2008年01月05日

さて、泣いても笑っても今日からまた今年もお仕事始め。働くのは世のため人のため、いやきっと何より自分のために。

 こんばんは、 まだ松の内とはいえ昨日からお仕事の方も多かったと思うので世間的には正月気分もそろそろ飛んだ頃ではないかと思うのですが如何でしょうか、 今年も徹頭徹尾みなさまのらっきーですm(_ _)m。

 舌の根も乾かぬ先からまたご無沙汰してしまったので(^^;)、簡単にこのお正月の模様を振り返ってみる。
CIMG5460 東京の初日の出直前の富士山。画面上方はゴミ、じゃなくて多分飛行船。 日の出前からずっと飛んでた。

 えっと、元日は夜中までお義母さまのところではしゃいでたんで結局御来光を拝んでから寝ることになってしまい、 必然的に起きたら天皇杯がキックオフしていた(新年早々自堕落)。 とゆーか起こしてよダンナ、すぐ鹿島先制してたじゃーん (超ウルトラスーパーがっかり)。
 まぁそんで11冠目とやらを拝まされて、近所にお散歩がてら出かけて買い出し(最近はお正月も休まないんだ近所のスーパー。 変な感じだったよ)、1階のポストで新聞(オートロックの関係上三が日は玄関まで届かない)と年賀状を回収して雑煮を煮て食べて、 恒例のウィーンフィルニューイヤーコンサートを観て、 あとはTVの変なバラエティを次々に観ているダンナに別れを告げて自室のパソコンで色々やりつつ終わってしまったんだ。 うーむ、 四十路のやる事かね(いやまぁそのぅ)。

夜、今年の初花火を観たので皆様にもお届け(動画出るといいんだけどなぁ、TDRの年明け花火だと思うけど)。

 そんで2日は無理やり8時に起きて箱根駅伝観て(タッチの差でスタート見逃した失敗)、 前回優勝の順天堂大がアクシデントでむちゃくちゃ順位を下げたのを見ては心配し、 お気に入りの駒澤大を応援しつついやぁ山梨学院大最初の留学生さんだけ早かったなぁとか早稲田のエース凄いねぇとか感心しつつお昼過ぎ。  今度は高校サッカー選手権が始まるので続いてそっちを(お正月のスポーツってのはいいねぇ、 何がいいってバラエティ番組にはもう食傷だからねぇ←よほど嫌いらしいワタシ)(^_^)。 お雑煮に飽きたのでカレーを煮て (お正月もカレー♪・ってCMに刷り込まれている気がしなくもないけど)、ジャケットを買いに行ったはずのダンナが空手で戻ってきて、 ベランダで夕焼けを観て、やっぱりお正月の東京って美しいなぁ、と改めて感心したんだ、そうそう。
CIMG5480 澄んだ空気に混じっているのはお正月の賑やかさと怠惰と、ほんの少しの決意。 それを引き立てるように空は細かい雲を少し散らしてみせて。

 3日は箱根駅伝の復路観て、結局9区で逆転した我らが駒澤大の快挙に喜びつつ前日のカレーを食べて、また高校サッカー観て、 夕方に錦糸町の丸井までダンナのジャケット見に行って結局隣の青山で一着ゲットして(もっとちゃんとしたの買いなよって勧めたのに、 キャツは基礎代謝が高いらしく生地が薄手じゃないと歩いてて暑くなってダメらしいのだ。あームカつく体質ー・笑)、 福袋の1つもゲットせずに帰ってきた。 というか、福袋は一昨年で卒業したよって何気なく言ったらダンナが驚いて「えぇっ、何か買ってたの? 」だってさ(ヤバい知らなかったんだっけ・ 笑)。 慌ててごまかす(^_^;)。 夜はお蕎麦を食べ、ふと思い立って夜9時前からそうだ冷蔵庫にカボチャが、 とパンプキンタルトを焼いてしまった。 ダンナの知人のO型夫婦(子供も皆O型。当たり前だけど) は夜中に買出しに行ってステーキを焼いたりするそうだけど、ウチも人のことを笑えない家庭である(今回は主に私だけど、 ある日突然夜中に一つのテーマについて大討論会が始まったり誰かの曲を徹底的に聴きまくってわいわい感想を語り合ったり唄ったりする会が始まったり、 棚の漫画を次から次に取り出してここの場面はあーだこーだ、これはココの複線じゃないのかいやその前から云々、 とか激論を戦わせる会が始まったり、と本当にしばしば馬鹿夫婦なのだガッデム・笑)。

