;)。
CIMG4028 内部はこんな感じ(笑)。 歌声喫茶ではなく(^_^;)歌い手さん達が日替わりでドイツ歌曲(やその他ヨーロッパの歌曲、日本の唄まで色々) を歌うステージをやっているドイツ料理屋さんだ。結構有名らしい(リンク先参照)。

CIMG4023 ドイツの白ワインは大好き♪Predikat無しのQualitatsweinだったけど美味しかったよ。あともちろん、 長靴型のジョッキで飲むビール。
CIMG4018 CIMG4020 前菜とパン。ザウアークラウトも甘くて美味しい。
CIMG4022 CIMG4024 ポテトの黄色が濃くて品種が違うのかしらん・と思ったり。

CIMG4025 CIMG4027 ホタテも良かったけどやっぱソーセージでしょー\(^o^)/。 マッシュポテトと地味に好相性。
CIMG4030 アイスヴァイン。今まで食べた中で一番美味しかった(驚)。 実は皮のトコがコラーゲンたっぷりでとろける食感が素敵なのだ(発見)。デザートはラズベリーシャーベット。

 大皿で持ってくるコース料理だったので周囲にも遠慮してそれほどたくさんは食べられなかった、けど満足だった。  ワインも美味しかったし、歌の数々は素晴らしかった(かしこまって聴くタイプではなく、 笑いながら口ずさみながら楽しめるのがまた良かった。常連と思しき家族連れなんかがじっと聴き入ってるのも良い風景だ)。  たまたまとある同僚夫婦が小さな子供を2人連れてきていて、中年のおじさん歌い手さんが「可愛いお子さん方のお母さんに捧げます」と 「かあさんの歌」を朗々と歌ってくれたのだがこれがまた心に沁みいる歌声だった。 みんな実家のことを思い出してしんみりしちゃったりして (「泣きそうになっちゃったわ」と隣の子が言ってた)。 ♪かあさんが〜夜なべ〜をして〜…(^_^)/~

CIMG4033 2次会はマドンナ以下7人で近くのホテルのバーへ。 あたしゃトロピカルドリンクが好きなのでついカロリーの事など考えもせずピニャカラーダを頼んでしまった。 中にフローズンバナナが入っててびっくり(^^;)。甘い、けど美味しいのだ♪
CIMG4035 フローズンゴディバ・と名付けられたチョコレートリキュールのカクテル。
 ちょっと写真が暗くて見づらいけど、ちょうどこのリキュールを使ったゴディバフェアってのをやってたのだ。  色々良さそうなカクテルがあったんだけど、私は内心コレを自分で頼もうと思ってたのだった。  そしたらマドンナ達が面白半分でシェアする為にオーダーしちゃって、それでピニャカラーダに変えたんだけどね(^^;)。  見かけから想像していたより甘さが上品で、香りもオトナっぽくてなかなか美味しかったよ。

 ここでも色々とお喋りをしたよ。 今後どんな勉強をしていくか、 みたいな真面目な話から来年の春にみんなで台湾に遊びに行こうという話まで出て、女性ばっかりの職場の良い部分を堪能した。  何しろマドンナが向上心と好奇心を忘れないヒトなので(長期計画性や洞察にやや欠ける点ごと少しウチの母に似ている・笑)、 新しい話が次々に出てきて面白いのだ。 あぁ、再来月から常勤になるんだから潰れないでおくれよ(心の声)。

 というわけで面白かった。 話が盛り上がって日付が変わっちゃって慌てて電車で帰ってきたらもう1時前だったけど(^^;)。  そんでダンナから携帯メールで教えてもらってはいたんだけど浦和レッズはアウェイ国立のヴァンフォーレ甲府戦に4−1と快勝(怪勝) してたし憎っくきガンバは何と最下位横浜FCと引き分けて首位から転落してしまったよ。 びっくり(というかウチが首位ですさんきゅー)。
 この1週間の疲れが出て今日は朝寝昼寝なんぞをぶちかましてしまったので、かなりHPが回復した(^_^;)。  明日はもしダンナの身に何かあった時のために、と午後を休みにしていたのでそれで買い物に出かけたりしようっと(嬉)。 おほほー(便乗) 。
 さて今夜の一曲はいつまでも暑いんでRichard Marxの"Endless Summer Night"などを。 リチャード・ マークスって出てきた時にはルックス先行野郎かと思ってたけど(失礼)、結構良い歌をたくさん出してるので結局ファンになってしまった。  女の子達に大人気の甘いバラードだけじゃなくて、毒のないビート系(って変な言い方だけど)も良いよね("Should've Known Better"とかイントロからして好き)。

 では皆様今夜も暑い中おやすみなさい。  夏休みも大半終わっちゃって何だか寂しいけれど、 これからは気候も過ごしやすくなって実りの秋がやってくると考えれば嬉しいよ(^_^)v。 ばいび〜♪

posted by らっきー at 23:50| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

うぇるかむほーむ。4日ぶりに帰宅したダンナを囲んで(って私一人だけど)のんびり過ごす金曜の夜は順調に更けて気がつけばもう明日はJ1第21節。

 こんばんは、連日の隣県通いから解放されて久々にリラックスしたらっきーです。  期限付き移籍をしていたダンナも無事レンタル期間を終了して我が家に戻ってきたよ(*^_^*)。 いやー、 クルマで迎えに行ったんだけど道が空いてれば片道1時間ちょいで行ける計算のところを結局往復4時間強かかってさぁ、それは大変だったけど (ぐったり)。 おかげで戻ってきてからお昼寝しちゃったし(^^;)。

