2008年04月14日

「そして2ゴールが起きた(試合後の朝井さんインタビュー)」。諦めずに走っていれば何かが起こるかもしれない、という言葉をいつまでも忘れずにいたい、鹿狩りの日。

 こんばんは、やっぱり浦和が勝った時しか更新しないじゃないか、と言われるのが怖くて翌日まで待ってみたらっきーです(同じだ・笑) 。 しかも今日新聞休刊日ってどういうことよ、全然褒めてもらえなかったでは(NHKの朝のニュースなんか結果テロップだけだもんね。 ひどいよ)。
 …いや、褒めてあげたいのは結果とそれに到るウチの子たちの一生懸命さだけで、 チームとしての戦術の洗練だの意思統一だの連携アップだのは相変わらず期待できないレベルだったのはどうよ、という感じだけど (ひょっとして少しずつでも練成されてるのかもしれないけど)。  しかもボランチだかトップ下だかセンターフォワードを気取ってるのか知らないけど、 君の一番のウリであり威力は最後尾からの鬼神の如き攻め上がりではないのか、と言いたくなるチーム随一の不遜発言野郎(ダレとは言わないが) のパフォーマンスである。
 そんな中、気を吐いていたのはやはり後半から投入された永井雄一郎、我らが背番号9、で。 あんなに上手かったっけ、 とウチの子たちのパフォーマンスを二度見直すことはよくあるのだが(一番最初は岡野だった。あの上手くなり方は異常なぐらい、 というか砂漠が水を吸い込むように。と喩えたらちょー失礼っぽいなぁ・笑)、去年後半からの彼は位置取りからニアへの走りこみ、 得意のドリブルだけで満足せず決定的なラストパスを出したりそのままシュートに挑戦したり、今年になれば(他に適任者が居なければ) CKまで任されるという恐ろしさ、いや頼もしさである。 浦和の9番というのは特別な番号で、 雄一郎が襲名した時には随分と心配されたものだったが(名前負けしないか、みたいな)、そろそろ宣言しても良いのではないだろうか、 今の彼には前任者以上の適役であろう、と。 いや前任者ってのが皆に愛され技術と努力と強い気持ちを兼ね備えたストライカー (ちなみにワタシと同じ歳で10日間も誕生日が違わない) だっただけにこの意見には時期尚早と賛同して下さらない方も多いかもしれないけれど、彼には前任者にないものがある。  いやピアノの才能とかモデルにもなれる顔とスタイルとか家柄とか、そういうものではない。 純粋にサッカー選手としての「運」、 覚えているだろうか、雄一郎が初めて日本代表に呼ばれた試合でごっつぁんゴールとはいえ決めてみせた韓国戦のことを(「First Cap, First Goal!!」という記念マフラーまで作ったのだウチのオフィシャルは! どれほど内部の皆が驚いていたかは推して知るべし)。 あぁいう何かを持っていない選手は優れた便利屋でも大成はしない、 と勝手に私は思っているのだが、少なくとも彼から強い意志を感じるようになったのは去年からではないか、という気がする。  こうして結果が付いてくるのを見るのはいつも嬉しい。 喜ぶ選手を見ながら、こちらも胸の詰まるような嬉しさを感じるのだ。  それはまるで隣のお兄ちゃんが試合に出ているのを応援するような(いや彼らから見たら私がお姉ちゃん、 とゆーか既におばちゃんだろうがそういう比喩は厳密にしなくていいよね。ね。ね)。

 最近、どこに出ていた批判だったか、「昔の音楽を聴く時間があったら社会情勢や国内外の経済情勢をニュースで聴くべきだ。 新しい情報を伴わないINPUTは無駄である」みたいな論説を読んだ。 かなり改変しているような気がするが冒頭部分はそのままである。  その伝で行くと、昔の文学や現在でもフィクションなんかは無駄、になるんだろうなぁ、 仮にワタシ以外のヒトが皆これを守ったとするとこの世はとっても役に立つたくさんの情報とそれを効率よくファイルする各種システムで溢れ、 知り合いは皆世界の動きに一家言あって暇さえあれば建設的議論をしたりするのだろう。 そしてその世界にワタシの居場所は無い (そんな気がする)。 あぁいいさ、 とノイズキャンセリングイヤフォンで音楽を聴き本棚の隅から見つけた詩集を読む私は世界から取り残されたヒトを気取ってみる。 第一、 それを言うならスポーツに熱中するのなんて一番時間の無駄、ではないか(笑)。  効率や経済効果でチームを愛せるものならいくらでも貢献したいけれど、 そんな後付けの理由でマイチームを動かせと言われてもまた戸惑ってしまうのだ。 理由がないのが愛というものさ(^_^;)。
 …と関係ないけど、昨日ダンナが冷蔵庫に入ってた私のお気に入りのWilkinson Ginger Ale (先日豊洲に行った時まとめ買いしてきた)を1本開けて、飲みきれないからって少しおすそ分けしてくれたので久しぶりに飲んだよ。  喉がジリジリ焼けていくような感じは殺菌かしらん、とか勝手に理屈をつけてみたのだけれど、これを喩えるなら「叶わない恋の味」 なのかもしれない(笑)。 いや語弊があるなぁ(というか語感がよろしくない)、 もっと飲みたくなるキャッチフレーズを付けなきゃダメだろう、「時が乗り越える恋の味」とか(^_^;)。