 そんで昨日、1月4日はNHKの朝7時のニュース「おはよう日本」のスポーツコーナーで鈴木啓太のインタビューがある、 との情報を得ていたのでまた早起き。 何だかダンナの部屋からも目覚ましが聞こえて微笑ましい(キャツは夜型だからね)。  まぁそつの無い受け答えが得意な啓太のことだから心配はしていなかったが、さすがに朝のお茶の間に出られる程度の髪形 (長髪をぼうぼうさせずに撫で付けました、程度・笑)でホッとしたよ(^^;)。 去年は全部で64試合に出たんだそうだ、あまりに凄い。  今年の岡田ジャパン(この言い方、未だに慣れない。私は岡田監督を嫌いではないが、 また代表を任せる楽しみというものをあまり感じないのだ)でも柱になるであろう存在、みたいな取り上げられ方をしていて、 この選手をアテネ五輪予選チームのキャプテンにしておきながら本番で代表から外した元ジュビロ監督でもある山本某氏 (全然伏字になってないな)の慧眼に改めて感動する私であったよ、と(人間力・という言葉はこの人のためにあるのだ、と一部では有名)。  あ、ちなみにNHKさん、「浦和レッズでもキャプテンである鈴木選手」っていうのはウソだから、 単に山田暢久が怪我で最後の2ヶ月出られなかっただけだから(^_^;)。 と突っ込んだレッズサポーター、 多分いっぱい居ただろうなぁ(笑)。 とゆーか今年のキャプテンは誰なんだろう、まさか本当に啓太だったりして (今月下旬までは判らない予定)。

 世間の外回りサラリーマンのヒトに混じって朝からスポーツクラブへ。 通常営業最初の日(3日は遅い時間から変則営業だったらしい) だから混んでるだろうなぁ、と覚悟して行ったのに、大して混んでなくて拍子抜けだった(いつもと同じかやや少なめぐらい)。  年末はサボったりもしてたので無理しない程度に運動したんだけど、考えたら読みかけの「Anne of Windy Poplars」 (赤毛のアンシリーズ4作目)をロッカーに置いて帰ってたんだよねぇ。 自転車漕ぎながら読むんだけど、 久しぶりだったんで何だか懐かしくて、ふと持って帰っちゃおうかなぁと思ったぐらいだった(いや、 これはモチベーションのために置いてあるんだから忘れずにまた通え、という意図なのだ)。
 ちなみに知ってるヒトあんまりいないだろうけど、今読んでるのはアンが婚約時代に教師をやっていたサマーサイドでのお話で、 幅をきかせているプリングル一族に目の敵にされて苦しんでいるところ (一族の誰かが教師に応募していたのにアンが選ばれたのを逆恨みしての街ぐるみのイジメだ。凄い)。  もちろん何度も読んでいるのでこの先の展開は知ってて、でも何度読んでもやっぱり描写は面白く素敵でどきどきするのだ。  墓地を散歩していて非プリングルの名家のおばさんに昔話を聞いてるところで自転車が時間になって、 あぁココで得た情報で逆転勝利するんだったっけ、と続きを読みたくて仕方ないまま心ごと置いてきてしまったのだった。  分かりました来週水曜にまた来ます(しぶしぶとお別れ)。