CIMG4003 ちょっとフラッシュバック。 ダンナが居なくなる前の最後の晩餐は駅ビル上のイタ飯屋さんにて。
CIMG4004 ウチら夫婦が一番好きなピザはマルゲリータ。 トマトソースの出来が味を左右するけどココのは釜焼きでクリスピーな薄手の生地と後乗せモツァレラチーズに生トマトがジューシーで美味しかった♪
CIMG4005 サラダとピザ1枚だけじゃ物足りないので子牛肉のグリルを頼んで全部シェアした。 お腹いっぱい。うまー。横にあるのはキール。

CIMG4009 ダンナが移籍先で戦っている間に私はスタバの昼食をやっつけていたよ(^_^)v。
CIMG4012 多彩な客層(笑)のローソン。 よく見るとサッカー専用新聞エルゴラッソが置いてあるのもポイント高し。
 さすがレッズサポーターが多いお土地柄だけある。 今日ダンナを連れて帰る前にガンバ戦の勝利を報じた号を買ってきてしまったよ (1部しか残ってなかった。楽しみにしてたヒトもし居たらごめん)。

CIMG4015 昨日の帰り際、駅へのバスを待っている時の夕空。 田舎なだけあって遮るもののない美しさだ。


 さてと。 職場とダンナ移籍先で大半の時間を過ごしていたので全然更新する暇、というか気力がなかったんだけど、 一昨日の万博でのガンバ戦(J1第20節)は皆様の応援のおかげか永井雄一郎の意外なファインゴール(失礼) で挙げた1点を後生大事に守りきってなんと勝ってしまったのさw(゚o゚)w。 いやーおめでとうありがとう (相手がガンバだったというのが嬉しい。今季2回も大敗してるからねぇ)。
 あたしゃその日は遅くまでダンナに付き添ってたので帰宅したら既に試合はとっくに終わっていて、 TVをつけたら録画していたスカパーのチャンネルが映って画面は試合後のインタビュー待ちになってた。  アナウンサーと解説氏が試合を振り返りつつ喋っている。 どっちが勝ったかは出ていない。  帰りの電車で携帯サイトを見れば勝敗は分かったのだろうが、敢えてそうせず帰ってきたので結果はまだ知らない。 ドキドキしつつ聴く。  「…というガンバの目論見だったのでしょうが、残念ながら実りませんでした」みたいに聞こえた。 えっ負けてないのか(サポーター失格)。  思わず小躍りするワタシ(笑)。 画面にも試合のハイライトが出る。 ををを、引き分けですらない(勝ってる)(T_T)。 どれどれ、 とアフターゲームショーにチャンネルを切り替えてみたらウチの試合が終わるところだった。 むー (結局あとで再放送を最初から観たからいいんだけどね)。

 これで勝ち点差は1とかなり縮まったよ(嬉)。 前節レイソルに引き分けた時にはかなりがっかりしたけれど、 ガンバ相手に勝てたのでまぁ結果が逆と思えば納得できないこともない(無理やり)。  ただし次の甲府戦でまた集中を切らして不覚を取るようなことがあれば今節の価値が下がってしまうので気をつけるようにね (誰に勝っても勝ち点は3だし誰に負けても勝ち点は0だ)。

 今夜の一曲はガンバがホーム万博での連続不敗を26と伸ばしてJの記録を作ろうと目論んで作成したTシャツの文言「Nobody can beat us at the BANPAKU!」に敬意を表して(とは言いながら一つ疑問。このtheは必要なのか?) Go-Go'sの"We Got The Beat"を(笑)。 キャピキャピギャルの一発ヒットと思うなかれ、 彼女たちは70年代パンクから80年代ロックへと移り変わる時代の中で自分達のスタイルを貫きながら生き残った凄いヒト達なのだ (ってそんなに詳しくは知らないけど)。
 まぁそんな事を言わなくてもこの曲は素直に若さのパワーに溢れていて他愛ないけれど聴いて楽しく歌って楽しい(お前が歌うな)。  このbeatは文字通り音楽のビートだけど、動詞にするとさっきのTシャツのように「打ち負かす」という意味があって、 他にも心臓が拍動するという意味もある(自動詞だね)。 その辺を全部兼ねて今夜の話題に相応しいかなぁ、と(^_^)。

 それにしてもあの記録達成記念Tシャツどうするんだろうなぁ、 ご丁寧に日付まで入ってて試合前に完売したらしいけどよりにもよってウチらに負けちゃったからもう他の試合には着て行けないよねぇ(^_^;)。  ご愁傷様(ちーん)。
 …というわけでおやすみなさい。 明日は土曜日なのでまた夕方まで仕事なんだけど、せっかくの甲府戦@ 国立アウェイがあるにも関わらず職場の暑気払いお食事会@新橋に誘われてるのでまたもやリアルタイムTV観戦はできそうにない。  まぁ今回のことを考えると縁起がいいのかもしれない (今季はリーグ戦以外もそんなには負けてないから何をしててもあまり縁起が悪くはならないんだけどね)。  来週は別件の飲み会もあるしダイエットも頑張らなきゃp(^_^)q。

posted by らっきー at 23:52| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

あらら皆様ごぶさたでー(いや今日は火曜日)。思い出せないほど久しぶりに一人ぼっちの夜を過ごしつつ、ハリポタ最終巻読了の余韻に浸っているワタシ。

 えー、推定読者3人の皆さんこんばんは(^^;)。 柏レイソルに引き分けたショックで泣き暮らしていた…わけではないらっきーです(本当)。 本当だって言ってるだろー(逆切れ・笑)。

