2007年10月14日

休日に体調崩してお仕事までに復活・というつまんない社会人の鑑みたいな日曜日。1ヶ月前まで暑いの何のと文句言ってたのが最早信じられない小さい秋みつけた。

 皆様こんばんはー、「月曜日」とハチマキしたキャラクターが戸口からこちらを覗いて「やぁ」とか言ってるAA(アスキーアート。 各種記号を使って画面に描く絵みたいなもの)が頭に思い浮かべられてげんなりしているらっきーです。 どっか書いたことあるよなぁ、 と思って探したらこのエントリにあったので見て同じようにげんなりしたくなった奇特な方のみご覧あれ(笑)。  やめといた方がいいと思うけど(^_^;)。

 今朝は早起きして滞ってた各所へのメール返信や書類作成をして、 ベランダのブルーベリーに水をあげてWeb巡りしてたらダンナが起きてきたのでミルクティーを淹れて9時からの「題名のない音楽会」 で中村紘子さんが「皇帝」を弾いてるのを2人で聴いた。 先週は大学生に教えてたけど今日は自分で弾いてる (あたしゃ評論家じゃないので演奏の良し悪しなど区別はつかないが、ただ自分が好きかどうかは分かる。やっぱりいいな、このヒトの演奏)。  もうずぅっと長くやってる番組だけど、こないだ久々に観てからは日曜の朝の楽しみにもなっている。  ピアノコンチェルトは特に自分が若干叩ける楽器だから余計に気になるし大概の曲は楽しんで聴ける。  でもやっぱりショパンのバラード第一番に勝るマイベストは未だに見つけられないけれど(やっぱピアノ曲の方がいいや)。
 そう言えばこないだどっかの番組でやってた女性ピアノデュオ「FUTABA」、 ちょうどその日がデビューアルバムの発売日とかで演奏してるところをしばらく聴いてたんだけど、こりゃ凄いよ。  何が凄いって2人とも裸足で、平気で立ったままあるいは中腰で弾いちゃうのだ。 こりゃ肉体労働だわ(^_^;)。 1台4手→2手 (で残り2手はピアノを離れて踊ったりもう一台の方へ移動したりする)→2台4手(すなわち1人1台) →また戻ってきて手が絡み合う1台4手→…みたいに自由自在にステージを動き回り、 その呼吸はピッタリでレパートリーもクラシックからポピュラーから映画音楽アニメそしてオリジナルと幅広い。 うーむ、 アルバム買ってしまおうか(^^;)。 あ、そんで思い出したけどこないだ買ったきりまだ聴いてない男性ピアノデュオ 「Les Freres(レ・フレールと読む。2つめのeにはアクサングラーブ…上に付ける読点みたいなの… があるけど文字化けしそうなんで省略)」のCDも早く聴いて比較しなきゃなぁ(^_^;)。 iTunesに入れてnanoで持ち歩くか (早くやれ)。

 のんびりミルクティーをすすっていたら、ダンナが突然「出かけるから早く支度して〜」と言う。 え、ドコ行くのだこんな朝早くから、 と思ったらこないだから気になってた三菱自動車の丸っこい軽自動車「i(アイ)」を見に行くらしい。 あ、じゃぁ行く♪(現金)
CIMG4540 実はすごい寝癖(でも後ろだから見えてない)のダンナ。 エレベーターで降りる間にカメラ出して写真撮ってしまったよ。本人焦って1階の洗面室で必死に水付けて直してた(笑)。

CIMG4542 やってきました江東区の三菱ショウルーム。
 あれ、見てんの「i」じゃないじゃん(笑)。 三菱の数少ないヒットと言ってもいいLancer Evolution、 通称ランエボのX(ten)を覗き込んでいるキャツの写真を撮ってみた。  お店に入って見回したらお目当てが置いてなかったからその辺のヒトに「アイ見たいんですけど〜」と言ったら「今出してきますので、 お待ちください」と言われたのだ。 おっかしいなぁ、ランエボ以来のヒットだったはずなんだけど(所詮軽自動車。 というか先ほどから失礼な発言の数々だが一応我々2人は最小単位株主だ。えっへん。 しかもこの会社がスポンサードしているJリーグの某チームの熱狂的サポーターでもある。全然伏字の意味がない・笑)。
CIMG4549 CIMG4554 来ました、ねずみ色の「i」。形が可愛いよね〜。真正面の写真撮り忘れたけど、 なんかウサギとかげっ歯類を思わせる顔だ(^^;)。

