2008年04月01日

4月になれば彼女は。3月桜の終わりとともに人口1300万人に迫ろうとする大都会にも春がやってきて。

 こんばんは、ついに月イチ更新という未体験ゾーンに突入してしまったらっきーです(^^;)。 いやーん違うんだってば、 本当は毎日「あぁ更新しなきゃ」ってずーっと気になってたんだってばほんとうだってば、ぎゃー連れてかないで憲兵さーん(とフェイドアウト) 。 …はぁはぁ、もう少しでブタ小屋に放り込まれてしまうところだったぜ危ない、こんな思いをするならこれからは毎日更新するぜっ (いや待て、いくら世間は卯月馬鹿だからって言ってもそりゃ稀代の大嘘って奴だぜ八っつぁん。って誰だお前)。

 とゆーかココはダイエットカテゴリだよ(笑)。  あまりに更新しないんで逆に他の記事に埋もれなくて憶えていてもらってるかもしれないけど、今年の最初から体重W(Kg)、体脂肪率F(% )として年末までにそれぞれW-4、F-5という目標に到達しよう、というお話だったさ(^^;)。 月が変わったんで、 一応ご報告しておこうかな、っと。 えーと(ほぼ日手帳を出してくる)。 今朝はW-0.3KgF-0.5%、だねぇ(また微妙な)…あぁでも、帰省したり宴会がいくつかあったり、 しててもコレだからまぁ失敗してるわけじゃないよね。 ね。ね(しつこい)。 むしろそれより大事なのは、 筋肉をつけて弛んだ皮下組織を引き締めることだと思うわけで。 あぁ、また明日からスポーツクラブに通わなきゃ (一応先週から再開したところ)。 あそっか、皆様にはご報告してなかったんだけど、 この1ヶ月間更新も何もできなかった間は全然運動もできなくて、じゃぁ私は一体何をやっていたんだ、 と思うとこれがまた見事に何もしていなかったりして(と文字にしてみると果てしなく落ち込むね)。

 その間は浦和レッズも勝てず、東京は寒くて2月の行事をサボったら3月には何もなく、 確定申告もギリギリまで残しておいてようやくやっつけ、仕事はそれなりに忙しく、車検まで間があるのにふと思い立ってクルマを売っぱらい、 シティバンクにぽっちり持ってるドル預金がひどいことになり、カレンダーの都合でぽっかりお休みが取れたので8ヶ月ぶりに帰省し、 とやっていたらアータ、もう世間は卯月だよ早いねぇ(ワタシの頭の中にも春が来たさ♪)。 東京は週末で桜が見頃を迎えてしまって、 今はもう散り残った半分ほどが頑張っている状態だけど結構まだ綺麗だ。 実は桜って、 咲き始めより満開より散る頃が美しいなぁって私は思うんだけどみんなはどうかな(誰に訊いてるんだ)。

 …というわけで、何だかボチボチとリハビリのように書いてみたけどこりゃいつものワタシの文章じゃないね(^_^;)。  まぁそれでも浦和レッズも今季初勝利を挙げたことだし、また暇をみて今後はちょこっとずつでも更新していく予定。 あ、 これは本当にエイプリルフールじゃなくて(じゃぁオオカミ少年か更新するする詐欺か、とか切ない突っ込みの数々は勘弁ごめんなすって)。  決意表明だけは得意だったんだよ、昔から(結果が伴った例がほとんどなかったのがアレだけど。ダメぢゃん)。

 ご挨拶を兼ねて今夜の一曲はJoseph Williamsの"I Am Alive"。 TOTOの3代目のリード・ヴォーカルとしてお馴染みだけれど、優れた映画音楽を手がけた父ジョン・ ウィリアムズの血をひいて彼自身も若い頃から様々なミュージック・シーンで活躍していたのはそう知られていない話ではない(と思う)。  あたしゃTOTOの歴代ヴォーカリストというとあのとんがったハイトーンも懐かしいFergie Frederiksenが好きだったんだけど(というか、 5作目のタイトルチューンである"Isolation"を聴いて一発で参ったというか)、 ジョセフのメロディアスからアップテンポまでこなせるポップセンス溢れた売れ筋ヴォイスも好きだった。 あ、 これはかなり褒め言葉なので誤解しないようにね(^^;)。 とゆーか、 インチキ評論家ばりにわざとカタカナを多用しているのがお分かりだろうか(最近またAORの名盤が復刻されていたりするのだが、 その帯についている売り文句が何というかこんな感じで読んでいて失笑してしまうので真似てみた)。
 歌詞はココ、とご紹介しようと思って世界中を探したんだけど見つからないぞ、何故だ(^_^;)。  この曲は若くして亡くなってしまった元TOTOのドラムス、Jeff Porcaroに捧げられているのだけれど (もともと彼の存命中に曲のアイディア自体はできていて、 ジェフ自身によるドラムトラックが音源として残っていたのを使って完成させた曲だという。彼はこの曲を気に入っていたらしい)、 とても力強い決意とざらりとした歌詞を持つ佳曲だと思う。 ちょこっとだけ抜き書きするけど当局の方ごめんなさい(^^;)。
 Freedom is just within reach
 But how can she learn what freedom won't teach
 And she cries in the darkness, I am alive, I am alive
 (詞の背景について詳しい説明はないけれど、我が身に引き比べると何だか耳が痛い・笑)

 サビの一節が素敵だ。 なのでもうちょっとだけ。
 Take a drink from the river
 We stand brother to brother
 In our fathers eyes we can't compromise
 Take the hand of a stranger
 We will carry each other
 We still have our pride
 Under troubled skies I am alive
 (父たちに誓って妥協はできない、互いに支えあっていこう、 と歌われるその詞は海を渡って遠い異国の中年女性にも勇気を与えてくれるではないか。我々にはまだプライドがある、 問題を抱えながらも僕は生きている、本当にその通りだ。そして彼女は闇の中で泣いている、「私は生きているのだ」と言いながら)

 どんな空の下でも我々は生きている、それを忘れてはいけないなぁ、と思いながら今夜はさようなら。 よーし、頑張るぞー (お前はまず更新を頑張れ・笑)。

posted by らっきー at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。