 いい加減に初詣に行こう、とダンナと最寄り駅で待ち合わせてまずは腹ごしらえ。  まだお休みのヒトも多いと見えて世間はそぞろ歩く人々(主に老齢者)でいっぱいで、どこのお店も割と混んでいた。  おそばかうどんにしよう、と思ってたのに、結局また丸金ラーメンになってしまったよ(いやいいです、 あたしゃココのラーメンが東京一好きなんで。ってトンコツベースなんだけどさ)。
IMGP0376 IMGP0380 新メニューの「鶏そば」。さっぱり味は大好きなので、取りあえず注文(^_^)v。
 とりそば、と言えば前の家が環七ラーメン街道沿いで、すぐ近くに5,6軒ラーメン屋さんがあったんだけど、 その中に鶏そばがとっても美味しいお店があって、あっさり食べたい時にはよく通ったものだったよ。 塩味スープが澄んでて、 滋味溢れる美味しさなのだ。 風邪なんかすぐ治っちゃうね(薬膳とまではいかないけど、食というのは治療だなぁ、 と改めて感じるのだこういう時には)。
 そんでココの鶏そば。 少し脂の量が多めだけれどスープ自体はすんなり口に入り、細麺との相性も良い。  とろりとした半熟卵半分と香ばしく焼いた鶏の照り焼き3切れとこりこり軟骨入りつくね2個と水菜と白髪ネギが乗っていて、 どの具も美味しい。 うーん、いい感じ(^_^)。 また忘れた頃に食べに来ようっと (天神さま以外にあまり用事がない場所なのがちょっと残念)。
IMGP0379 焼き餃子は1つ1つが小さいのでどんどん食べられる。これ好きなんだよねぇ (1人1皿ずつ完食)。
IMGP0375 ちなみに普通のラーメンはこんな感じ (ダンナは煮卵トッピングが好きなのでこれで750円)。

 ここから天神さままでは徒歩1分(^^;)。 まだ結構参拝客が居て、最後の階段のところは結構な列ができていたので並ぶ。
IMGP0386 こんな感じ。うへー(^_^;)。
 例年、お賽銭を弾むと浦和レッズの成績が良いので(それは単にここ数年お賽銭を弾んでるだけなんだけど)、 今年もお財布の中で一番綺麗でぴかぴかした大きなコインをえいっと投げて2人で2礼2拍手1礼、真剣にお祈りしてきた。 あと、 例によってワタシの周りの人々の幸福と世界平和と、あと敵のヒトにも温情程度のお恵みを、と。 …あぁっ、 家内安全をお祈りしてくるの忘れたでは(いつものこと・笑)。 だからいつも安全じゃないのかー (家の中で散乱したモノに足の小指をぶつけて暮らしている我々・いやそういう意味では)。

CIMG5527 今年もおみくじを引いてみる。中吉。ありそう(笑)。
 ココは菅原道真公を祀っているところなので、「菅公御歌」として一首記されているのが特徴だ。 「海ならず たたへる水の底までもきよきこころは 月ぞ照らさむ」…なになに、 『今は人のしらぬ胸の苦しみがありますがさわがず信神して時の来るのをまち身をつゝしんで行いを正しくすれば必ず幸を得る時が来ます (原文ママ)』? うーむ(ただ唸るワタクシ)。

 それで裏側にはまた別の御歌が載っているのだ。 「心だに 誠の道にかなひなば いのらずとても 神やまもらむ」。  その下には神の教、というコラム(とは言わないか)があって、そこにも文章が記されている。 どれどれ、あ、最初の御歌の解説かな。
  「恨むおもいは炎となって人も己が身もやきつくす
 波立たぬ平らかな心の海には、神様の御光りが澄み入って清々しい。人を恨み、憎む心は、先ず我が胸をこばして、炎となり、 刃となって先方をきずつける。それが又目にこそ見えね 木霊の様に再び自分に返り来つて身を害なう。まず恨みの炎を打消し、 心の波を静めよう。(原文ママ)」

 …えーと、あたしゃ何ですか、なんか物凄い誰かを恨んでるみたいに書いてありますけど(^_^;)。  神様は何かを観ていらっしゃるのかもしれないので、 もともとあまり恨んだりはしない性質だと思ってたけど今年は特に気をつけることにしよう、と思ったことであったよ。  あぁおみくじって恐ろしい(>_<)。 待ち人は来ないし旅行は十分ならずって書いてあるし(はいはい)。
IMGP0396 心字池にかかる三つの赤い橋は一つめが過去で二つめが今…(♪さだまさし「飛梅」より。 あれは大宰府の話だ。本家本元の天神様だね)。

IMGP0401 地元の小さな神社の境内に続く道。
 写真だと判らなくなっちゃうけど、商店街に吊るされている新年の飾りつけがキラキラと日光を反射して昔懐かしい美しさを放っていた。  ひょっとしたら信心とはこの程度のもので良いのではないのか、とお参りしながら改めて考えてしまったよ。

