2007年11月07日

これからも何かが起こるだろう、天国への途中。ACL決勝第1戦、Foolad Mobarekeh Sepahan vs URAWA RED DIAMONDS @Esfahan。

 ちわーす、ACL無敗記録継続中(11試合して4勝7分、SFのPK勝ちは含まない・笑) の浦和レッズをドキがムネムネ倒れそうな気持ちで応援していたらっきー(現在定位置でへたり込み中)です。 あぁぁ、アウェイで1− 1の引き分けならもう上出来だってばあの怖いディフェンスで(どうしてもっと失点しないのか不思議。多分、 興味半分でご覧になっている他チームサポーターの方々から見ればもっと不思議、というか見てて腹立つだろうと思う・笑)。 まぁいいや、 来週は真っ赤っ赤な埼スタで地獄を見るがいいやセパハンの皆さん(って、 イランから来るヒトはほとんど居ないだろう国内在住組ぐらいじゃないか)。

 とゆーか、その前に日曜がJ1第31節の川崎フロンターレ(今日天皇杯4回戦をオトナ気なく、いや危なげなく勝ち進んで意気軒昂、 中村憲剛は出場停止だけど残念ジュニーニョは退場にならなかったよ)戦@等々力じゃないか、あぁもうダメだ、 勝てそうにないのみならず今季アウェイ無敗記録の可能性も風前の灯じゃないか(最終節が降格の決まった横浜FCと日産スタジアムで戦う予定) 。
 ねーえ川崎の皆さん、そちらも中3日でお疲れでしょー? どうかな、ここはひとつ、お互い勝ち点1ずつということで手を打ってみてh (以下略・無理無理セッキー関塚氏がそんな戦略で来るはずがない、全力で叩き潰されるに決まっているのだ。嗚呼)。


 さて、昨日のお話。 ウチの職場では初めてという常勤者会議がお仕事終了後に行われたので参加してきたよ。  先月から常勤になったヒトが私以外にもう一人居て、Eさんというしっかりした女性なのだけれど、あと元々常勤(扱い) だったYさんと他部署のMさんとマドンナと事務長さんの6人で仕事が終わってから1時間半ぐらい、職場の理念や経営状況と今後の計画、 あと現状紹介(関連業者さんや会社組織、勤務体制、NPO法人のネットワーク事務局をボランティアで置いていることなど) についての説明を聞いて、あと勤務上の問題点や提案なんかの吸い上げと調整なんかをした。  今後は連絡会や勉強会なども定期的に行っていくらしい。 将来的にはこの部門で日本一を目指します、と言われる(ウチは既に特殊、 というかある意味日本唯一に近いところがあるけど、質的に・という意味らしい。うひゃぁ)。

 あぁヤバい、来週金曜の午後から勉強会やるから出てくれって言われちゃった (まぁもともと金曜は休みというよりオンコールという意味合いが強いし、時々午後から出てお手紙書いたりしてるんで別にいいけど)。  というか違う、ワタシにその講師をしろ、という話だった(ぎゃー)! 適当にやればいいや、と「分かりました、 原案作って来週前半にはお見せしますんで目を通してください」とマドンナにお返事したら横からEさんが「あ、 ワタシ今までに作ったスライドがありますから、それお貸ししてもいいですよ。あれとこれとそれと、 ぐらいはスタッフさんにも知っていてもらいたいし、あとこのお話もしておいた方がいいですものねぇ」(!)。 そしたらその横からYさんが 「ええそうね、お手紙のベースを作って頂く時に毎回こちらで訂正するのは大変だし、 せっかく意欲のある方が多いのだからしっかりお勉強してもらわなきゃ」(!!)。 …あのぅ、 皆さんでやってもらうわけにはいかないんでしょうかねぇ(そうはいかない。あたしゃこの2人よりたっぷり5年以上無駄に働いてるのだ)。  まぁ仕方ない、お勉強会の講師が嫌いなワタシの人となりは徐々にお分かり頂こう (どうやら自分が頑張るのと平行してやらなきゃいけない事があるようだ・笑)。

 ともあれ8時頃には会議終了。 Mさんは用事があるとかですぐお帰りになり、Yさんも2人のお子さん(まだ小さい) が熱を出しているのでごめんなさい、と退出。 あとに残った我々4人はマドンナの先日からのご希望通り美味しいご飯を食べに行くことになり、 行き先はどこかと思っていたら同じビルの地下だった(^_^;)。 あたしゃ初めてなんだけど、 結構昼も夜も混んでるお店で食事時には人の出入りが絶えないのでまぁ美味しいのだろう、と思ってついていく。  どうやら韓国系だか中国系だかのお店らしいがよくは知らない。 隣の席の女性2人はアジア系の顔立ちだったが、 しきりに英語でお話しされていた。

