2007年11月28日

Remember 11/28...あの涙のJ2降格が8年前の昨日だったのをもう忘れたのか、と言いたくなる酷い試合に脱力してしまった水曜の夜。嗚呼。

 いや、今日はサッカーネタじゃないから(^_^;)。 あ、一つだけあった、昨日は我々の現在(唯一の・笑)希望の星、田中達也選手の25歳の誕生日だったんだ。 TVの前で呆然と座っていたあの日から、もう8年経つなんて時の流れは何と速いのだろう。 あの11月27日、ウチには我々夫婦の共通の友人(兼私の元カレ)が遊びに来ていて一緒にTV観てたんだ。 目の前で繰り広げられる信じられない展開に、目の前がうっすら涙で霞んだのを今も覚えている。 一旦うまく回らなくなってからいくら頑張ってもどうしようもない事もある、と知ったあの時を思い出させるような今日の天皇杯5回戦に、後半早々から(1失点する遥か前に)もはやその後の展開が透けて見えて我々は言葉を失っていたよ。 J2リーグ13チーム中10位の愛媛FCに完敗した、つい2週間前に戴冠したアジア王者かつJ1リーグ首位で最終節直前の我々。 崩壊の序曲はいつも、懐かしい匂いと共にやってくる。


 今日は朝からスポーツクラブの日なのにまたまたうたた寝してて起きたら真夜中(^_^;)。 結局ダンナの出勤お見送りに失敗して朝から不機嫌なまま朝食を摂り、朝ドラを観て大地宅配の注文書を記入していたらいよいよ時間がなくなってきた(10:10からラテンビート45のクラスがあってそれには絶対出たいのだ)。
 でも今日はもう一つ探し物をしないといけない(^_^;)。 先日落っことして壊したデジカメ(と、元々その前に家の中で落っことして電池蓋が取れちゃった先代)を修理に持って行くつもりなので、保証書を探さないといけないのである。 悪戦苦闘し10分後に無事発掘(どうしてこんな所に・笑)。

 しかも午後から仕事絡みで初対面のヒトと面談する予定があったので、一応スーツでも着るか、とクローゼットを漁って久しぶりのパンツスーツを引っ張り出してみる。 ネイビーブルーに白いピンストライプが入ったラルフのもので、確か大学を卒業してから母が買ってくれた(あたしゃ自分では外出着は買わない)。 服のセンス皆無のワタシに代わって今まで面倒を見てくれた母も、姉に似ず自分のスタイルを確立している妹も、私にはパンツルックの方が似合うと言うのだけれどあたしゃ絶望的にスカートが好きなので困っている(^^;)。 だってわざわざ世間の男性と同じ服装をすることはないじゃないかよー、モデルさんみたいに格好良く穿きこなせるならともかく(不満)。 可愛いスカートはいてるんるん歩くヒトで居たいんだよワタシはー(無理ぽ・笑)。
 まぁ朝から不平不満を言う時間もないのでおそるおそる試着…あぁ入った(安堵)。 ありがとー風邪ダイエット(^_^;)。
 それやこれやで家を飛び出したのが9:50過ぎ、あぁヤバい9:55発の電車が目の前で行ってしまったよ(間に合わなかったらどうしよう、と不安が)。

 結局10:01発に乗り、ホームに着くが早いかダッシュして10:05に入館(駅前・ネックは信号ぐらい。それほど待たされなかったのが勝因)。 慌てて着替えて滑り込みセーフ、あぁ始まる前から汗かいちゃったよ(^^;)。
 いつものレッスンを楽しく受け、ストレッチをして自転車漕ぎ35分にブルブルマシン10分に踏み込みマシン20分、最後にまたストレッチをして12時半過ぎに終了。 寒くなってきたのでシャワーだけじゃなくてサウナで長めに温まろう・と脱衣所で服を脱いでいると隣のヒトが何だかこっちを見ている。 横目で窺ったら時々声をかけてきてくれる童顔のおばちゃん(可愛らしい感じだけど多分私より少し年上。日本語のアクセントがどことなく独特なので、日本暮らしの長い中国系の方なのではないかと密かに踏んでいる。錦糸町あたり多いし)だった。

 ちゃんと顔を向けて、こんにちは・と挨拶しながらバスタオルを巻いてシャワーの方へ行こうとしたら、「私忙しくて1ヶ月来られなかったんだけど、何だか(あなた)体つきが締まって顔がつやつやして綺麗になったわね」と言われた。 こういう褒め方って日本人っぽくないよねやっぱり…じゃなくって、ひょっとして今ワタシ褒められた!? いきなりそんな事言われるとは思わないから驚いて「え?そうですかー?」と声が裏返ってしまったよ(^_^;)。

 「ええ、なんか変わったわね、いい感じよ。やっぱり私もサボらないで続けなきゃダメねー」と言ってもらったので、単に風邪で体重が減っただけなんですが、とバラすのも躊躇われて「はぁ、ありがとうございます」と間抜けな返答をしてそそくさと挨拶してシャワー室へと向かった私。 何だよ、入会して7ヶ月あんまり変わらなかったのにやっぱり運動がきっかけじゃなくたっていいんじゃないか減りさえすればさぁ(八つ当たり・笑)。 とゆーか顔のツヤなんか運動して上気してただけじゃないか(年齢なりのお疲れは自覚している今日この頃)。