 今日の一曲はこれしかないでしょう、Myersの"Cavatina"。  映画「ディア・ハンター(親愛なるハンターさん江、ではなくて鹿を狩るヒト、という意味だけれど)」のテーマとして知られ、あのJohn Williamsがアレンジを手がけた曲である。 何より名前が良い、カヴァティーナって語感がとても素敵だと思う(個人的感想だけど)。  あと、何年か前の浦和vs鹿島の試合を振り返る時にチーム応援番組「Go! Go! Reds(現:Reds TV GGR)」 で渾身の編集画面とともに使われたのが今も忘れられない出色の出来だったし。 あれで知ったのだ、 我々が敢えて鹿狩りと呼びモチベーションを上げる宿敵鹿島アントラーズ(アントラーとは鹿の角のことだ)戦にはこの曲がとても似合うと。  シンプルなメロディーはゆったりと美しく、しかし内包する狂気を孕んで裏には常に変容の陰がある。  この美しい曲を聴いて心が震えないヒトとは逆に私は仲良くなれないだろう。 時間の無駄だろうがヴァーチャル体験に過ぎなかろうが、 人を動かす力がある音楽や文章に普段接して心を健全な、あるいは退廃的な方向に揺らしたりするのも大事なのだ、と思うから。  それがとても嬉しいから。

 …何だか眠くって、ナニ書いてるのか全然分からなくなってきたよ(笑)。 明日も忙しい予定なので(夜は飲み会だし)、 今夜は言いかけのことも言いたかったこともどうでもいい他のことも全部放っておいて浦和の勝ち試合の余裕に浸ることにする。  さらば新世界に暮らす導師たちよ、我ひとり赴かん緑陰の廃屋へ(^_^)/。 おやすみなさいm(_ _)m。

posted by らっきー at 23:56| 東京 ☀| Comment(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは!レッズサポさんはすきですよねぇテレ玉の録画放送。友人の旦那さんがレッズサポさんで、そちらからもテレ玉の録画放送を観ながらメールがきました(−・−)

 あの日の私たちが観戦席した席は雨の為か4席程空いてましたが、全員鹿島サポでした。ユニまではいけないけどキャップとかマフラーとか控えめなアピール(^^;)。

 今週末は私は仕事ですが、鹿夫はホーム観戦するようです(^^)
Posted by じゅびこ at 2008年04月15日 21:35
.
 あ、お返事しそこねてました、こんばんはー。 昨夜もスカパーの再放送でまた鹿島戦を観てしまったワタシです(笑)。

 今年はナビスコが取れそうにないので(というか、決勝トーナメントまで残れそうにない)、リーグ戦とACLに集中することにしました。 というか、私がそう思ってるだけかもしれませんが(ウチのクラブは諦めが悪くてですねぇ)。

 雨の中、生観戦お疲れさまでした。 8月の磐田戦には行きたいと思いますので、その時は是非お会いしましょうね…試合前と試合後、どっちでもいいですけどどうしましょうか(^_^)。

 というか、6・7月の観戦予定も決めなきゃなのでした。 今のところ5/6までしか予定が無い(と、まるでいけない事みたいに)。 それでは、また週末を控えてお互い応援モードに入りましょう♪ がんばれー。
Posted by らっきー at 2008年04月18日 20:33
.
 おおそうだ、忘れるところだった日本代表、鹿さんとガンバさんがお休みなので、ウチの子たちがまた選ばれてしまいましたよ(^_^;)。 都築と永井って、もうどういう事なんだか(だったら高原は置いてってくれればいいのに・笑)。

 ちなみに、都築は今なら日本代表正GKさんとも比肩すると思いますが如何でしょうか(^_^)/。 どうでもいい情報ですが、今日は彼のお誕生日なんですよ(と何故か知っている。ちなみに永井雄一郎の誕生日はバレンタインデー)。
Posted by らっき at 2008年04月18日 20:37
 都築GKさんナイスセーブ連発!と思っていたら、満男対策をしていたらしく、練習大当たり!!とのことでしたよ。

 代表。。。低迷しているウチからも呼ばれてて・・・他にいい子がいるだろう(・・?)と思います。知名度で呼ばれるのかしら?(−−;)

 あと食事はもちろんゲーム前にお願いします。あの調子では・・・・
Posted by じゅびこ at 2008年04月18日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。