 先月偶然に、高校時代の同窓生のSNSを見つけて加入したんだけど、その中に一人ガンバサポーターと思しきヒトが居るわけさ。 今あれだけ強い、というか成績が良くて勢いがあるチームだからサポの気勢が上がるのも当たり前なんだけど、私が浦和ファナティックだと書いたら最近今年のGvsRのワンサイドゲームや在籍代表選手についての書き込みなんかでこちらを逆撫でするようなエントリを上げられてうわー・と思っているところだ。
 実際チームが強いんだから自慢するのは全然構わないんだけどさ、対戦相手を貶すならその裏にリスペクトが感じられない書き込みってのは白けるだけだよ(とワタシは思う)。 あぁウチらは今調子が良くないから余計に刺激されやすいんだけどさ(その辺は認めておこう)(^^;)。

 それにしてもいかんね浦和(悄然)。 チャンスもあるし観てて面白くないわけじゃないんだけど、結局ふいっと集中力を欠いたり決定力があるようで無かったり、ロビー(ポンテ)大先生が頑張ってるのに達也のワントップがイマイチ機能してなかったり(ワシントンの調子が上がりかけてきたとわずかに期待したら壊れて帰国しちゃうなんてナシだよなぁ)。 阿部ちゃんも小野伸二も良いんだけど本当の才能を出せてない気がするし長谷部はシュート決まらないし、永井雄一郎はスーパーサブで出てくるならもっと走り回ってボールを貰って欲しいし得意のドリブルでひらりひらりと敵をかわして欲しいのだけれど。 オジェックの意図も私の目にはまだまだクリアじゃないし。
 うーむ、もうリーグも後半戦に入っちゃったんだけどなぁ。 しかも今調子が悪そうに見える磐田(じゅヴぇこさん応援がんばりましょうね)とはもう当たり終わっちゃったからこれ以上勝ち点稼げないし(^_^;)。

 などとスカパーでJ2の再放送などを何となく観ながら久しぶりに更新中である。 実はダンナが今日から電車で2時間ちょっとの隣県に期限付き移籍をしてしまったので、TVで何を観ようが早く消して寝ようが自由なのだ。 考えたら夜じゅう自宅に一人きりって何年ぶりだろうか、ひょっとして結婚して10年弱で数回目ぐらいかも(仕方なく職場の宴会とかに出かけて行っても午前様になったことは一度も無かったからねぇキャツは)。 むしろ私の方が奥様じゃなくてソト様である(仕事絡みだったりふらりと実家に帰ったり)。

 本当はもう少し近くに移籍してもらうことも考えたんだけど、私の知り合いの代理人M氏に頼んでしまったのがマズかった(笑)。 とても優秀で後輩思いのヒトなんだけど、如何せん活躍の場がウチから遠いのだ(>_<)。
 まぁ行くのはダンナなんだからいいか・と思っていたのは甘かった。 キャツは一度行けば帰ってくるまでずっとそこで過ごせるけれど、あたしゃ毎日家と職場と移籍先を行ったり来たり大移動をしなきゃいけないのだった(涙・というか自分の展望の無さに半ば呆れる)。

 で、でも言い訳じゃないけど知り合いが居るトコに行くのは悪いもんじゃないよ? ただでさえ心細い移籍なんだから、極力結果が良くなるように信頼できる筋に紹介してもらう方がいいってホント。 うん(と自分を納得させる。今更・笑)。
 今回は短期の予定だけれど、ハイライトは明日の午後なので朝からスポーツクラブもお休みしてお弁当とか用意してピクニック気分で出かける予定。 せんせー、おやつはバナナに入りますか?(逆だ逆)

 そういえば結婚するちょっと前にも移籍に付き合ったことがあったなぁ(^^;)。 当時ダンナは南浦和に住んでいて、この時の出向先はとても近くだったんだけど期間はえーと、1週間ちょいだったかな? お義母さま(当時はまだ予定だったけど)と一緒に訪問して、彼女が差し入れしたオレンジジュースでキャツがひどい目に遭ったり近くにコージーコーナーがあったおかげで飢えさせずに済んだりしたんだった。 うわー懐かしい(遠い目)。

 というわけで今夜は早く寝なきゃなんだけど、新しい勤務環境に疲れきってて全然手をつけられなかった日が続いた末にようやく読み終わった「ハリー・ポッターと熱海の秘宝館(ウソ)」についても極力詳しいネタバレ抜きで語ってみたい。 間違えて見たくない方々の目に触れてしまうとマズイので、巻末に畳んでおくことにする。 をを、このBlog始めてから追記リンクを貼るのって初めてだ(大抵はうんざりするほど長文なのに全然便利な機能を使ってないワタシ。というか読者に厳しい・がモットー。深謝)。