CIMG4548 運転席側から撮影。何しろ特殊なデザインなんで、結構中は広く感じる。
 何しろ、ウチのVitz君よりホイールベースが長いのだ(すごい端っこにタイヤあるよね)。 おかげでエンジンがその間にある、 いわゆるミッドシップ形式である(リアタイヤの隙間から一部見えてるぐらい後ろにあるんだけど)。 試乗まではしなかったけど、 4人乗りまでは充分だし、ターボ車で4WD(寒冷地仕様らしい) を買えばパワー不足も何とか補えそうだし普通にごく時々街乗りする分には問題ないんじゃなかろうか。 うーむ、 家族のファーストカーとしてK carを考えるようになるとは我々も可愛らしくなったものよ (もともとFestivaだのMarchだのVitzなんかに乗ってたくせに文句言うなって感じ)。

 じゃぁ検討してまた来ます、とパンフレット一式を貰い、アンケートを書いて退散。 どっちにせよ今のVitz君が来年車検だから、 買うにしても今年中はまず無いんだけど(^_^;)。
 ついでに隣の東京イースト21(ホテルと小さな飲食店街がくっついてるチャチな複合施設。 中に入ってたapitaってショッピングモールが撤退してしまったので、ますますショボくなった。お気の毒。というか場所がイマイチだ) を探検してみる。 と、広場で何かやってる気配。
CIMG4555 見えるかなぁ、特用林産物フェア・と書いた看板がある。栃木だの岩手だのの特用林 (森林法による特用樹の育成のため自治体の指定を受けた場所らしい)で取れるきのこや炭などの産物をアピールする催しらしい。
CIMG4559 子供に喜ばれそうな「原木しいたけもぎとり体験」コーナー。小学生以下だって、ちぇっ (期待するな)。
CIMG4556 CIMG4558 おおう、あれに見えるは「炭火焼き試食」(無料)…んで、 貰ってきました我々も(^^;)。お腹空いてたんで美味しかった♪
 結局最初に貰ったしいたけのバター醤油焼きがあまりにも美味しかったので栃木産の干ししいたけを1袋(300円也)買ってしまったワタシ (釣られてる)。

CIMG4569 錦糸町まで戻って例の「土風炉」でおそば食べた。 季節の野菜かき揚げセイロそば。
 あんまり食欲なくて、大部分残してしまったよ。 この辺からおかしいと思えば良かったのだ、 あたしゃてっきり精神的なものだと思ってたんだけどどうも風邪ひきかけてたらしい。 かなりダンナに手伝ってもらってしまった (キャツは蕎麦以外の何とか定食とかを頼んでた)。

 もう一箇所行くところがあったので、錦糸町駅から小岩行きバスに乗って自宅前を通過して1ブロック先で下車。  Vitz君の法定点検(6年目)が今月だったので、整備場を持ってるTOYOTAのお店まで予約に行ってきたのだ。  このクルマは元々世田谷に住んでる時にNetz Toyota Hubport若林で買ったものなんだけど、 前の職場にトヨタのヒトが出入りしていた関係で今まで点検整備関係は全部そちらにお願いしていた (鍵を事務に預けて頼んでおけば仕事してる間に持ってって綺麗に洗車してくれて… それはあくまでおまけだけれど実はワタシ的には一番有り難かった…帰るまでに戻しておいてくれたものだ)。  でも職場変わっちゃったからもう22Km先の販売店まで高速飛ばして行くのも面倒だし、 買い換えるまでせいぜいあと1〜2回の点検だろうから・と徒歩圏にあるこのお店に狙いを絞っていたのだった。 忘れないうちに、 と車検証を持ってダンナと一緒にお店のヒトと話をして、販売店共通の整備カードにある情報をアップデートしてもらって (現住所が入ってなかった。何たるこっちゃ)、来週の水曜午後に点検の予約を入れて帰ってきた。

