2006年12月23日

メリークリスマスイブイブ(普通こうは言わない)。昨日とは大違いの暖かな晴天のもと、お義母さまと隣のショッピングモールで待ち合わせて子供服など買いに行くの巻。

 あーごめんなさい磐田さん、勝っちゃいましたm(_ _)m。 正直、PK戦で10人目の犬塚くんのシュートが速いグラウンダーでゴールの左へ逸れていった時には嬉しくてTVに向かって叫んでしまったとは言え(心拍数が上がったのでダンナに簡易心電図計を借りて測定してみたらリズム不整って言われて笑っちゃったよ。もちろんすぐ治ったけど)。 落ち着いて考えてみたら29日の準決勝は長谷部も累積で出場停止だし今日活躍した小野伸二も足が痛くて本来なら先発できるコンディションじゃない、平川も今日痛そうだったし急造守備ラインは中央で跳ね返す闘莉王を欠きいざという時頼りになるネネが直前で欠場した今となっては安定感の欠片もない。 本当に前半はハラハラを通り越して来年のリーグ戦やACLを思いながら気分が沈んでいくのを感じていたのだ。

 後半から小野が出てきて、そしたら早々にもう1点取られて。 先月のリーグ終盤、ヤマハスタジアムで戦った時に最初の10分間で2点取られて、その後2点取ったけど結局追いつけなかった事が頭に浮かんだ。 もう守れないんだからせめて1点でも返せよ、と思いながら淡々と観ていたら永井のシュート、あぁっ入った!と思ってたら微妙な見え方だったけどノーゴール(>_<)。 でも明らかに守りに入った磐田DFの隙を突けるようになり、結局一瞬だけなら逆転もできたのだから我々もしぶといチームになったものである。 あ、1分後にルーキー犬塚くんに針の穴ほどのニアを通されてやられちゃったけどね(悲しいぐらいお約束)。

 ほんとは選手も一部のサポーター(それは我々)も、最初気持ちは切れてたと思う。 勝ち上がりたい気持ちはジュビロさんの方が強かったし、実際ゲームを支配していたのもボールをカットするのもパスが通るのも磐田の選手で、ウチの子たちは見ちゃいられないほど連携も注意力も散漫で。 ハーフタイムでギドは怒っただろうか、リーグ戦と同じように出てた選手に怒鳴り散らしただろうか。 私はそうは思わない。 みんな、シーズンオフのことを考えてた。 昨日決まったばかりのACLの組み分けに夢をみたり、思うように進んでいないと伝えられる補強に胸を悩ませたり、各選手の心境に思いを馳せたりしていた。 熱心に駆けつけた、スタジアムのコアサポ以外は。

 勝敗は皮肉なものだ。 PKが5人ずつ終わったところで次に出てきたウチの選手は観客から見てそれほど上手いDFじゃないと言われ続けてる人(名誉のために名は秘しておく・笑)で、スタジアムの空気が本人の意気込みとは別に一瞬不安に包まれようとした時にそれは起こった。 黄色いユニを着た選手がゴール前に立っている、いつもとは逆向きに。 都築龍太、シーズンの3分の2をベンチで過ごした浦和の正GK。 元日本代表。 山岸に次いで今季の防御率リーグ2位。 優勝セレモニーで唯一人、ほとんど嬉しそうな顔をせず一部のサポーターを心配させた男。

 ざわめきが広がる。 自信が無ければ6人目、サドンデスに入るところで蹴るはずがない。 少なくとも私は一度も見た記憶がない彼のPKは案外落ち着いたキックでゴール右側に決まった。 顔を紅潮させて照れる都築、嬉しそうな顔を見たのは本当に久しぶりで心からホッとした。 これが見られたからもう負けてもいい、文句は言わない、そう決めて残りを観た。