 その前に今夜の一曲いっとこう、Stingがカヴァーしている古い聖歌"Gabriel's Message"。 前にも書いたと思うけどあたしゃクリスマスソング集が大好きで、子供の頃すり切れるまで聴いたお気に入りのLP1枚(終いには1年じゅういつでも聴いてた)に始まって今までに何枚も様々なコンピレーションアルバムを買っているのだ。 これはその中の1枚に収録されていた曲で、13世紀のバスク地方の聖歌を基に作られたのだそうだが、その宗教的な深みと異国の徒である我々には多分理解できない特異なイメージがスティングの声や歌い方にマッチしているように私には思われる。 最初に聴いた時には鳥肌が立ったよ(後奏の変なビートは要らないと思うけどね)。
 もともとバロック音楽に傾倒しているせいもあるかもしれないけど、各声部が鐘の音のように響きあうコラール(キャロル)形式の曲には滅法弱いのだ(^^;)。 中世の歴史を感じさせるあたりはハリー・ポッターの魔法世界にも通じるものがある、と言っておこう(実際には魔女狩りと称して無実の人々を多数処刑してきた故事もあるわけだが)。

 それでは明日の小旅行(往復4時間半だ!)のために今夜はおやすみなさい。 うーむこれから居間の冷房消して自分の部屋にエアコン入れ直すの無駄だなぁ、ココの長椅子で寝ちゃおうかなぁ(自堕落・ダンナにはナイショ)。


続きを読む(ハリポタ第7巻邦訳を楽しみに待ってるヒトや原書途中のヒトは御遠慮ぷりーず)
posted by らっきー at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

遊びをせんとや生まれけむ(「梁塵秘抄」より)。子供のように歌い、笑い、遊ぶ我々の短い夏は何かに急かされるかのように過ぎていくのだ。

 こんばんは、かと言って働いていないわけではないらっきーです(^_^;)。 今日は週休日だったんだけど、銀座のマドンナから 「今後の勤務について相談したいことがあるので昼休みにいらして下さらない?」 と言われたのでスポーツクラブでどばどば汗をかいた後シャワーを浴びて出かけてきたのだ。 もう一人常勤希望者のヒトが居て、 マドンナと事務長さんと私の4人は近くのホテルの地下で昼食を取りつつ今後の仕事の内容や勤務形態、 曜日についてなんかの相談をして過ごしたのだった。 ゐぇーゐ10月から常勤になれそうだぜ(^_^)v。
 労働基準法では常勤とは週3.5日以上の勤務を指すらしく、 うまくいけばあたしゃ今まで通り週に2回のスポーツクラブを確保しつつ日曜日も(ほとんどは)休めることになりそうだ。  そんで土曜は月3回ぐらい働く予定。 毎日の仕事自体はそれほどキツくはないのだが、 いずれ私の大嫌いな諸研究なんぞが入ってくることになりそうでそっちがアタマ痛いよ(あたしゃそういうのは極力避けて通ってきたのだ。 最初のアイディアからして浮かばないんだよなぁ)。

 ま、何はともあれ国民健康保険生活も3ヶ月余で終わりそうである。 あー残念、 せっかく世帯ごとの国保保険料支払いなので現在上限額がダンナの口座から引き落としになってるのに(そりゃ脱税・ じゃなくて贈与にあたるのでは)。

CIMG3959 CIMG3960 池袋サンシャインシティの中にあるキティ屋さん。顔がピンクってのは何だかねぇ (ガングロ姉ちゃんみたいだ)。

CIMG3966 ナムコナンジャタウンに行ってきたのだ。 目的は期間限定イベントの1つである「かき氷祭り2007」に出店する豪華かき氷「白熊」(新聞のチラシで見た)。
CIMG3964 フリーズドライのミラクルフルーツがお土産用に売ってたので思わず買ってしまったよ(^^;)。
 ミラクルフルーツについてはこのエントリ参照(あの時はナマだったけど)。 まだ試してないけど、 もし効果があれば実家の母や妹一家に送ってあげようと思って余計に買っておいた。 レモンとかライムとか買ってこなきゃ(^_^)。
CIMG3967 CIMG3984 プリン博覧会、なんて企画もやってたのを現地で知った(^_^;)。
 大仏プリン・という名前の大きなビン入りプリンを買ってきたので先ほど記念撮影(500円玉は大きさ比較のため。実際の値段はその2倍) してから少しだけ取り分けて美味しく頂いた。食べ切るのに4日間ぐらいかかりそうだ(賞味期限との戦い。既に不戦敗なのはナイショ)。
 実はダンナが選んだ小瓶入りの贅沢プリン(1個で600円ぐらいしたぞ!)は昨日味見をさせてもらったけど、 ちょー贅沢な材料を使っているのがひしひしと伝わってくるお味で眩暈がしそうだった (和三盆とか生みたて卵とか新鮮生クリームとかバニラビーンズとか)。 どさくさに紛れて小癪な>ダンナ(人のことは言えない)。

CIMG3980 ポケモン山手線。いまJRでスタンプラリーをやってるので、 毎日子供連れの親がスタンプ帳とにらめっこしながらあちこちの駅を歩いているよ(大変だねぇ親御さん)。