 それにしても三菱とトヨタ、1日で2軒のショウルームを訪れてみて改めて感じるのは両者の会社としての体力 (というのは変かもしれないけど)だ。 ひょっとしたら買うかもよ・的なノリでクルマ見せてもらったのに三菱はあっさりした接客だったし(しかも私がこれ見よがしにデジカメに付けてた浦和レッズのリーグ制覇記念ストラップを目の前に出してたのに前歯が2本欠けてた担当のおじさんは気付きもしない。ちきしょー埼スタビューボックス観戦券付けてくれないと買わないって言っちゃうぞ・笑)、 単に法定点検の予約をしただけだったのにトヨタでは好きな飲み物を出してくれて整備担当と新車担当が代わる代わる話をしてくれて、 最後話が終わったので飲みかけのアイスティーをそのままに席を立とうとしたら「まぁごゆっくり」 とさっきの新車担当さんが横にすいっと腰を下ろしてきてしばらく世間話などに付き合ってくれた。  「あそこのショッピングモールのお隣のマンションですよね?」と言われる。 住所からすぐ分かったらしい。 「最近、 あそこにお住まいの方で2軒、クルマ要らなくなったし駐車場高いから、と手放された方がいらっしゃるんですよ」という話を聞く。 あぁ、 掲示板に貼ってある空き駐車場の申し込み案内の数が増えてるなぁ、と思ってたので2人して納得。

 どうやら担当氏は時々あのショッピングモールでタバコ休憩などをしているらしい。  「どうしてあんなに大したお店がないのにあそこは人がたくさん来てるんでしょうねぇ」と皆で不思議がってみる。 多分、 子供連れに優しい作りと地縁みたいなものだろう。 確かに、 スーパーに寄るのが大きな目的だけど何かイベントやってりゃ休日なんか見に行っちゃうもんなぁ (錦糸町の近くに住んでる前の職場のなんちゃって常勤I嬢も毎週末には子供と来るって言ってたし。まだ鉢合わせしたことないけど)。
 その話の合間に「我々も次はどうしよう、車辞めちゃおうか他のに買い替えようか迷ってるんですよ」みたいなことをダンナが言ったら 「それならおすすめはプリウスですよ、今はガソリンも高いし」みたいなさりげない売り込みもされて流石である(笑)。  でもほんと今ってガソリン高いよねー。 ダンナが昔原チャリに乗ってた頃がリッター145円ぐらいで、 今それより下手したら高いもんね(^_^;)。 ほんと自動車通勤しなくなって良かったかも。  まぁそういうセールストークみたいなのに笑顔で頷きながら聞いてる我々のバッグの中にはアイのカタログ一式が入ってるわけだけど (お互いタヌキだ)。

 まぁ要するに、三菱には今の三菱たる原因がありトヨタは良くも悪くもトヨタだということだろう(変な結論)。  帰り際には出口横の長机に積んであったバラまで一輪貰えて、何だか複雑な思いで帰ってきた。 話題のショッピングモールに寄って、 夕飯の材料の買出しをして帰ってきた。 いよいよ体調が悪くなったので、 一輪挿しを出してきてさっき貰ったバラを食卓に飾って薬を飲んで居間の寝椅子でカタログ眺めてたら眠くなってきてしまった。 あぁ、 J2サッカーもやってるし昨日のナビスコ準決勝第2戦でFマリがフロンターレに痛快にやられる試合の再放送もこの後やるのに、 と思うがどうしようもない。 暗転。