 夜は昨日と今日の2夜連続でやってた特別企画ドラマ、「のだめカンタービレ」のパリ編を観た。 この年末年始、 第九だのジルヴェスターコンサートだのニューイヤーコンサートだのをいっぱい観たから、というわけでもないけど、 改めてクラシック音楽の荘重さ、楽しさ、良さを感じたドラマだった(もともと連載中の人気漫画のドラマ化なんだけど、作者の二ノ宮さんは… 全然関係ないけど密かにサッカー好きで浦和好きだ、 作中にマラドーナ音楽コンクールとかプラティニ指揮コンクールとか出てくるしドラマには出ないけど内舘秀美さんとか名前付けてるし… この漫画を通して若い演奏家たちの苦悩や音楽への希求をうまく描いていて、全体にはドタバタ劇なんだけど読んでいてとても共感できるのだ) 。 そのエッセンスはドラマにもちゃんと受け継がれていて、ファンが観ても腹が立たない。 多分、制作関係者に凄いファンが居るのだと思う。  台詞もほぼ原作通りの箇所がたくさんあり、 短縮するために仕方ない切り貼り以外は全体の流れをうまく汲んであるのも好評価に繋がっているのだと思う (少なくとも我が家ではそういう意見)。

 第1夜はパリ留学から千秋の指揮コンサートまで。 この漫画を千秋カンタービレだと評する人が多い理由が解るよ(笑)。  キャストの玉木宏、髪型だけは合ってるなぁって最初に思ったけど元々の真面目さとユーモラスな部分がうまく生きててイイわ。  のだめ役は上野樹里って聞いた時から楽しみにしてたんだけど、まぁこれがハマってることったら(特に今日の第2夜、 コンセルヴァトワールで周囲についていけずおまけに夢に観た千秋との競演デビューを若手ピアニスト孫ルイに先んじられてホタル化するのだめを演じた彼女の雰囲気にはお腹を抱えて笑ってしまった。 上手だわー、というかひょっとして地の性格にそういうのがあるんじゃないのか樹里さん)。

 それにしても音楽はイイよねぇ。 クラシックだって今じゃ古典でございって祀り上げられてるけど、 当時は人気作曲家が書いた流行りモノだったわけで、それをお金持ちが争って自宅のサロンで演奏させて楽しんでたのが庶民に降りてきただけで。  当節のライヴDVDを家で観るのと全然変わらないじゃん(^_^;)。
 私が音楽を好きな理由の大きな一つが、「その曲を聴いている間は色々なキャラクターになれる」こと。  宗教に身を捧げる敬虔な若者にもなれるし(また余談だけど私の大好きなアンドレ・ジイドの「狭き門」 という小説に出てくるジェロームという青年、あれを思い出すのだ。親戚のアリサへの淡い両思いに悩みながら、 恋より神を選んで病魔に斃れる彼女を送る彼の描写が印象的な作品で今もお気に入りだ。「ほんとに、求めなくてはならないのは、 心の解放ではなく、その高揚ですわね」「神は我らのために勝りたるものを備え給いし故に、彼ら約束のものを得ざりき」 といった一節が高校時代の私に与えた影響は…少なくとも観念的には…大きかったと今でも思うのだ)、蓮っ葉な売笑婦にもなれるし、 禁断の恋に溺れる背徳者にもなれる。 もちろん、可愛い女の子にも悩める男の子にもなれるし、 失ったものを思い返しながら公園のベンチで座り込むお年寄りにもなれる(あ、これは音楽聴かなくてもなれそうだけど・笑)。 よく役者が 「演じている間はその人そのものになる」という体験をするそうだけれど、ノイズキャンセリングヘッドホンで音楽を聴きながら通勤している間、 私は数分ごとに違う人間になっているのだ。 観る景色も街の色合いさえも変わって見えるから面白い。