 今日は職場の話し合いの後、ダンナと待ち合わせて秋葉原のヨドバシカメラに行った。  お目当てはマグネットバーと小さな鉄球を使った造形遊びの一種「GEOMAG(ジオマグ)」。 検討の結果440ピース入りのジオマグパネル (装飾性と強度アップのため、カラーパネルも一緒に入っている)を買う。 本当は660ピースというのが一番大きいセットなんだけど、 在庫がなかったのと値段の面で今回は見送り。  鴨肉の素揚げ入りタンメン風胡麻ラーメンきのこ乗せ (要するに既製品を適当にアレンジしてみた)の夕食後、さっそく2人で遊んでみた。 すぐ気付くのだけれど、パネルが盛大に余る。  というか、バーと鉄球の数が足りなくなる。 むむむ。

CIMG3986 それぞれの作品。
 ダンナは作例図を参考に左側の回るオブジェ(真ん中の三角形の上についてる鉄球を回すと磁力の影響でかなり長いこと回っている)をつくり、 あたしゃ特に何するでもなくいろいろ組み合わせてたら偶然ケーキみたいなのができてしまった。 この間、約30分。  色々遊べて面白かったよ。 今度バーと鉄球だけのセットを買い足そうか、という話になった(凝り性のO型夫婦それは我々)。

 というわけで我々は元気です(^^;)。 明日は土曜だけどあたしゃまた夜まで仕事。 J1が再開するので、 出勤前までにファンタジーサッカーのマイチーム編成をやっておかないと前節失敗したショボい面子のまま登録されてしまうのだ。  要注意。
 今夜の一曲はBoy George & Culture Clubの"Karma Chameleon"なんぞを。 ボウイ・ ジョージのいでたちと歌い方を観るだけでも映像には一見の価値あり。 あたしゃ歌も好きなので二度お得だね(^_^)/。  ♪〜赤と金色と緑色…(クリスマスのようだ)。

 それでは明日のためにこの辺でさようなら。 ウチらのJ1第19節はホーム柏レイソル戦@埼スタ、 19時キックオフなので仕事から帰ってきて充分間に合う予定。 おやすみなさーい (クーラー切タイマーを1時間にするか2時間にするか悩み中)。

posted by らっきー at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

かんかん照りの中、有楽町駅を出て銀座方面へ。既に馴染みになった道が少し遠く感じられる、夏の朝。どこか既視感、たぶん未視感。

 こんばんは、元来エアコンが好きじゃないんだけどここ数日は本当にこの発明に感謝しているらっきーです。 ぐんにゃり(軟)。
 今日は仕事が半ドンだったので、勤め先からそれほど遠くない同じ銀座の日産本社ギャラリーまで気になってるクルマを観に行こうよ・ とダンナを誘って午後から行ってきたのでそのお話なんぞを。 例によって写真主体で(手抜きでごめん)。

CIMG3935 CIMG3936 屋根をぶった切ったマーチ、ではない(^_^;)。
CIMG3921 原型はMarchだけれど、これはUKからの逆輸入ヴァージョン、 「Micra C+C」という名前のコンバーティブルである。スイッチ1つで屋根が全自動開閉するのがウリで、 去年から情報を得ていて欲しいなぁ・と思っていたのだ。

 …今のVitz君を買う前に7年間、Marchのアウトストラーダ乗りだったんだけどね(^_^;)。  ←しかも走行距離が多くなかったせいもあるが、 最後の2年には信じられないような故障をしたりしてすっかりうんざりして3回目の車検を機に手放した。  いくらディーラーが当時の自宅から歩いて数分のところにあったとは言え、定期点検直後にガソリンが漏れてきたり(オイルじゃないからね!) 高速道路でトンネル走行中にいきなりエンジンが停まったりするって信じられないでしょー凸(ー_-メ)。
 ちなみにこのエンジン停止時には直前に何となく前触れがあって左車線で少し減速してたし、 完全に停まったのが本当に運良く左からの合流地点付近だったから何とか邪魔にならないところまで通りがかりのゴツいお兄さん達がわざわざ降りてきて押してくれたから助かったけど、 一歩間違えたら命は無かったかもしれないのだ。 あのクルマに乗ってた時、 計3回はJAFを呼んでるしさっきのエピソードの時には高速道のレッカー移動まで経験したさ (免許取った時半強制的に入らされたJAF会費のモトを取ってる人は何人ぐらいいるだろうか。あたしゃ絶対該当者である)。

 話が逸れた、とにかくあたしゃそんなこんなで日産車にはあまり良い思い出がなくて、 その後不承不承トヨタ車と付き合い始めたらメンテナンスも操作性も比較にならないぐらい良くてゲンナリしたのだ (トヨタってあんまり好きじゃなくてさ)。 でもワタシのアウトストラーダは可愛いヤツだったよ。 N-CVTで取り回しが良くて、 免許取り立ての私がおっかなびっくり埼玉と仙台を往復したりするのを助けてくれた大事な仲間だったし、 初めてバイトに行った先で初めて低速事故を起こしたりファミレスのがらんとした駐車場でよりによって数台しか居ないクルマが枠をはみ出して停まってたのに気付かずぶつけちゃって名乗り出たら持ち主のおばちゃんに散々嫌味言われたり、 はるばる訪ねてきた母を乗せて近郊の温泉に出かけた帰りに道が凍結してて、 信号でブレーキを踏んだらつつーっと滑って誰も歩いてなかった横断歩道の真ん中に見事に止まって肝を冷やしたけど付近には対向車も警察も居なくて何とか事なきを得たり、 そんなたくさんの事件を一緒に経験したのだ(ひどいね・笑)。