 「そろそろ起きなさいよー」とダンナに言われてふと目覚めれば夕方6時(真っ暗)。 食欲がないからワタシの分の夕ご飯はいいや、 と言ったらダンナがじゃぁ私は豚肉と野菜入り煮込みラーメン鍋を作るからアナタちょっとだけでもつまみなさい・とさっさと準備を始めた。  あまりに申し訳ないので隣で食器だけは洗う。 あと、冷蔵庫にエリンギが余ってたのできのこ好きじゃない彼のために刻んで入れてあげる。  形式的に有り難がられる(笑)。 あぁ、 昨日の夜に作ってもらった焼きソバも一部食べ残してまだ冷蔵庫に入ってるのにこの食欲の無さはどうしよう。 「そりゃ風邪でしょう、 まったく変だと思った」とダンナ。 はいはい私が食欲なかったらそりゃ変ですよ、ふんっ(時々キャツは私より私のことをよく知っている。 ちきしょー)。

 以上、なんかよく分からない日曜日だった。 結局少しだけ鍋の中身を恵んでもらい、 一応食べてからまた薬を飲んでボーッと過ごしていたのだけれどちょこっと体調が回復したのでそうだ更新しようと殊勝な事を考えて現在ブログマイスターと格闘しているところ。  最近のコイツは少し素直なので、今日も写真のアップロードが途中で止まらないことを祈ろう。  できたらアップしてお風呂入ってのんびりメールでも書こうかな、と思っているところ。 あぁ、 普段あまり飲まないビタミンのサプリメントまで出してきて週明けに合わせて何とか体調を戻すあたりは私もビジネスパーソンの端くれではあるのか。  何だか落ちた気分(どこから・笑)。

 そして今夜の一曲は、昨日の帰りふとiPodから流れてきて何だか途中からリピート状態にしちゃってたCraig David (feat. Sting)の"Rise and Fall"。 ええっこの曲をまだ選んでなかったのかワタシw(゚o゚)w・ と念のため検索してみて自分で驚いてしまったよ(多分いまお気に入りを挙げよと言われたら間違いなくBest 5には入る)。  2002年に出たアルバム「Slicker Than Your Avarage」に入ってて、実は一度このBLOGで取り上げたことはあるんだけど「今夜の一曲」 シリーズでご紹介するのは初めてだ。
 歌詞はココ。  有名になりたいと憧れてスーパースターになった代わりに落ち目不人気を怖れ多くのものを失ってきた男が、 自らの間違いを告白しもう一度だけチャンスをくれ、と唄う歌である。 スパイスの効いた詞で、 そのひねり方にはStingに似たものを感じるんだけど、彼も作詞に携わっているのだろうか。  「僕が今プレイしているゲームには囚人はいない、ただ犠牲者があるだけだ」とか最初に見た時には震えたよ(拙訳失礼)。  メロディーも素敵で、特に♪〜I'm not the man I used to be, used to be...と繰り返されるあたりの切なさには思わず涙が出るほど大好きな曲だ。 本当に良い曲なので、 もし御存知ない方は是非一度だけでも視聴なさってみて欲しい。
 ちなみにギターで繰り返されるB♭−A−G−F♯のループはStingの名曲"Shape Of My Heart"から取られたコード進行がベースになっていて、歌詞の中にも「ボクの心の本当の形を君に見せてももう遅いかい?」 という一節がある(また拙訳失礼)。 そう言えばどんどん脱線するけどこのyoutube画像みて思い出した、 これジャン・レノが主演してた映画「Leon」のsoundtrackで使われてたよねぇ。  あたしゃめったに映画は観ないんだけどこのお話は好きで何度も何度も観たよ。 リュック・ ベンソン監督は細っこくて目だけ大きなオンナノコ女優が大好きという噂で、だから広末涼子に目をつけて何か撮ったんじゃなかったっけ、あぁ 「WASABI」だ。 観てないけど(大学に入ったなら投げ出さないで頑張れよコイツ・ という理由でしかないのがワタシの了見狭いところだ、事情はあっただろうにねぇごめんヒロスエ)。
 とにかく、クレイグ・デイヴィッドとスティングの出会いは何と幸運だったことだろう、と思わせてくれる曲だ。  本格的な秋の始まりの今に相応しいと言えないこともないし(ちょっと強引かしらん)。

