2006年07月05日

7月4日に生まれたのはアメリカだけじゃなかったね・と、延長後半終了間際のイタリアの2得点とノースコリア関連ニュースに思う。"QUO VADIS, DOMINE?"

 こんにちは、朝から国ぐるみヘンな人々関連のニュースに振り回されてて朝ドラの本放送が潰されてしまい怒っているらっきーです。 とゆーかそんな同じニュースばかり壊れたビデオみたいに流してないで新しい事実が出てきたら堂々と割り込んで来いってのよねぇ、選挙の時だってそうしてるじゃん? 戦いだもの同じことだよ(やや語弊)。 餅は餅屋ミサイルはミサイル屋に任せとけってのさ(^_^;)。 ほんっと、この国の悪いトコだよこういう気持ち悪い報道姿勢って(W杯でも散々思った)。
 ついでにさぁ、もうみんなヒデのことは忘れようよ。 本人がそう言ってるんだし、何より友達と称して散々出てきた怪しげな作家さんやスポーツライターさん達とも縁が切れて嬉しいじゃん?\(^o^)/

 さて強い人々の祭典もいよいよ準決勝。 1試合目のドイツvsイタリアはそんな夜中に観てられるものかと録画だけしてとっとと居眠っちゃったら6時半前にぱっきり起きてしまって、さてどうなったかと自室のパソコンを立ち上げてSUPER SOCCERの速報ページを覗いてみたら延長後半0−0だと(^^;)。 ありゃまたPK戦か、ドイツ堅いねぇ・と思いながらメールチェックを済ませ、さてそれじゃ美味しいトコだけ観ようかな、と居間に戻ってTVつけたらちょー喜んでる青い人たちに被せてあるテロップが0−2イタリアって、えぇぇ?w(゚o゚)w 慌ててSUPER SOCCERに戻ったら延長後半14分と16分…。 あぁドイツもついに切れたんだねぇ、と試合観てもいないくせに思ってみる(追記:ダンナが帰ってきてから夕食の時に録画で観たよ。最初はドイツが押してたんだねぇ、というかどっちも守備が堅いからチャンスの数はそれほど多いわけじゃないけどどんな体勢からでも躊躇わずにシュートを撃つ姿勢はやっぱり凄いや。とゆーかドイツの人たち外しすぎ)。

 世間のブームも終わった頃に「ダ・ヴィンチ・コード」の感想などを。 映画観たヒトと本で読んだヒトには大丈夫だと思うけどこれからどっちかで楽しもうと思っている方々、もしいらっしゃればネタバレ部分は極力分かりにくくしておくので斜め読みして下さいませよろしくm(_ _)m。
 まず、対象は「敬虔なカトリック教徒以外で言葉遊びが大好きでミステリーもどっちかと言うと好きだけどオタクちっくに詳しいわけじゃない大学生以上の人々」という感じ。 映画はもっと分かりやすくしてあるのかもしれないけど、オトナでないと楽しめない部分(または真に納得できない部分)がちょこっとあるよ、ねぇ英国貴族さん(^^;)。

 あたしゃ宗教人じゃないしキリスト教についても浅い知識しかないから的外れかもしれないけど、バチカンからタブー視されてきた秘密結社的な女性崇拝の流れが実在すると言われれば素直に納得してしまう(事実に基づいている・と最初に注意書きがしてあるけれど)。 まぁ事実かどうかは置いといてそれを研究している人々は多分居ると思うので、話をダイナミックに展開させる上で必要な文献は山ほどあっただろう。 主人公が歴史研究家と暗号解読家なので関連情報が豊富に出てきて大変に興味深かったよ(こういう勉強の仕方をさせてくれれば世界史苦手にならなかったのになぁ、と他力本願な後悔をしてみたりするワタシは高校時代担任が世界史専攻だったにも関わらず実にお恥ずかしい成績を連発して「俺にだけ喧嘩売ってるのか」ぐらいに言われたことがある・あぁ思い出したくなかった。カタカナ語が大好きだったので世界史なら何とかなるかと思って選択したのに中国文明の難読難書漢字で立ち上がれないぐらいダメージを受けたのも堪えた。バカだねぇ)。

