2007年02月24日

二・二四事件。新生レッズの前途多難を充分に予感させるゼロックス杯は昨年の雪辱に燃えるガンバに0−4と叩きのめされて終わったのだが我々にはまだ明日がある(はずだ)。

 えーこんばんは、Super Soccerが放映される頃には自室に引っ込んでしまおうと考えているらっきー(不肖浦和サポーターの端くれ)です。 また久しぶりに派手にやられたねぇ(更生中の不良息子の帰宅を待つ母親の気分・笑)。
 …もちろんどんな試合にでも負ければ悔しい。 たとえ相手が世界最強のクラブチームで100試合やって一度も勝てなくても100回悔しい思いはする。 去年一度も負けなかった相手にいつ以来か思い出せない4失点を喫して完敗したのであれば尚更。
 でもさぁ、本当に勝てると思ってた?・とワタシは逆に質問したいのだ。 全くカラーの異なる監督の下で怪我人を多数抱えて過密日程を前提とした2種類のリーグ戦を戦う浦和が2年連続短いオフを挟んだだけで海外と九州の合宿直後に(しかも海外ではシーズン途中の2チームにこれまた散々な守備と不甲斐ない攻撃でやられた)戦うこの試合で、相手は去年から充実した内容のサッカーを積み上げてきた「現時点での国内最強チーム」である。 もし我々が勝つとしたならそれはG大阪の自滅のせいだろう・とあたしゃ前々から予想していたよ。 負けるより勝ちたいと願ってはいたけれど。

 サッカーの神様はそんなに甘くなかった。 すごい強風でパス回しは辛かっただろうが、ガンバは明らかにチーム力が上がっていたよ。 あぁ「宮本の穴」って、去年はツネ様自身「が」穴だったのか!(発見・失礼)。
 何より全員の意図にブレが無い。 監督の表情にも若い選手たちの不屈の運動量にも、打ち崩す、という強い意志を感じる。 ハットトリックのマグノアウベスの脅威については言及するまでもない。 遠藤、ほんといい選手だよなぁ。

 翻ってウチらはどうだったか。 赤いユニフォームを着て国内で初めて戦う阿部ちゃんと啓太のダブルボランチはそれぞれバラバラに守備に追われてうまく機能しない。 去年と一昨年ゼロックス杯に出て大活躍したワシントンにまでボールは回らず、たまに中盤あたりからカットしてもゴール前まで運ぶ間に白いユニフォームに悉く持って行かれる。 普段なら外さないようなシュートが1本あっただけで後半明らかにイラついてたなぁシトン、まだ調子上がってないって噂はどうやら本当らしい。 チームが彼を待ってあげられる状態であることを祈りたい。

 小野伸二はボールキープが上手だけれどこの強風でパスが流れる中、運動量の足りない選手はそれだけでマイナスだ。 平川はガンバの左サイドの新人くん、何て言ったっけ、そうそう安田選手、金髪でやたら足が速い、にぶっちぎられて再三クロス上げられてた、まだまだだなぁ。 ポンテは試合状況に苛立ってて子供じみたファウルをしてあわやイエロー2枚目か、と本当にハラハラさせられた。 ロビー・ザ・ブラック(悪い方のロビー)だ(^_^;)。 暢久は思わぬところでボールカットをしたりされたりしていつも通り。 チーム状態とは関係ない自分だけのリズムを持つ男、キャプテン山田(あぁもう飽きたそーゆーの)。

 バックラインは中盤から流れてきた人員と合流していれば何とか水際でクリアできるけど、数的不利あるいはスピードが劣る状態で左右に振られるともう全然ダメ、ドフリーの人間にシュートを撃たせてしまっている。 ハイライトで観たこないだのブルズカップのバイエルン・ミュンヘン戦を思い出した(全くそのままだ!)。 坪井は足が速い分追いついてカバーできるけれどネネは攻撃の方に良いインスピレーションを持ってる(事実一度チャンスを作った)割に守備はイマイチイマ2ぐらいである。 昔ラグビータックルで前半早々に退場した試合があった(アルパイが先に退場していたので9対11になったあの試合だ、ちっきしょー思い出した)けれどあれ以来ネネのボール奪取って見ない気がする。 棒立ち君と呼ぶぞコラァ(失礼つい取り乱して)。
 内舘に関してはもはやお約束なので触れない。 阿部ちゃんも来たし今年こそ彼をスタメンで観ずに済むと安心したのは何だったんだろう、って感じ。 決して彼だけのせいではないのだけれど彼じゃない人間がそこに居た方が概して結果が良くなる、という可哀想な役回りの選手だ。