 私は秋が好きだ。 大学時代は春のエネルギーが湧き上がってくるのが身体で感じられてそれはそれは好きだったんだけど、 歳を重ねるにつれ秋が奏でる惜しみない絶唱の哀しい美しさが分かるようになってきた(気がする)。  それは若い頃にいくら言葉で表して理解したつもりになっていても中年になってそこに身を置いてみれば何も説明を付け足さずとも解る類の感情だと思う。  あーやだなー、とも思い、嬉しいな、とも思う、白秋。 おやすみなさい(たまには静かに。風邪ぎみだし)。

posted by らっきー at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

全ての道はどこかに通ず(と今日言ったのはワタシ)。久しぶりに夜遅くまで飲んでた翌日は寝ても覚めても世界はどこか非現実的だ。

 えーこんばんは、ほら今回は1週間待たずに更新できたでしょ・ならっきーです(被殴打)。 …人間、低くなる時って一瞬だわねぇ(それは大袈裟)。

 昨日は高校時代の同窓生で小さな集まりをする機会に恵まれたので、早く仕事を終わらせていそいそと飲み会カラオケ三次会・と気がつけば夜も白もうかという時間まで起きていた。 ごめんダンナ・と内心で唱えながら静かに家の鍵を開け、着替えて歯を磨いてちょこっとだけパソコンに向かってさて寝るかと思ったら本格的に外が明るくなり始めていて密かに大丈夫か社会人・って感じ(大丈夫あたしゃ今日は週休だった)。

 それでも朝が来ればダンナは起きて出勤するわけで、ヨメとしてはやっぱりいつものようにお見送りをしなきゃただでさえ失格っぽいので(^^;)普通に目覚ましをかけて止めた記憶はないけど何とかベッドから落っこちそうになりながら梯子を降りて朝ドラ先行放送観てダンナにご挨拶して送り出す。 あーやれやれ(それは自分のこと・笑)。

 すぐ寝ちゃうより限界が来るまで頭をはっきりさせておこう、とお風呂を沸かして入浴。 熱めのお湯に浸かってぼんやりしていると、何だか色んな考えが湧いてくるものだ、ということが分かった(^_^;)。 願わくばもう少し日常生活の役に立つ考えならいいのに(それは無理)。
 さっぱりしたところで髪の毛ブローして忘れてた分の体重測定。 お、昨日より結構減ってる(そりゃ飲み過ぎて脱水なんだろう、と言うなかれ。何だか体脂肪も1%少ないぞ。ってそりゃ肌が水分を含んでて微小電流の伝導率が変わっただけかもしれないけど。と徹底的に疑ってみる)。 何はともあれ、ようやく生き返った心地である。 昨日というか今朝に近い時間まで飲んでた人々は大丈夫だっただろうか、などと思う(普通の出社じゃなくて良かったねぇ)。

 さて、そろそろスポーツクラブに出かける時間だけどどうしよう(^_^;)。 普通はストレッチとブルブルマシンの後に踏み込みマシントレーニングをして大汗かきながらヨガのクラスに出るんだけど、今日そんなことしてたら途中で爆睡してしまいそうだ(考えただけで恥ずかしい)。 ごめんなさいしばらく家で身体動かします・と心に誓いつつ居間の寝椅子でストレッチだけやってみる。

 ふと外を見ると、まぁまぁのお天気。 ベランダ栽培のブルーベリーの葉っぱが一部乾燥して丸まってきているので、慌ててジョウロ一杯に水をあげる。 本当は今年収穫できるって書いてあったのになぁ(植え替え時期を過ったのが敗因だろう。来年に期待。というか乾燥に弱いってのに水切らしすぎワタシ)。 ついでに朝ごはんを食べ、ちょっとその辺を片付けたりもする。 眠くてスポーツクラブさぼっちゃった以外は普通の週休日だ(それ普通って言わないと思う。セルフ突っ込み)。