 でも批判を恐れずに言えばこのお話は娯楽小説だよね(^_^)。 アレキサンダーの時代から現在に至るまでの教会と秘密結社の静かなる戦いの歴史に興味を持たせるのには十分だけど、学術的になり過ぎるのを地の文の雰囲気が救っているというか、ある意味映像化を狙って書いただろう的なシーンと随所に現れるシンボルの解析や暗号解読とは別次元の親父ギャグ(または笑いを狙った分かり易すぎる表現)が時々ミスマッチ、というか。
 場所はあちこち移り変わるけれど実は最初のシーンからエピローグ手前までは丸1日足らずの出来事で、その中で大きな比重を占める貴族の館での考察アンド謎解きの部分は映画でどれくらい詳しく扱われていたのか、そもそもこのGrailオタクを誰が演じていたのか、その辺にはちょっと興味がある(^^;)。 あとかなりの部分が大脱走劇なのだけれど、残り100ページぐらいになったところでいきなりどんでん返しが続くので少々混乱してしまった。 冷静に考えたら何だか無理がないか? Things wouldn't work so naturally when they are trying to confuse Langdon and Sophie (and readers so on). In a short time I couldn't believe any single person (except Langdon) to be a friend or a foe...

 それにしてもソフィーのお祖父さんの言語に関する才能はお見事と言うしかないね(それを受け継いだ彼女も凄いけど)。 ウチにもああいうお祖父さんが居れば良かったのに、と思ってしまったよ(でも代わりに山ほどのパズル本を読んでたからその辺の経験が全くないわけではないけれど表音文字の組み合わせによる単語しか持たない国に生まれなかったのは残念だったと時々思う)。 I think most characteristic keyword for his works is "double-meaning".
 1つ1つの謎解き部分はとても細かくて、もう少し冗長部分を削ればお話のヴォリュームが減ったんじゃないかな・と思うが誰にでも理解してもらうためには仕方ないか。 手の込んだアナグラムの数々を作者が全部一人で思いついたとは思えないので、この辺が盗作だの何だのと言われている所以なのだろうか(ごめんなさい全然詳細を知らないんで違ってても許してね)。

 英語自体はテクニカルターム以外はとても読みやすい。 会話が多いせいもあるかな。 文中、英国ベストセラーの例として「ハリー・ポッター」が登場するけれど私に言わせればハリポタ(全7巻、現在6巻まで刊行済。最初は児童文学並みに読みやすいけれど巻が進むに従ってどんどん難しく話も暗くなると有名・笑)の3巻よりこっちの方が楽に読めた気がする。 長編なので伏線の張り方とか遥かに複雑だし思わぬところに言葉遊びが出てきて楽しいのは同じだけれど全体的な文章の格みたいなものはハリー・ポッターシリーズの方が上だと思う。 伊達に世界的ベストセラーじゃないってことかねぇ(^^;)。 あぁそんな偉そうに語れるほど読解力があるわけじゃないです辞書の一つも引けば分かる単語を放っておいてどんどん行っちゃうのも茶飯事です生意気に聞こえたらごめんなさいごめんなさい(誰に謝ればいいか分からないのでその辺みんなに頭下げておこう)。

 …あ、ふと考えたんだけど、「ダ・ヴィンチ・コード」の英語は我々非ネイティブにとってはアレみたいなものなんじゃないかな、ええっとシドニィ・シェルダンの小説群(イングリッシュ・アドヴェンチャーという名前で英語の教材として売られているカセットとか本とかのアレである・笑)。 いや読んだことないけど(^_^;)。 そんでひょっとしたらネイティブにとっては赤川次郎なんだよ、いやこっちは一冊しかないしそもそもあたしゃ赤川次郎を全く読んだことがないので失礼な比較かもしれないけど(上塗り・本当にさっき心から謝ったかお前?・笑)。

 まぁ何はともあれ面白かったよ、最初に勧めてくれた友人N嬢が「あなた絶対これ面白いと思うわよ」と言っていた理由が分かる。 でもラストはやっぱりああするしかなかったかな、英国でもフランスでも皆納得の結末だったのかな、それがちょっと気にかかる(^^;)。 I wonder there wouldn't be some fanatics who went and destroy the ultimate place to find the Grail itself. It'd be a serious social and cultural crime!!

 とゆーわけでお目汚し失礼m(_ _)m。 もしキリスト教の歴史か中世の絵画か言葉遊びかハッピーエンドの軽いサスペンスに興味のある方、まだご覧になっていらっしゃらなければお薦めですよ♪ Yet I doubt the two of them had enough time to regard each other as his(her) potential lover...んーまぁいいや、ではでは。 明日は撃つなよ、シュートじゃなくてミサイルの話だけどね(TVがソレばっかりになっちゃって困る)。 おやすみなさ〜い。
posted by らっきー at 23:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文字媒体全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。