2006年04月07日

ぎゃー、またうたた寝してしまったよ(^_^;)。こいつは新生活で止めたい習慣ナンバー1の座をダントツで獲得なんだけど。

 えーらっきーです、夜も夜中にこんばんは(^^;)。 あれエンターキーが効きづらいなぁ夕方におせんべ食べたのがいけないのかなぁ(吹いたりとかしてみる・笑)。 夜10時過ぎに居間の長椅子でダンナとお喋りしているうちに眠くなって、ふと目を開ければ今・ってのはうたた寝とゆーより本格的睡眠ではないかと。 とゆーかノド痛い!風邪じゃないだろうなぁ(大体4月で桜も終わりだってのにこの寒さは何だよ今でも時々床暖房を点けちゃうことがあるから今日ガス代の請求書がポストに入ってたけど22,000円って書いてあって驚きで死にかけたぞワタシ。よく考えたら床暖房のメンテナンス契約の費用12,000円込みの引き落としだったんだけど、でも高いよねぇ)。

 昨日の夜たまたま、ダンナがBS2で昔やってたロック誕生50年史特集みたいな番組を録画してくれてたので一緒に観た。 去年の12月にも放送してたのを部分的に観た気がするけど自分の生まれる前からつい最近までの流れが分かりやすくて本当に面白い番組だったよ。 2時間ぐらいぎゃーぎゃー言ったり歌ったりしながら全部観てしまったのだがQueenの"Bohemian Rhapsody"が流れた時にダンナと「コレ『21世紀に持って行きたい1曲』に選ばれたんだよね?」という話になった。 彼は疑問らしいがあたしゃ妥当な選択だと思う。 とゆーか大いに偏ってて素晴らしい(笑)。 久々に見たよデッドオアアライブのヒトみたいなフレディーの映像(すっげぇ悪口)。 いや後年のマッチョさんより好きかもだけど(さらに悪口)。 Too young to die.

 1曲という縛りがあったから難しいんで、個人的に22世紀に持って行きたい10曲を考えたらどうだろう・と思ったのだがこれがまた悩む悩む。 大好きだけどそこまでのインパクトを認めていいのか分からない曲ばかりだ(^^;)。 とゆーかあたしゃ元々ミーハー系なので凄いぜ系はダンナに訊くしかない。
 取り合えず書き出してみる。 全然埋まらない。
1."Bohemian Rhapsody" Queen
2."Hotel California" Eagles
3."Tubular Bells" Mike Oldfield
4."Russians" Sting

 2はワタシ的に文句なし、前奏後奏だけでも選出しているだろう(笑)。 3はダンナが持ってたのを聞いて改めて凄いと思った。 4は…うーん、入れていいのかなぁ、同じアルバム「ブルータートルの夢」に入ってる"We Work the Black Seam"とどっちにしようか迷ったんだけど後者がイギリスの炭鉱の町で働いていた人々とエネルギー問題を絡めて歌ったものであるのに対し前者は冷戦時代のロシアと欧米の対立のお話なのでスケール広い方にしようかなぁ、と(インパクトと分かりやすさは前者だけど曲の作りとしては後者の方が好き。リンクから両方試聴できるよ)。

 うーダメだ、イマイチこれってのが思いつかない(^_^;)。 また考え付いたら忘れた頃にリストに追加する予定。 とゆーかいい加減に寝ろワタシ。 おやすみなさい。




 恥ずかしいんで行間あけといてこっそり告白。 なんとあたしゃここ数年ある簡単な英単語の綴りを勘違いしたままあちこちに手紙とか書いていて、昨日ソレに気付いた時にはもう本当に泣きたくなったよ。 何ていう単語だって? どうしても言わなきゃいけないかなぁ(自分で書いてて狼狽するなっての)…いや、あの、本当にもうちゃんと認識したんで笑わないでね。 マジで。


 docterって書いてたんだよぉdoctorのことを(^_^;)。
posted by らっきー at 04:44| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

懐かしい曲ばかりでゴザイマスのぉ。
70年代後半〜80年代あたりの曲が大好きでゴザイ。
コピーバンドなんぞやった記憶が蘇りましたヨ。(笑)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007VCZ50/249-8466897-2925943
ボクはBring on the nigthtのピアノのパート譜が欲しかったのよ。
連日、御茶ノ水〜神田近辺を捜し求めた記憶が...。
結局断念しちゃったなぁ。(採譜する能力は無かったのねん)


Posted by 村人 at 2006年04月07日 09:48
よりにもよってその単語を綴り間違いますか?>doctor(爆)。

「どくとるまんぼう」は愛読書のリストには入ってなかった?
Posted by さな at 2006年04月07日 22:19
>村人さん

 ご紹介のリンクはDVDですね。"Bring on the Night"のピアノ部分はイントロだけなら弾けますが他のパートに埋没しちゃうと採譜は難しいですねぇ(最初はC音です)。
 実は小さい頃ピアノ弾き語りに憧れてまして、Godiegoのピアノ譜とかを散々練習したものです。妹は「戦メリ」のテーマ曲に挑戦して最初の1分ぐらいで玉砕してました(笑)。


>さなさん

 いや、ドクトールってドイツ語だから綴りが違うだろうと勝手に思い込んでいたのよ(^^;)。 北杜夫さんは結構読みましたコドモの頃だったんであまり意味分からないところもありましたけど。
 とゆーか勘違いに驚いてふと毎日胸に付けてる二ヶ国語版名札を見たら一番上に小さく職種が入っててのけぞってしまいました(気付けよ)。
Posted by らっきー at 2006年04月08日 23:00
全然関係ないけど、懐かしいので貼っておきますね。
今はNate JamesとAngela Akiに夢中。

http://www.youtube.com/watch?v=kz8kPkjj6Zc
Posted by あくとろん at 2006年06月11日 00:07
.
>>あくとろん氏

 ありがとうございます、ちょっと合法ぢゃないのでわ・と評判のYouTubeですね(^^;)。
 Vクリップ、大変懐かしく拝見しました。とゆーか右側のリストにあるNu Shooz "I Can't Wait"のアクセス数が半端じゃなくて面白い(ワタシも嫌いじゃないですこの曲)。

 ということで、あくとろんさんはワタシの「サイキックマジック友達」と認定されましたので今後もよろしく(笑)。
Posted by らっきー at 2006年06月11日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。