CIMG4838 お通しとビール。Eさんも私も九州出身なので、 マドンナはしきりに焼酎などを勧めて下さったのだがあたしゃチューハイ以外には全然焼酎飲めない(というか好んで飲まない) のでパス、Eさんは自転車通勤なので今夜はいいですとのこと。結局これがアルコール摂取の全量。
CIMG4841 すき焼き風肉豆腐。お店の中が異常に寒くて、多分冷房が効いているのだろうと皆で結論。 そりゃ鍋も売れるというものだ(ほとんどのテーブルに鍋物があった)。

CIMG4842 なかなか肉豆腐が温まらず、 皆空腹で凶暴になってきたので早くしろとせっついて持ってきてもらった大皿寿司。 白身のお魚の方が美味しかった。
 あたしゃ風邪を引く前からまだ3キロぐらい体重が減った状態をキープしているので、せっかくなら元に戻さずに健康を回復しよう、 と昼食のマイクロダイエットを続けているのだが(忙しいので簡単に継続できている。あまり嬉しくない)、 さすがに少しずつ胃に入る量も増えてきて場の顰蹙を買わないぐらいの食事はできるようになった。 もともと食欲がないわけではないのだ、 食べ始めてからもう無理だって思うまでが早くなっただけで(じゃぁ歓迎なんじゃないのか)。

CIMG4843 今宵のメインは韃靼(だったん)ソバしゃぶ。 ウチの故郷にもソバつゆで豚肉をしゃぶしゃぶするお店がある(ウチの父の職場の隣にもあるので帰省するとよく行く)ので懐かしい。
 まだ空腹だったマドンナがせっかく繊細に盛られている薄い豚肉をガッとお箸でさらって一挙に投入して笑ってしまう。 「あ、 私もイラチなんですよ」とEさん。 私は(短気ではあるけれど)そういう意味では違うかなぁ、 どっちかというとチマチマと一切れずつ投入してひっきりなしにかき混ぜたりする方かも。 あぁコモノの相が見え隠れするでは(笑)。

 先日、マドンナが受けた性格テストみたいなもの(正確にはPCM、process communication modelという名前らしい)の話で盛り上がる。 このPCM、 全ての人の中にある6種類のパーソナリティタイプの多寡と割合によって6階建てのビル(コンドミニアム)に例えて表されるものだと言う。  一番多いパーソナリティがビルの1階部分でありそのヒトのベースになる。  視覚的なイメージで捉えやすいように各パーソナリティは色分けされており、黄色(反応、 好き嫌い)茶色(内省、想像性)青(思考、論理)紫色(意見、価値観)赤(行動、競争)オレンジ色(心情、感受性)という具合だ。
 一般にベースとなるパーソナリティは男性では青や赤、女性ではオレンジが多いのだそうだ。 まぁ分かる。  しかしマドンナがやってみたらベースは青だったそうだ(珍しがられたらしい。皆に「あなたは赤とオレンジだと思ったわー」 と言われたのだそうだ)。 ちなみに2階部分は黄色(通常は子供のベースに多いとされる)で、彼女の御主人が「まっ黄色のヒト」 らしいのでその辺で相性が良いのでは、と分析を受けたらしい。 笑っていらしたよ(御主人も他部門同業者なのだが、 まだお会いしたことがない。面白い逸話をたくさん聞いているので、是非お会いしてみたいものだ。 この間のBBQの時はたまたまご都合が悪かったらしい)。

 要するにこのPCM、 自分を知るという側面と対人関係で悩まないよう相手のベースを推し量ってそれに相応しい対応をしていくためにも使われるのだそうだ。  マドンナの話によると「例えば自分の6階部分の色をベースにしている人と付き合う時には、自分も6階まで登っていかないといけないの。 だから大変なのよ」だそうだ。 1人1万円でこの詳しいテストが受けられるらしいので、 事務長やE先生と一緒に今度質問用紙を取り寄せてもらうことにした。 行動心理学に役立つ、 という勉学的興味より単に面白そうだと思っただけなんだけどさ(でも転んでもタダでは起きないという言葉もあるし)。  受けてみて結果出たらまたご報告予定、お楽しみに(って私の結果を楽しみにしてる読者諸氏がたくさんいらっしゃるとは思わないけど)。  まぁ多分ベースは茶色だよ(予言)。

 と、ここでマドンナのケータイに着信。 大学受験勉強中の下のお嬢さんが予備校帰りらしく、 お腹すいたこれからそっち寄ってもいいか、だそうだ。 こないだBBQの帰りに寄らせて頂いた時にもちらっとお会いして感じたのだが、 マドンナとお嬢さん方はとても仲が良い。 しかも当時のウチみたいに子供達が仮面を被っていない(笑)。 ある意味本当に天真爛漫、 少し批判的に言えばイマドキの子とイマドキの親(必ずしも悪口じゃないよ。ポンポン親に本音を言えるなんて羨ましい部分もある)。
CIMG4844 そのイマドキのお子様がご注文になった品々(酒飲みかい)。しかも健康的で旺盛な食欲、 ときたもんだ。見てるだけでつくづく歳取ったなって気がしたねぇ(^_^;)。
CIMG4850 CIMG4846 CIMG4849 デザートの皆さん(夜10時でも食べる。なぜなら女性だから・笑)。 私とお嬢さんが梅シャーベット、マドンナがおぼろ豆腐の胡麻アイスパフェ、Eさんと事務長が…これ何が入ってると思う? 中の写真も撮ったんだけどピンボケだったんで省略ごめん、実は杏仁豆腐なのだ。お洒落〜。