 居間の寝椅子で読みかけの「Anne of the Island」("赤毛のアン"シリーズの3作目。あたしゃこの連作に出てくるギルバート・ブライスのおかげで青年医師ってカッコイイよなぁ、って思ったんだった。永遠の大ファンだ。ところでこのシリーズって全8作あるんだけど知ってた?昔から全部読んだことはあったけどこないだAmazonで家になかったヤツみんな買っちゃった♪)を開いて大きく伸びをしたら何だか世界が暗転したような気が(スポーツクラブ行かなくて良かった。まぁストレッチはしたけれど)。

 どうも寝てしまったらしく、夢を観た。 面白い内容だったので、後で書いておくことにする。

 ふと目が覚めたらもう夕方(^_^;)。 慌ててあちこちを片付け、随分空が暗くなっていたので電気を点けてパソコンに向かう。 特に急ぎのメールや職場からの連絡が入っていなかったのでホッとする。
 あー何だか今日は夕食作る気分じゃないよ(いやそういうわけにはいかない。それが主婦)。 自分は冷蔵庫のあり合わせを食べ、ダンナにだけその辺の材料の残り物をまとめてスパゲティにすることに決定。 何かボーっとしながら料理してたらどこかで配合を間違えたらしく、我ながら美味しくないモノができてしまった。 まぁ食べられなくはないけど、今まで料理しててこんなに失敗したと思ったのは結婚して数回あるかないかぐらいである。

 そういう時に定時帰宅する可哀相なダンナ(笑)。 一応何も言わずに出してみたのだが、やっぱり「これ何が入ってるの?」と言われる(あぁごめんなさいごめんなさい)。 すぐ作り直すから待ってて、と言ってみたのだが「会社のお昼ご飯よりマシだしお腹空いてるからとにかく食べられるだけ食べるよ」と最大限頑張ってもらってしまった。 というか麺だけ完食してるし(あぁごめんなさいごめんなさい)。

 実は私の分もまだフライパンに残っていたのだけれど、何だか食べる気分になれなくて早々にディスポーザーに入れて「なかったこと」にしてしまった(^^;)。 あぁ、普段は料理ヘタな方じゃないんだけどなー。 何だかちょっと凹んでしまったよ(ほんとゴメン>ダンナ)。 やっぱ精神の集中が大事だわ調理って(当たり前)。
 (とここまで書いて、こないだ高校時代に同窓だった男性が同じようなことをSNSに書いてたのを思い出して笑ってしまった。魔が差すことってあるよね、というかヒトを笑ってないで気付いたら食べさせる前に作り直せワタシ)。

 明日は世間のヒトはお休みだろうけど、あたしゃいつもの土曜日である。 なんか今朝も自動改札が壊れたとかで、ダンナによれば駅もそのまま改札素通しだったらしいし最近ダイヤの乱れがひどくて乗った電車が遅れがちになるので今日のうちに色々準備して早めに撤収しよう(^_^)v。 ってまだ寝るのかワタシ(いやベッドサイドで読書でも、うにゃうにゃ)。

 今夜の一曲はStevie Wonderの"Whereabouts"が今日の気分にピッタリだったんだけど、youtubeに上がってないので断念(ちなみに歌詞はココ)。いくら古い曲とは言え同じアルバムの"Overjoyed"はあるのになぁ、誰か映像持ってないかしらん(^_^;)。
 仕方ないのでChicagoの"All Roads Lead To You"を。 比較的最近の曲だけれど、と書いてから心配になってちょこっと調べたらイヤだなぁ、1998年ぢゃありませんか(笑)。 なんか新しめに出たベスト盤に入ってたような気がしてたんだけどそれがもうその年だったか(^_^;)。 あぁトシは取っとくもんだわねぇ(少し違う)。 若干スローテンポでメロウな佳曲だけどかなり地味なのがちょっとね(文句言うな)。 でも今回はタイトルに免じて選んでみる(タイトルか!)。