CIMG3922 後部座席(これ本当に4人乗りなのか? 小柄なワタシすら膝が前の座席の後面ファブリックにめり込んでたぞ)から見た運転席方面。 ちらっとしか見えないけど速度計やタコメーターがレトロな雰囲気である。
 ちなみにフロントガラスとルーフの繋ぎ目(写真上方の黒い部分)、 ウチのダンナが運転席に座ってるとほとんど前髪がかかるぐらいの位置にある。 これ、 このまま電動で屋根閉じたら髪の毛挟んじゃうか最悪後頭部にルーフが激突するんじゃないのかしらん(参考までにキャツの身長は175cm)。  去年からMICRAが出るって情報を得てて、今のVitz君が来年車検なので結構真剣に買い替えを考えてたんだけど、 この小ささ居住性の悪さとそこはかとない全体の部品のチャチさに購入意欲が若干減退したのは否定できない(^_^;)。  もし買うなら何回か試乗してみないと絶対後悔しそうだ(覚え書き)_( ・・)¢メモメモ。

CIMG3937 ぶらぶらと歌舞伎座方面へ歩く。  そう言えば一度だけここで歌舞伎を観たことがあったっけ。 大昔、 母が聖路加で修行をしていたことがあったのでこの辺には詳しくて、 数年前に遊びにきた彼女と近くを通ったら懐かしそうに歌舞伎座を観ていたよ。

CIMG3944 ソニービルの前に置かれた巨大水槽の中には沖縄の海にいる熱帯魚がたくさん泳いでいる。  ちょうど今の期間、沖縄美ら海 (ちゅらうみ)水族館とのコラボレーションでビル内のあちこちのスクリーンに海の模様が映し出され、 様々なイベントが行われているらしい。 中には入らなかったので詳細は不明(せっかく行ったなら入っておけよとも思うけど)。

CIMG3943 拡大するとこんな感じ。お魚綺麗〜(*^_^*)。
CIMG3940 裏側から回ってみる。交差点が水槽越しに見えて水の中の街みたいだ。
CIMG3941 …というか恐怖映画のようでもある(何だかシュール・笑)。

CIMG3953 暑さに負けたので、 有楽町駅まで歩く間に何となく通った細い通り沿いに見つけた喫茶店に入った。「東京一美味しい和栗のモンブラン」 と書いてあったので注文する。ダンナはミルフィーユ(写真は割愛したけど最初から横置きで断面の上半分に縦横6等分のカット入り。 デート向きかも・笑)。
CIMG3955 いくらか食べてみた(^_^)/。構造は至ってシンプル、 下の台座はスポンジでもタルト生地でもなく、さっくりと軽いメレンゲでできている。 中心部にはひたすら堅めにホイップした生クリーム(ほとんど甘くない)が盛り上げてあり、 一番外側に栗の香りゆたかなマロンクリームがお馴染みの雰囲気にたっぷりと搾り出されている。どこにも小麦粉の気配が無い (あるのかもしれないけど気がつかない程度)。
 肝心のお味は…はい、定番のモンブランっぽくはなかったけど上品で、形もどこか和菓子を思わせる丸っこさで何より栗の風味が良くて、 かなりポイント高かったでしたっ(^_^)v。一度は体験したい味、かな。

 さて、写真どかどかアップして気が済んだので(^^;)今夜の一曲行って終わっちゃおうっと。 Green Dayの"Basket Case"、川崎フロンターレのコール"Love Kawasaki"にもなっているけれど、 94年に発表されたかなり人気のある曲だ。 勢いがあってパンクロックの若さ馬鹿っぽさ切なさ、全部を兼ね備えているカッコイイ曲でもある (主観主観)。 ♪〜Do you have the time to listen to me whine...(オイラの愚痴に付き合う暇あるかい?)と始まる歌詞は良く読むとやっぱり馬鹿っぽくて、 ここでご紹介するのも躊躇われるほどである。 いや別に危ない詞じゃないんだけどね、荒唐無稽というか他愛ないというか(^_^;)。 E Major(これもまた馬鹿っぽさに似合う・笑)。
 そんでバスケットケースってどんな意味だか知ってる? こないだまでカゴかケース(入れ物の類)じゃないだろうけどなぁ、 と漠然と思ってただけだったんだけど、ダイアーストレイツに「ひどい苦境」 という意味があると知ってひょっとしたらこれも成語なんじゃないかと思ってちょいっと調べてみたわけさ。 そしたらありました、「無力な人 (もの)、でくのぼう、ノイローゼな人」だって(…)。