 お嬢さんもお母さま(や我々)と同じ職業を目指していらっしゃるとのことで、色々質問攻めにあった。  その内容がまたイマドキの子らしくて可愛くも面白い。 質問はプライベートにまでズバズバと及び、 あたしゃダンナとパソコン通信で知り合って自分からプロポーズしたことと糊代(のりしろ)の件を白状させられ、 Eさんは大学で水泳に熱中しすぎて1年余計にお勉強したこととバツイチ同士の結婚で現在新婚さんだということを白状させられていた (知らなかったw(゚o゚)w。びっくり)。 え、のりしろって何だ、って? いやまぁそのぅ、 人生を切れ目なく繋ぐために必要なものさ(笑)。
 とか笑いながらお食事終了。 階段を登ればいつものビルの入り口で、Eさんは飼い始めたばかりの愛犬が待っているからと辞去。  職場に傘を忘れたことに気付いた私は他の面々と一緒に3階まで戻る。 事務さんがまだ2人で必死に仕事している (書類チェックの時期なのだ。彼女達の働きのおかげで最近返戻が激減しているらしい。プロフェッショナルというのは凄いねぇ)。  もう10時半になろうというのに偉いもんだ。 「明日も早くから出勤するならこの近くにホテル取ってあげるわよ、 ゆっくりお風呂入って休憩してまた明日頑張ったら?」とマドンナが提案し、 帰りたくもあり明日の疲労も考える2人が悩んでいるのにしばらく付き合っていたがなかなか結論が出そうになかったので傘を取ってきて 「それじゃまた〜」と退社してしまったよ(^^;)。 お嬢さんと手を振り合ってお別れする。 お勉強頑張ってくださいね〜 (あぁ私もあの頃本ばっかり読んでないでもっと勉強していれば違う現在があったかもしれない。いや、それじゃダメなのだ。 今ここに居るということが大事なのだ。ね?)。

 というわけで今日の話は冒頭に書いたサッカーネタぐらいにしておいて、今夜の一曲は鋭い方なら既にお分かりかもしれない、 Phil Collinsの"Something Happened On The Way To Heaven"をお届け。  印象的なイントロ(局地的にはC# minorだ♪…実はE Majorなんだけどね) から元気一杯に繰り出される伸びやかなハイヴォイスが聞こえただけで嬉しくなってしまう。  節回しもメロディも1000%フィルっぽい(^_^;)。
 歌詞はココ。  何通りにも解釈できそうな詞で、事実手元にあるCDの対訳はイマイチ抽象的でよく分からなかった。  ワタシの考えるところではこれは自分の出来心が原因で恋女房が怒って出て行ったのを追いかけてって「逃げても隠れてもいいけれど、 僕はやっぱり君がいないとダメだ、一緒に帰ろう」と唄う男の歌だ(笑)。 本当かよ(いや責任は持たないけど)。

 大体フィル・コリンズのアルバムってのは(Genesis時代からそうだったけど)ストーリー性のある曲が多い気がする。  居眠り運転で女性を轢き逃げしてしまい、事件を報じるニュースに怯えながら俺は人生を夢の中で駄目にした、 生きている間はあのイメージに悩まされるのか、と唄った"Dreaming While You Sleep"や、 環境破壊や戦争などで母なる地球を蝕んできた人類にまだ時間は残されている、 正しい事と間違った事があり弱者があって強者があるのが世の習いで昔からそうして地球は回ってきた、と唄う"Way Of The World"など、重たいテーマを扱ったアルバム 「We Can't Dance」は商業的な成功こそ収めなかったと伝えられているけれど、私の大好きな一枚だ。 あれ、 これ昔ちょっと書いた気がしてきたよ(特に調べない・笑)。

 …さて、それでは明日もお仕事なので今夜はこの辺で。 夜は自由が丘で美味しいディナー(またかい)の約束をしているので、 皆様には写真なんぞをおすそ分けする予定(ごめんね♪)。 あー負けなくてよかった(書きながらも気にしてたらしい)。  おやすみなさ〜〜〜い(実はすっごい累積寝不足中。全然昼寝する時間が取れない。 今朝なんかミルクティー飲みながら寝そうになってて驚いた。というか危ないので気をつけよう。ぐんにゃり)(^_^)/。

posted by らっきー at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。