 本当は槇原敬之の"PLEASURE"ってすごい曲をご紹介してもいいかな、って思ってたんだけど、コイツも有名な割にはほんの少し試聴をさせてもらえるだけで完全な映像はドコにも出てないのでがっかり。 なんか最近エイベックスに移籍したって噂があるけど本当なんだろうか、マッキー。 全然似合わないじゃんイメージが(笑)。 ちなみに歌詞はココ参照。 今度は日本語だから分かりやすいよ(^^;)。 あぁもう、メロディと溶け合うと全身震えが来るぐらい凄い曲なんだけどなぁ、誰かyoutubeに上げてくれないかしらん(またまた他力本願)。

 ということで、今夜はこの辺で。 お昼に観た夢の話、忘れないうちにここにメモしておくけど全然意味不明なんで興味無い方はどうぞスルーでよろしくm(_ _)m。 それじゃまた明日〜(いつの明日だー?・木霊)。
 あっそう言えば昨日の夜中から始まった「もやしもん」のアニメ、すごいはしょり方だけど面白いよ。 「のだめカンタービレ」をやってた枠での放送で、3ヶ月だか半年だか知らないけど多分前者だろう(笑)。 今日起きてから美味しくない夕食を作りながら録画観たんだけどさ…ってあーっ、ひょっとして夕食がダメだったのはTVで細菌見てたせいかー(そんなことはない)。 おやすみー♪







:::::::::::::::::::::::::::

 夢を観た。 秋の風と思い出したように照りつける陽射しと、いつか見た遠い情景。 その中を歩く。 昔と今と、私が歩く。 亀のように、ゆっくり歩く。

 非現実的だ、と、夢の中で私が思う。 あのひとは何故、私のわがままをきいてくれたのだろう、と。
 時間と空間を越えたいと願った私の気持ちを、もしも分かってくれたなら。 この長い散歩には忘れられない意味ができる。 取り出して強くなれる、思い出になる。


 ずぅっと前から、知りたいと思っていたことがあった。 それなのに垣間見たその世界は私の枠組などお構いなしに遥か向こうへと広がっている。 自らの思考の小ささにたじろぎながら彼方を眺めれば、遠い地平にまた知りたいことが湧いてくる。 多分、人生はその繰り返しだ。

 乗り越えなきゃと誓ったところまで、長い時を越えてようやく辿り着いた。 それでも息を切らして顔を上げればあのひとは更に先に居る。 このドキドキが止まらないのは、きっとそのせい。 ゼノンが語る、あのひとと私のパラドックス。 仕方ない知らなかったのだ、レンアイやイロコイでないこんな思いのあることを。 

 だから散歩の終わりの合図は何気ないフリ、風との握手。 乗り越えられたと思われたくて、潰れんばかりの動悸を隠して手を握る。 心の中の次の決意を知るのはひとりだけでいい。 いつか普通に別れるまでの、これは無限に収束する逆説の構図。


 だからあのひとは知らない。 ひとりの時の私は、アキレスのように速歩きだということを。 振り返れずに、どんどん戻っていくのだということを。
 秋の風、思い出したように照りつける陽射し、さっき見た遠い情景。 その中をひとり、私が歩く。 ぎゅっと握った右手にジリジリと残る感触を意識したまま、飛ぶように歩く。

 だから私の知る愛ではない。 どんなレベルにおいても、おそらく。
 赦されたいと思ってここに来た。 解決を期待して歩いてきた。 その予想とも願望ともつかない収拾は意味を失うけれど、それでも今、遠く見上げる雲から地上に懸かる光の梯子を眺めながら絶え間なく締めつけられる、その胸の痛みをすら心地良いと感じている。 逆説。
(EOF)

:::::::::::::::::::::::::::
posted by らっきー at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