 ただ、少なくとも元には戻すまい、と密かに決意p(^_^)q。 物心ついて一番体重が軽かったのは28歳の頃、仙台への赴任が終わるのでスポーツクラブを卒業した時だったんだけど、さすがにこの頃はバリバリの標準体重さんだったんで生きてて楽しかったよ(持続は短かったけどさ・笑)。 何しろこの時にパソコン通信のオフ会で初めて会った人に「らっきー(仮名)さんは小柄で華奢な方でした」と報告書き込みをされたんだぜ(こらソコ笑うとこじゃないぞ。後にも先にも一度きりだ)。
 …あーあと5.5Kgかぁ、辛いなー(もう年齢的に無理かも。とゆーか無理するなワタシ)。

 それでも、その後の道のりを後悔してはいないよ。 もし今目の前に親切な神様が現れて、「一度だけ、お前が望む時点に人生を戻してその後は白紙にしてやるからそれ以降の道は自分で切り拓け。さぁいつにする?」と言って下さったら多分私は間髪入れずに「ありがとうございます。でも、今のままで結構です」と答えると思う。 ものすごく幸せで満ち足りて有意義な人生だったわけではない。 けれど、今まわりにある全てのものが昔からの繋がりで呼び込まれたものである以上、どれ一つとして欠きたくはないのだ。 自信を持ってそう言えるのは或いは幸運、なのかもしれないけれど。

 (とここで心の声。どうせなら先週土曜に時間を戻して浦和レッズの健闘をもう一度祈ってみたらどうだ…って無理だろうそれは〜)


 話は戻って。 サウナでたっぷり温まった後、髪の毛ブローして着替えて出てきた。 うーむ、そろそろヘアカットもしないと鬱陶しくなってきたなぁ、担当にーちゃんには優勝が決まる頃行きますって言ったから来週には行かなきゃ嘘つきなんだけど(義務かい)。
 秋葉原のカシオサービスセンターは駅からヨドバシカメラを通り過ぎて昭和通りを渡って向こう側、地図を見て歩いたらすぐ着いた。 2種類のEXILIMを出して状況を説明する。 先代の方はすぐ上蓋をカチャッて嵌めてもらえた(特に故障じゃなくて、外れるとこうなるんです、とのこと。良かったとゆーか自分で気づかなかったのはちょっと恥ずかしいとゆーか)。
 こないだ落とした方はやっぱり手ブレ防止機構のユニット故障ということで、分解して部品を交換しないといけないらしい。 部品代を含めた修理費用は12600円、通常の使用での故障ではないので今朝あれだけ探して出てきた保証書も関係なしとのこと(涙)。 背に腹はくっつかない…じゃなくて代えられないので了解する。

 宅配便でなく直接引き取りを希望したので、今日はお預かりになります、修理できたら電話しますよ・と言われて依頼して出てきた。 次はSONYのサービスステーションだ(蔵前橋通りまで歩いて駅の反対側に出る。徒歩10分ちょい程度)。
 壊れたノイズキャンセリングイヤホンの保証書が出てきたんだけど、購入日は今年2月だった。 なんだ9ヶ月で壊れちゃったのか、そりゃひどい(まぁガサッとバッグに突っ込んだりするから丁寧に扱ってはいないけど)。

 こちらは窓口が4つぐらいあって全員若いお姉さんが担当している。 いま首に提げてるヤツを指差して「コレと同じイヤホンの修理をお願いしたいんですが」と現物と保証書を出す。 なんか変な機械に繋いで左右のイヤーピースを耳の近くに持っていって「あぁ、こちらはほとんど音が出てませんねぇ、すごく小さく聞こえます」と無事(?)症状再現。
 「修理でなく新品との交換になりますが、よろしいでしょうか?現在こちらには現物がありませんので、お取り寄せになりますが」と訊かれる。 はいよろしいですとも(嬉)。 でもSONY、イヤホンならそれでいいけど昔ウチのデスクトップ君が起動しなくなって引き取り修理を依頼したら「マザーボード全部交換しました♪」というメッセージと共に戻ってきたことがあっておいおいお前んとこはパソコンメーカーじゃないのか、と思わず突っ込みを入れてしまったことがあったぞそういえば(^_^;)。

 お姉さんがパソコンで受付伝票を作成してくれて、こちらでも電話連絡を依頼して修理行脚終了(^_^)。 その後は面談場所に向かう途中で最寄り駅前のAntendoでお惣菜パンとダンナへのお土産と自分用の甘パンなんかを買って持ち込み、面談前に昼食を摂って血糖値を上げてからちゃんと話を聞いてきたよ。 仕事内容についてはまだ固まってないので詳しく書きようがないんだけど、馴染みのない範囲なのでこれから勉強しないといけなくなってしまった(^_^;)。 まぁ頑張ります(と曖昧に挨拶)。


 サッカーの話は書かないという約束なので(笑)今夜の一曲は坂本教授の"1919"。 単に畳み掛ける暗さが今の気分ちっくという理由(多分・笑)。 誰だペダンチックとか悪口言うヤツは(結構堪える打たれ弱いワタシ。とゆーか違うぞ)。
 ダンダン・ダダンダン、とピアノを叩くだけのヴァージョンを持ってるんだけど、このyoutube映像はストリングスとの絡みで若干おとなしい雰囲気に仕上がっていてそれはそれで美しい。 やっぱりピアノ曲には思い入れがあるので、毎年今頃の時期にやってる(今年もそのはずの)矢野顕子さんの「さとがえるコンサート」のチケットが抽選に外れて手に入れられなかったのが改めて悔しい、秋の夜長のらっきーなのであったよ、と(^^;)。 あーもうサッカーの話を書かないと話が短いなぁ(笑)。 もう寝るおやすみなさーい(投げやり)。
posted by らっきー at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69916766

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。