 ちゃんちゃん・となったところで今夜はおやすみなさい。  明日は朝イチでスポーツクラブに行ってその間ダンナに大地宅配をまんまと受け取らせたら午後から池袋のナムコナンジャタウンに行く予定 (は未定)。 ぢゃねー(ぐんにゃい・とぼんにゅいは似ている。どっかで書いたかも。というか語源が同じだから当たり前かも)。

posted by らっきー at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

またもやご無沙汰の日々(^^;)。日曜がこれほど有り難いものだとは前の職場で漫然と連休を過ごしていた頃にはついぞ気付かなかったよ。

 こんばんは、久々に仕事の忙しさに疲れてみたらっきーです(^^;)。 今までは実働以前に人員不足とかマネジメントの下手さに腹を立ててそっちがストレスだったからなぁ(遠い目)。 夏休み中とは言え、社会人の皆さんはちゃんと仕事をなさってるわけで、やっぱり土曜はお客が多い(完全予約制だけれどいつも以上に枠が埋まっている)。
 もともと一人ひとりに時間をかけるのがウリだけれど、何だか面倒な話が多くてそのうちとある部門で機械が壊れてお客を入れられなくなったとのこと、えーっどうするの・とスタッフの子に訊くと「その分だけ後日別に予約を取り直していらして頂くことになりそうです」とのこと。 うーむ、突然の故障じゃ仕方が無いけど、よりによってこの忙しい日を選んで壊れることないじゃないかよ・と機械に腹を立ててみる。

 でもやっぱり一番困るのは何も知らずにやってきたお客様なわけで(^_^;)。 しかもそういう説明だ何だで余計に時間が押してしまい、完全予約制なのに待ち時間が1時間を大きく越えてしまうという事態に(ここで働き始めて1ヶ月余、土曜も5回目で初めてだったよ)。
 しかも他のブースに置いてあるそれぞれの担当者の予約状況を見るに、ワタシのところが一番数が多い(^_^;)。 多分、前任者が大変な人気者だったと思うのだけれど、結局待ち時間が長いと大変にご立腹だったお2人をそれぞれマドンナと同僚Yさん(以前からの常勤でとても有能なヒト。私とそれほど年齢違わないと思うんだけど凄い)に引き取ってもらい、何とか残りのお客を捌いて事なきを得たよ。
 昼食まで少しペーパーワークをこなし、各方面へ恐縮しつつお礼を言う。 マドンナもYさんも大丈夫よ、と言ってくれたけど働き始めたばかりで何だか少し肩身が狭かったさ。 むーん。

江戸川花火大会。
フィナーレ。花火というより(笑)。

 ウチから若干遠いとはいえ、江戸川花火も毎年楽しみにしている花火大会の1つである。 何しろ隅田川より打ち上げ場に余裕があるらしく、横にずらりと並ぶ仕掛け花火の美しさは独特のものだ。 というか田舎じゃなきゃできない(褒め言葉)。

 ついでに他の写真も見えるかどうか手作業でアップロードしてみることにする。 もうBlog Meisterが大丈夫かどうか一喜一憂しながら使うのにも飽きてきたよ(^_^;)。

CIMG3897.jpg こないだ埼スタの広島戦を観に行った時に買った、06-07ヴァージョンのユニフォーム型ストラップ2袋。
 ホーム・アウェイユニと国際試合用、その他各種記念(MVPとか得点王とか優勝とか)のユニを模ったものが1個ずつランダムに入っている。
CIMG3900.jpg 入ってたのはこの2種。
 ワシントンの得点王記念と2006年天皇杯優勝(最初の方だ)記念。 結構当たりだと思う(^_^)v。 あとはThe Double(去年リーグ優勝と天皇杯優勝で2冠だった記念)ヴァージョンが欲しいな、と(大人買いの予感・笑)。

CIMG3908.jpg 昨日のお昼ご飯。
 土曜は忙しいだろうから、と元気がつくようにメンチカツにしたのだが結局あまり食べる時間がなくてご飯は半分弱しか食べられなかったのだ(^^;)。

 これは今朝、近所の神社の例祭で出てたお神輿がウチのマンションの下を通過するところ。

 …というわけで、あんまり更新できてないけど取りあえず元気で生きてるよ(^^;)。 U-22サッカーもJ2も観たけど、それほど思い入れがあるわけでもないので感想は割愛。 オールスターは仕事の関係で半分しか観てないけどMVPがヴィッセルの大久保ってのにはやや疑問(いやいいか、我らが小野伸二が敢闘賞もらっててこっちは納得だったし)。 でもマグロ(MVPの副賞)欲しかっただろうなぁ、ウチの子たちみんな食いしん坊っぽいし(^_^;)。

 今夜の一曲はお祭り繋がりでBelliniの"Samba De Janeiro"。 あまりにも有名なので今さらって感じだけど、最初に聴いた時「サンバ!」って言ってるのが分からなくてスーパーって何がだろう、とずっと思っていたというヒアリングの失敗とともに思い出す曲である。 やっぱ暑いって馬鹿になれていいね(問題発言・笑)。 あたしゃ大学時代に同室だった子が裏日本の出身で、最初から見事にソリが合わず果てはつかみ合いの喧嘩までしたことがあるのだが、多分それは自分の中の南国の血がさせたことだろうと今でも思っている(^^;)。 あ、その後彼女とは専攻が同じだったこともあって大事な同僚になったけどね(ご安心を)。

 それでは明日のために早く寝ることにするので今夜はこの辺で。 明日は吉祥寺で明後日は銀座で半日の予定(^_^)/。 おやすみなさーい。
posted by らっきー at 23:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

