2005年09月05日

パラダイスと楽園という言葉の関連はミルトンと渡辺淳一にも似て。というか平井堅の「楽園」について書いてみる。

 あーた失楽園って、豊島園の親戚みたいに(ごめんなさいあたしゃ渡辺淳一の本を読んだことがないのでこれ以上は何も言わないさ)。 先日私の好きな調性について書いたので、愛する嬰ハ短調の一例を挙げようと考えてみて何故か真っ先に浮かんだこの曲からの連想ゲームを少し。 すまんね今日は職場泊だし日中ずっとお仕事で他に何のネタもない生活だったさ。

 「大きな古時計」の復権にも一役買った(?)平井堅を私が知ったのがこの曲だった。 昔から音楽活動していたらしいけどR&Bには詳しくないし知らなかったんだよねぇ。 とにかく流行って、FMではヘビーローテーションだったらしいけど、最初に聴いた時すっごい衝撃を受けたのを覚えている。 もちろん歌が上手だし声もいいし、曲のアレンジもイマ風でサビもキャッチーで流行る要素満載だけど、実はこれ「楽園」じゃなくて「失・楽園」の歌なんだ(歌詞をご存知でない方、勝手に転載できないんでココをご参照のこと)。 最初はとにかくそのタイトルと歌詞世界のギャップに感心して聴いてたらどうも気になる感覚が背筋を…あぁ、C# Minor的感覚さ(説明不能)。

 カーオーディオにCDを突っ込んで、どこのFM局よりヘビロテしていた時期もあったぐらいハマりましたはい。 ややメロドラマティックで切なくて、なくした何かを抱えたイイ大人が2人で居るんだけどそこから何処へも行くことがない、そんなイメージは私に言わせるとこの調にしては珍しく退廃寄りで芯の強さを感じないんだけどもう一つの特質である物語性(卑俗にするとドラマミュージック的になるわけだが)は余すところなく発揮されているんだよね。 いやソレが何だと言われるとアレだけど。 ちなみに芯の強そうな女性が歌う芯の強い曲についてはまた今度(^^;)。

 というわけで、時々嬰ハ短調の実例について書き散らかすと話題が無い時にもBLOGが更新できることが分かったのでまたよろしくだ(笑)。 チラシの裏(自分にしか関係の無いつまらないこと・ぐらいの意味)失礼、裏ついでに書いておくとこのヒトの曲で「あぁコレいいなぁ」と思うのは殆ど他人が作詞作曲したヤツd(以下自粛、ファンの方お許しを…歌唱力表現力ルックス雰囲気ともかなり評価ポイント高いです別に悪口なんかじゃ・退散)。

 昨日の大雨に引き続いて南からの招かれざる客が日本列島を直撃しそうになってて、しばらくはあちこち悪天候とのこと。 こんな日は臨時の仕事が増えやすいと経験上分かってるのでこれアップしたら早寝の準備しよっと。 ぢゃーねー。
posted by らっきー at 21:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。