 調性に拘ったり(全ての調が私にとっては何かのイメージになっているんだもの仕方ないよね) ライヴよりも完璧なスタジオテイクが好きだったり、 杓子定規な自分なりに妙な判断基準はあったりするけどとにかく音楽というものは私にとって無くてはならないものであり、 だからもう聴覚を失わない限りどんな老体になっても死ぬまでずぅっとそのうちの何かは周りから離れることはないのだろう、と覚悟、 いや楽しみにしているところだ。 No music, no life.  Anywhere, anytime.
 今夜の一曲は矢野顕子さんの「ひとつだけ」。  物真似で有名な清水ミチコさんが大の矢野顕子さんファンだ、というのは今夜やってたTV番組で初めて知ったのだけれど (多分よく知られた事実なのだろうが)、彼女達が2台のピアノでこの曲を演奏するところが流れて、あぁいいなぁ、って思ったので (この模様もyoutubeに上がってた。コレとか)。  1999年ver.だ、と断りを入れておかないと、アッコちゃんの場合演奏する年代によって全然アレンジが違うので要注意だよ (いや下手すると毎回違う。当然のように・笑)。

 あーなんか長くなったんで、今日の仕事始めの話題はもういいや(笑)。  しかも実はこのエントリもアリバイ更新だって写真のタイムスタンプからバレバレだし(気付いた人いたかしらん)(^_^;)。 とにかく、 思ったよりは辛くない半日勤務でした、と報告するに留めておこう。 今日、いや明日(^^;)はダンナの誕生日 (ようやく大台だぜゐぇーゐ♪)なので、彼がずっと欲しがってたレンズを買いに出かけようかな、などと考えているところである。  今年も仕事と遊び、そして自分育てといろんなコトに挑戦していかなきゃなー、と考えられるうちは私も大丈夫だろう多分(まぁ)。  それぢゃおやすみなさーい、最後のお正月休みを楽しく使ってねー>みなさまm(_ _)m。 今年もどうぞご贔屓に〜 (あんまり頻繁には更新しないと思うけど〜・コラ)。

posted by らっきー at 23:54| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年初なので「あけましておめでとう!」とか言ってみるけど、もう今日は鏡開き。
他人の作ってくれるぜんざいを心待ちにしている妹です。(絶対自分で作らない)
えー、年末ぐらいに、べこんと音がでるぐらいに
ヘコむ出来事があり、やっと立ち直ってきました。忘却とは有難い作用ナリ。

「のだめ」、再放送で最近見はじめました。面白いんだけど、千秋が「のだめ」に振るう暴力シーン(?)がどうしても気になって、途中でメゲそうです。
#漫画的表現だと解ってはいるのだけど。(^^;

新しいお仕事、順調な様ですね。大変なこともあるようだけど、がんばってね。
あ、母に頼まれて住所調べたとき、見ましたよ・・・職場のHP。(笑)
Posted by 妹 at 2008年01月11日 10:28
.
 お久しぶりー。 年賀状ありがとうねー(随分大人の顔になってきたねぇボクちゃん)♪
 ウチもあずき缶とパック切り餅はあるんだけどなぁ、おぜんざい作ることかどうか(ミルク入れると美味しいんだよ、って昔母がやってたよねぇ)。

 先日、母の誕生日に長電話しました。 ダンナ様が体調を崩していらしたそうで、ひょっとしたらそれも関係あるのかな?

 凹む出来事、誰にもあるもので。 私も年明けから色々考えてたんだけど、まぁなし崩し的に頑張ろうという気分になってきました(笑)。 どうせできる範囲のことしかできないんだから、無理したって仕方がないのです(^_^)。 お互いがんばろー。

 おや、「のだめ」って再放送してるの? そっちだけかと思ってダンナに確認したらBSでやってるよ、とのこと。 知らなかった(本放送で観てたから)。

 暴力シーン、って、あの投げ飛ばしたりぶっ飛ばしたりするヤツ? 原作ではもっとデフォルメされててひどいんだけどなぁ(^^;)、気になるヒトは居るんだろうな、とは思います。 あなたは優しいんだねぇきっと(私はダンナの観てるショウアップしたプロレスの影響か、その辺は平気なのでした・笑)。


 順調、かどうかは判らないけど(完璧に順調な仕事というものは無いのではないか、と最近思うようになりました)、少なくとも続けていけそうです、今の仕事。 職場の経営はまだカツカツだけど(^_^;)。

 Website見てくれたんだ、ありがとー。 あの写真撮った時より今は6Kg体重が減りました。 今度帰ったら乞う御期待(って、全然変わらないって言われそうだけど)。
Posted by らっきー(あけましておめでとう!) at 2008年01月12日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。