何ヶ月ぶりかの埼スタ勝ち試合(というとすっごく弱いチームみたいだね)。8月早々J1第14節(代替開催日)、浦和レッズvsサンフレッチェ広島を観に行ってきたのだ。

 こんばんは、19時半キックオフ埼スタってのは大変だねぇ(^^;)。 帰ってきてみたらもう23時回ってたよ (国立やフクアリこと蘇我スタジアムの方がウチからは近い)。 そこはかとなくノドの痛いらっきーです(騒ぎすぎ)。
 A3だナビスコだアジアカップだ、と他の試合が多すぎて、しかもガンバに嫌な負け方をしてたこともあって久しぶりのリーグ戦、 相手は相性の良い広島だったけどやっぱり心配だった。 これを逃すとしばらく勝ち試合が見られないかもしれない・ と思ってチケット確保したんだけど、思い立ってダンナのOKが出た時期が遅かったのでぴあに行ったら既に端っこしか空いてなくて、 それでもメインロアーに拘った理由はそのあたりで売ってるという噂の埼スタプリン(美味しいらしい♪) を一度は食べてみたいと思ったから(笑)。 アジアカップで酷使された鈴木啓太と阿部勇樹、怪我明けで久々の出場になる闘莉王、 ブラジルで心臓の検査を受けて戻ってきたワシントン、そんで出場停止が小野伸二で酒井友之が神戸に完全移籍・ と色々不安材料もあったのだけれど、取りあえずは久しぶりに浦和の試合が観られる喜び(と怖さ) を感じつつはるばる出かけていったわけさ(^_^;)。

 今日は時間もないので取りあえず写真中心に短信で。 明日は午前中だけ仕事なので、 もし余裕があったら試合とその前後の感想なんかも書いてみようと思う。 ひあうぃーごー♪
CIMG3874 昼寝をしてしまったので予定より遅く到着(^^;)。夕暮れ空が美しい。
CIMG3880 メインロアーの201入り口近くで移動販売車を出してた屋台でビーフストロガノフ丼 (温玉入り)650円也をゲット。なかなか美味しかった。ダンナのジャンバラヤ(@隣の屋台)はひたすら辛かったらしい。

CIMG3878 本日の御席(メインロアーSA指定)。 アウェイサポーターの近くだけどゴール裏ほど見づらくはない。流石に良いスタジアムだ。
CIMG3883 肩越しに振り返ったところ。 紫色の広島サポーターとの間にあるのは階段状の屏風みたいな形をしたアクリル板(隔離のために使う)。
 今日は入場者がそれほど多くもないのだろう、緩衝帯が広めに取られていた(なんだか先日敵サポにカレーを投げた馬鹿が居たらしく、 そのせいという話もあった。昔駒場のFC東京戦でも投げた奴が居たのだが本当にその辺は進歩してないというか反応が同じというか。 決して擁護してるわけじゃないけど)。

CIMG3884 試合前の整列。
CIMG3885 GOAL(すんごいズレてる写真でごめん。つい興奮して・笑)。 これは多分達也の3点目。
CIMG3888 フルタイム。 思ったより点差がついたけど後半に闘莉王の得点で追いつくまでは生きた気がしなかったのも事実(笑)。

CIMG3890 ヒーローインタビュー。彼の復帰は本当に大きいね。
CIMG3891 サポーターにご挨拶。 CIMG3893 ご挨拶その2。

 結論から言えば、やはり広島は我々の期待した広島らしさを発揮してくれた。 しかし本来の守備陣が怪我や累積警告で揃わない中、 佐藤寿人の得点までは試合の流れをうまく引き寄せて怖い攻め上がりを見せていたこと、 あとマンマークや早い寄せで浦和の攻撃陣を狭いスペースに押し込めて前半の停滞を招いたこと、このあたりは見事だったと思う。  駒が揃っていればもう少し違った試合だったかもしれないがそれもまた時の運、とにかくお疲れm(_ _)m。  次節以降は生まれ変わったように頑張って、できればガンバを倒してくれたりなんかすると嬉しいんだけどどうかな(厚かましい・笑)。

 試合後、入り口近くの席だったこともあって終了直後に走って駅を目指すか残って歌うかの相談。 そりゃ歌いますとも、 歌わせてください(とワタシ)。 大事な勝ち試合では終了後に選手が控え室に消えた後、 サポーター達は立ち上がってタオルマフラーを両手で掲げ、公式応援歌の"We Are Diamonds"(前にも書いたけどRod Stewartの"Sailing"の替え歌だ。ちゃんと許可も取ってあり、 今となってはJ1オリジナル10チームの応援歌で唯一歌い継がれている大事な曲である)を歌うのだ。 英詞だけれどMDP (マッチデイプログラム。冊子)やTシャツ等にも歌詞が載っているし、 バックスタンド最後部情報屋根下に幅一杯の歌詞入り横断幕があるのでそっちを見れば初めてのヒトでも一緒に歌えるという至れり尽くせりさである。  さすが一見さんにも優しいクラブを目指してるだけあるね(そうなのか!?)。

 というわけで今夜の一曲はそのRod StewartとBryan AdamsとStingが歌った"All For Love"。 すべては愛のために・ とか大仰な台詞が何故似合ってしまうのだろう欧米の人々ってば(半ば羨ましい。 けど実際日本語で言われたら引くだろうからやはり各言語にはそれなりの特徴があるのだろう)。 でも言ってみる、すべては愛のために (はぁと)。 え、何にだって? そりゃ世界の色々に向けて言ったのさ(^_^)v。  それでは明日は初めての職場に半日お邪魔する予定になってるのでこの辺でおやすみなさい。 あぁ、 試合に勝った夜の世界は美しい(*^_^*)。

posted by らっきー at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。