 磐田の選手は本当にPKが上手だ。 さすがジュビロ、外せと願ったところで全ての弾道は無情なまでに都築の手の向こうに描かれ続ける。 主審のジャスティス岡田氏はキック前のGKの動きを厳しく指導していたらしく、磐田のGK佐藤洋平(ここで対戦するなんてどんな奇遇だろうね、2000年のJ2でどんなに頑張っても札幌に居た彼を崩すことができなかった時があったんだ、当時の彼は鳥栖のリッキーこと高嵜理貴…大分を経て今は名古屋に居る…と並ぶJ2優秀キーパーだった)は少し自分の動きを気にしていたらしい。 それにしても能活、怪我か何かしてたのかしら。 同じ勝つならアナタから勝ちたかった。 10人分のPKをあなたのゴールに決めたかった。 ベストイレブンGKの手を弾いてネットを揺らしたかったのに(しつこい・笑)。
 PK戦で2回も負けた一昨年とは見違えて浦和の選手達は動きを読まれながらも次々と成功させ、萌(ルーキー細貝くん)まで来てあぁこの犬塚くんには今日1ゴール1アシストのみならず先日もやられたなぁ、一巡目はあと黒部しか残ってないけど、それにしてもFWなのにPK順最後ってどうよ・と思いながら観てた。 あとで聞いたところでは黒部は試合で足を痛めていたので最終キッカーに回っていたのだそうだ。 順番が来そうでドキドキしました、と言っていたらしい。

 多分蹴り直しをした友ちゃん(酒井)に続いて5人目長谷部が成功した時から、浦和の選手は本当に勝ちたいと思い始めたのだろう。 自分達が蹴る時には目の前のコアサポが静まり返り入れば拍手歓声、相手が蹴る時にはブーイングと旗振りで少しでも気を散らそうとする、そんな繰り返しの中で犬塚くんがボールをセットする手つきは一見冷静だった。 緊張してないのかな、と思うほど素早く位置に付き、大した間も取らずに素早く振り下ろされた右足から放たれたグラウンダーのボールは左側、横っ飛びした都築の手の先を抜けてゴールマウス横の惜しいところを外れていった。 歓声と落胆。 よく分からなかったイエローカード2枚と試合後の退場。 消耗。 決着。 肩を組む。 赤く腫れた目をグラウンドコートのフードに隠して下を向く。 サポーターに挨拶をする。 昔選手として在籍したチームを率いる外国人監督にそれぞれ当てられる光と影。 そんなTV画面を見ながら苛々していたであろう、2試合目のガンバvsFマリノスのサポーター達(申し訳ない。棒読み)。

 アレックスを安売りして損してるので賞金よウェルカム。 シーズン前半の低迷が嘘のように自信に溢れた戦い方をする若いジュビロよまた来年。 5回戦ではたった1本だったと報じられたシュートを今日は21本もありがとう(ウチも25本打たせてもらったらしいけど)。 スタッツによればボール支配率ホーム44%アウェイ56%、優れたチームと対戦すると必ず上回られるのに何故かついに埼スタでは今季一度も負けなかった。 準決勝もホームゲームだけど舞台は国立だから、次にここで戦う選手を観るのは来年の開幕戦になるだろう。 その時ピッチに居るのは誰だろう? 来季の浦和はどんなチームになるだろう? 少し怖くて、とても楽しみだ。

 というわけでチームがどう考えているかは分からないが私の気持ちはこの大会を離れ来季を彷徨っている時点で切れている。 アントラーズと国立で真剣勝負ができることは嬉しいしできれば今後も伝統の対戦カードになればいいとも思うが、29日に笑えなくても私はきっと悔しくない。 その点で、今回鹿島には申し訳なく思う。 どうか決勝頑張って、応援するから。 と。


 さて明日も早起きをしてダンナと私はそれぞれ自分の甥っ子に宛てたクリスマスプレゼントを宅配便で送る予定なので今夜はこの辺で。 ウチの隣にあるトイザらスでは10時前からNintendo DS Liteの販売に自称サンタさん達が長蛇の列を作っていたけどピンクだけ余っちゃったみたいで終いにゃ入り口で「若干在庫がございますいかがですかー」と呼び込みをしていたよ(^_^;)。 またその前を泣きそうな男の子が困り顔の父親に手を引かれて通ったりするんだ、きっとピンクなんか買っちゃったら学校で男のくせにって馬鹿にされるかもしれなくて買えないんだね。 サンタさんの正体を知るのはあんまり素敵なことじゃないんだコドモ達よ、覚えておきたまい(次の機会もすぐあるさドンマイ)。 とトナカイが言ってた(笑)。 良い夜を(*^_^*)。
posted by らっきー at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30154699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。