2006年04月24日

週末はいつも狂乱のうちに過ぎ明けていつもの時間に体重計に乗れば一瞬でひた隠しにしてた反省点が露見するブルーマンデー。

 こんばんは、相変わらずうたた寝魔のらっきーです。  2日連続で更新をサボるともう全部どうでも良くなっちゃう気がして這うように戻って参りました(笑)。  とゆーか明日も休みなんでブルーの色合いは割と薄いんだけどソレは内緒(自分で言うな)。

CIMG1354 金曜のシティボーイズ開演前。 池上本門寺境内の特設テントは工事現場みたいな階段が組んであって揺れると怖かった。でも始まったらそんな事は全部忘れた。 毎年必ずチケットを取っているのだけれどプレオーダーは大抵席が悪かったんで今回は場所としては当たりな方。 あと何年この面白さに生で遭遇できるだろう・と毎回しんみりするのだ、大竹さんに「来年もまたお会いしたいっ」と言われる度に (お願いだから長生きしてねボーイズさん達)。とゆーか駅から遠すぎ本門寺! ダンナが調べてきたっつーから安心してたのに大きな案内板があるわけでもなく案の定迷子になり結局GPSケータイのお世話になる羽目に (住宅地を突っ切ってうねうね曲がる道は本当かね・と怖かったよ)。やっぱアートスフィアがいいなぁ、 ごめんお坊さま(^_^;)。

 そうだ、錦糸公園そばにオープンしたショッピングモール「olinas」 に行ってきた話をしたかな。  ちょうどダンナが通院がてら休みを取ったというので金曜に出かけたらオープン2日目だったせいか平日午後だってのに大混雑でレストラン街や話題のお店は全部行列でアウト (やっぱり)。 ドラクエのスライムみたいな形の洋風大福(写真見てもらえば分かる通り小さめで可愛いんだコレが) を売ってるお店が気になったんだけど妙に行列が長くて、ひょっとしたら何か話題の店なのかも。 またそのうち平日休みの朝一番で再訪予定。
 まぁ全体の印象としては船橋ららぽーとっぽい(お店のグレードが南町田グランベリーモール以上お台場以下って感じ・ 笑)けど、この付近は今まで治安も人通りもイマイチだったんでこういう施設ができるのは良いことだと思うよ。  お義母さまの住んでる団地から歩いて行ける距離なのでそれも嬉しい (少し落ち着けば一緒に買い物とかしちゃったりして♪今までご無沙汰しがちだったんだよね近くに住んでるのに)。  実は最近最寄り駅ビルが改装してアトレになったんでソコと大差無いと言っちゃえばそうなんだけど、 選択肢が増えるのは歓迎だよねせっかく東京に住んでるんだからそこは享受しなきゃ(^_^)。

 あと、最近時々行くゲーセン「アドアーズ」も入ってて笑ってしまった。  日曜のお昼に出かけたら最初に見かけて面白そうだと思った魚釣りがモチーフのメダルゲーム「アミー漁」 は最初から最後までずぅっと空かなくて、多分一番人気なのだろう我々もココで初めて見たけど新しいゲームなのかな。  誰一人席を立とうとしないのに更に背後の人垣の中にはメダルカップを持って順番待ちをしているヒトとか居てもう全然ダメって雰囲気(>_<)。  あ、久々にこの顔文字使ったかも。
 仕方ないんで唯一空席があった「FORTUNE ORB 3(宝珠天国第3章)」に座ってみる。  ヨソのサッカー中継までに帰る前提で始めたんだけど開店直後でご祝儀なのか少なめのジャックポットがどこのゲーム台からも頻繁に出ていたよ。  我々にも開始1時間ほどで一度来たので今度こそEXILIMで撮影。 886枚。

CIMG1454 その後飲まれたから言うわけじゃないけどこのゲームそれほど面白くない(笑)。 まずスロットを回すためにメダルを細い穴に入れなきゃいけないんだけどこれが難しくて大変。 しかも当たって出てきたメダルが一度画面手前の台に積まれてから落ちる仕組みなので全然手元まで回収されない。 よほどの大当たりでない限り、ジャックポットが出たら早めに撤収するのが吉と見たよ (どっか別のゲームやりに行こうとしても他に空いた席がなかったんで失敗したぜちきしょー・負け惜しみ)。