 GKはどっちが正キーパーだ?とマスコミも注目していただろうが今日起用されたのは相変わらず代表にも名を連ねている山岸。 雨あられと飛んでくるシュートには去年と同じように良い反応を繰り返していたけれど、今日は弾いたりこぼしたりしたボールがちょうど詰めてたガンバの選手の足元に出てしまってそれが致命傷だった。 強いシュートをパンチングするのは得意だけれど抱え込もうとしたボールが身体に当たってキープできないのはその前に撃たせてるDF陣にも責任があるのでギシさんだけを責めるわけにはいかなかろう。
 とは言え4失点してしまっては彼も今夜眠れないほど悔しい思いをしているはずだ。 来週の開幕戦は都築になるかもしれない。 ならないかもしれない。 DF陣が落ち着くまで、2人とも気持ちを強く持って精進して欲しい。 ほんとお願いします頼むよ(これが本当の守護神頼み)。 あぁ良かった、正キーパーが2人居るにも等しいチームで(そう言えばオジェックが昔監督やってた頃も土田と田北の2強状態ではなかったか。いやむしろ2弱というか。以下略)。

 それにしても怪我でベンチ入りできなかった選手達が出場しててくれればもう少し何かできていたかもしれないのになぁ、と思ってしまうのは外野の悲しい性であろう。 あぁ闘莉王と堀之内が後ろに居てくれたら。 長谷部が中盤で攻撃に走り回ってくれたら。 達也が元気で要らんシュートばんばん撃ってくれたら。 せめてこんな強風でパスが繋がらない日は独特のドリブルを持つ永井雄一郎が居てくれたら。 平川が新人君の相手に疲れきった頃に相馬と交替させてあげられたら。 …何を言っても空しいだけだ。

 交替カードの少なさも含めて、オジェックはこの惨状をどう見ていたのか気になる。 最初からガンバを圧倒できるようなチーム状態でないことは分かってたと思うけど、結果を追求します・と昨日のGGRで言い切ってた身でこの体たらくはキツかろう。 後で詳しいコメントが出るだろうから見てみるとして、今年は昔お世話になった時と比べて時間が足りない上に試合数が多いので監督の立場も飛躍的に難しくなると思う。 何より、もう僥倖で上位に食い込めば許されるようなチームでなくなっている、それが逆に辛い。
 昔は弱くて試合の度にこんな目に遭って切なかったけれど、ちょっとしたプレイに幸せ探しをしてたまに勝った日なんかにはとても嬉しくて、それで3週間ぐらい我慢できたものだ。 そんな日々が遠くなったことはもちろん喜ばしい。 でも純粋にサッカーを観るのが好きだと、他チーム同士の試合を観るより浦和のゲームが楽しみだと、負けを恐れるあまりそう言い切れなくなることが怖い。 何かに乗せられて期待させられてしまう自分が極端に走るのが怖い。 相手の良いプレイに思わず嘆声が漏れてしまう心の余裕が無くなるのが怖い。 そう、去年からずっと思ってきた。

 だから今日、どこかで予想していたような負け方をしてある意味心の枷が取れたような気もしている。 あぁ、我々の知ってるレッズだなぁ、と、変な安心をしたりして(笑)。 このままリーグが開幕してズルズル負け続けたらどうしよう、と、昔懐かしい心配もしてみる。 どうしようもない応援するだけだ、とダンナが言う。 彼は強い。 その強さが羨ましい。

 とか言って、お金と観客に恵まれた「Jを牽引するチームの1つ」に魅入られてしまった者としては今年も文句付けながら応援するしか術はない。 まぁあと1〜2ヶ月は猶予をやるからその間に何とか立て直せよ、と偉そうに(その実結構必死に)願いながらヨロヨロ戦う浦和レッズを見守る予定である。 楽しいシーズンが今年も始まる。 平和に暮らしながらこの季節を実感できる、あぁ幸せ(自棄)。 これアップしたら寝る(逃避・笑)。

 今夜の一曲は…これしかないや、Herbert Gronemeyer(oはウムラウト)の"Celebrate The Day"。 言わずと知れた去年のドイツW杯テーマ曲の英語ヴァージョンだが、今も時々iPodで聴く度にあぁサッカーっていいなぁ、と力が湧いてくる曲だ。 youtubeで探してみたら素晴らしい画像付きで発見したので是非ご覧頂きたい。 特に我らがお仲間のサッカー好きさんは必見(^_^)/。 負けて落ち込んでる時なんか何度も観るといいんじゃないだろうか(それはワタシ)。

 んー何だか少し気が晴れてきたよ(笑)。 頑張りやがれ我がチーム〜♪
posted by らっきー at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。