 そんなこんなで慌しく帰宅して見た甲府vs横浜FMの試合、 どちらの意図も明確だったのだけれど緊張感のある均衡は破れずスコアレスの展開であぁもったいないなぁ・と思いながら観ていた。  格上であるはずのFマリノスが甲府の攻撃を何度も凌ぎ、 これはこのままでもヴァンフォーレにとっては良い刺激になったんじゃないかと他サポながら勝手に満足しかけていた私。  ロスタイム終了直前の素晴らしい左クロスから一人スルーした形になって後ろから飛び込んだバレーのヘッドが中澤の足をかすめてゴールに刺さった時、 おそらく現場に居た甲府サポーター以外の誰より大声で叫んでしまったよ(^_^;)。  チームとして大嫌いな横浜FMが負けたせいもあるけど、何より大木監督の戦い続ける姿勢が報われたのが嬉しくて、 それはすごいカタストロフ…じゃなくてカタルシスで(今この単語を思い出すのにすごく時間かかった。明日脳トレ追加しようっと)。

 今季J2から昇格してきた3チームのうち、 ギリギリおまけみたいに上がってきたヴァンフォーレが現在一番満足いく成績を残しているのは偶然ではない。  引いて守るのがセオリーのJ2では攻撃を主眼に置くチームは余程良い戦力を揃えていないと上位をキープするのは難しく、 それはあの20世紀最後の年に我々浦和レッズが散々苦労した点でもあったのだ。 京都や福岡はさぁJ1だと意気込んで昇格(というか復帰) してきたものの今までのやり方では圧倒的に優れた選手層を誇る他チームを崩すことができないと知っていて苦労している。 甲府は変わらない。  探検J1・というキャッチフレーズの下に周囲からは「何位になっても良い記念だよね (ダントツで降格しても仕方ないというニュアンスを含む)」 と言われて来たけれど監督以下全員が自分たちの持ち味を知っていて相手が変わっても集中を切らさず自分達の展開に持っていこうと何度でもトライする、 それが初対戦のJ1歴々を惑わせる。 同じ手は二度通じないかもしれなくても、相手の本心に「負けるわけがない」 という隙がある限りそこを全力で揺さぶる。
 思い出す。 私はそういう試合を経験している。 あの暑くて長い4回対戦のリーグで、 なかなか突き放せずイライラした上に一瞬の集中の乱れを突かれて負けたショックを今でも覚えている。  あの年だけの定位置だった駒場のSAシーズンシートにへたり込んだ脱力感を身体はまだ忘れていない、それがJ2時代の財産。  この先何度優勝争いをしようとも、血液とともに身体中を巡り遺伝子に刻み込まれた記憶。

 ダンナは「J1下位のレベルが下がってるんだよ」と言うが私はJ2のレベル全体が上がってきていると思う。  少なくとも天皇杯や練習試合で対戦して舐めてかかれるほど甘いチームはもう居ない。 全力で相手に向かって行く・ という当たり前のことができなくなった自称強豪チームの落日は早い。 我々サポーターこそ自戒しなければならないと、 連勝に浮かれることのできなかった時期も再起を賭ける今も肝に銘じて応援を続けようと誓う。  その割にはいつもぎゃーぎゃーうるさいんだけどさ、あたしゃ(^_^;)。

 いやーそれにしてもFマリいい気味(^_^)。  自分とこも負けた分際で言うべきことじゃないのは分かってるけど多分相当数のマリサポも土曜にウチが負けた時すごく喜んだはずなのでお返しということで(笑)。  顔も知らないたくさんの他サポに嫌われたくてサッカーネタ書いてるわけじゃないから、 何を話題にするにも同じ戦う仲間として最低限の敬意は払っているつもり。  でも横浜FMは好敵手として意識するというよりチームの方針が理解できないから好きになれないし、 怪我人の累積はお気の毒だと思うけど選手の精神的弱さを克服するための道のりでは絶対にウチの子たちには負けてほしくないから日曜の試合内容は本当に嬉しかったよ、 どうかこの教訓を他山の石(ひどいね)として頑張れ、我らが浦和レッズ。 勝ったり負けたりは当たり前だけど、 自分達らしさというものについてもう一度考えて立て直せばいいじゃないかな(^_^)v。 いつも思うけど期待だけはタダだし(笑)。


 …気が付けば全然今日の話じゃないな(^_^;)。 週末の不摂生のツケで食事はVLCD(very low calorie diet)だし最近全然書くことがないんだよお仕事の日って。 明日は常勤最後の臨時休だけど日中は山と積まれた衣類の整理、 夜は友達と久々の自由が丘探訪で忙しい予定だから早く寝なきゃ(*^_^*)。 おやすみなさい。

 追伸。 初めて友人知人以外の赤サポさんからコメント頂いた気がする。 とても嬉しいけど何故見つかっちゃったんだろうこんなトコ・ という申し訳なさで一杯(笑・ping飛ばしてるくせに言うな)。

posted by らっきー at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。