神も仏も神無月(^_^;)。3ヶ月前から通い始めてても常勤になるということの重みは改めて経験して身が引き締まる思いのOctober。

 1週間ちょっとのご無沙汰です(こっそり)。 生きてます。  とゆーかいつ来ても先月末までの書き込みしかないんで自分のBLOGとは言え覗きに来るのが躊躇われたわ最近 (他の誰が更新するはずもなく・笑)。 こんばんは、いつもあなたのらっきーです(^_^)。
 …それにしてもちょうど涼しくなって雨も降ったりしていきなり更新する気力がなくなったのには我ながら驚いたよ(マジで)。  今月から銀座の職場で常勤として雇ってもらえることになって、年齢的には(ウチの科では)マドンナに次ぐ立場になっちゃう・ と思うと正直怖い。 今まで「職場の末っ子(または中継ぎ)」という立場で長い間勝手なこと言って暢気に暮らしてたのに、 なんか自分がスキルアップしている気がしないまま経験年数だけ重ねてきてしまったのでは・という気持ちが抑えられないのだ。  あーもっと勉強しなきゃー。

 それにしてもお天気が良い日にはほんと、秋というのは素晴らしい季節だと思うよね♪ あたしゃ単細胞なので、 気候が良いだけで幸せの半分は手にした気分になれるのだ。 昨日の朝、目が覚めたら何だかラフマニノフ2番が流れてくる。 え? と飛び起きてみたらダンナが自室のパソコンでTV観てた。  どっかのオーケストラの定期演奏会かと思ったら中村紘子さんがピアノのレッスンをする番組だったらしい。  ワタシの一番好きな曲なんだから最初から聴いてたんなら起こしてよダンナー(^_^;)。

 女の子がオケに合わせて弾いていて大学4年とテロップが出ている。  中村さんは何か時折メモを取っていたけれど彼女が弾き終えてまず最初に「あなたオーケストラと演るのは初めてなんですって? それでこれだけ弾けるなんて凄いわ」と褒めておいてから「オケのメンバーにも指揮者にも聴衆にも、 自分の中からほとばしるものを聴かせてあげなさい。ラフマニノフは大男だったんだから、 手も身体も小さい女性が弾いて音を響かせるのは大変なの。ワタシの音楽を聴いて!と身体いっぱいに主張しなさい(以上、意訳)」 みたいなことを言ってて興味深かった。
 終いにゃ彼女押しのけてピアノの前に座って「最後に弾いたの今年のはじめだったからちょっと適当よ」 みたいなことを言いつつ指先を固定して押し叩くようにガンガンと全身全霊で一番盛り上がるパッセージのところを弾いて下さったりとかして昔からのファンとしてはもう本当にそれだけで満足(笑)、 って感じだった。 あー、中村紘子さんがウチの故郷の町に来た時には父に連れられて何回か行ったなぁ(父は昔、 多分今の私ぐらいの年齢の頃にクラシック音楽が大好きだったのだ)。 今もこうして若い人たちを教えてるなんて凄いよね。  何だか朝からとっても得した気分だったよ。 お天気も良かったし。

CIMG4414 その日曜は職場のバーベキュー(以下BBQ) だったので以下写真メインにご報告。
 場所は隅田川沿いの佃公園(地下鉄月島駅から徒歩10分弱)の一角。  ベンチ付きのテーブルが2つ並んでる所にガムテープで場所取りしてあった。朝9時から取ってたらしい(^_^;)。
CIMG4407 木炭と着火剤と新聞紙を駆使して火を熾して下さってるのはマドンナのご近所さんでお仕事上もお世話になってるA氏。 奥様とお嬢さんとベビーカーに乗せてたボクちゃんの4人で参加。 奥様はちょっとエキゾチックな顔立ちと細やかな仕草が不思議な方。

CIMG4406 マドンナの愛犬2匹(親子らしい)。
 賢そうで人懐っこいという、一緒に遊んで大変楽しいワンちゃん達だった。 参加者にも大人気。 そう言えば同じ銀座のミストレス (去年まで時々バイトにお邪魔してたトコの経営者)も犬2匹飼ってるんだよね、そういうものなのかしらん(何が)。

CIMG4410 CIMG4424 食材の皆さん。参加者12人(+子供2人)なのにどっさり!!

 ウチの職場、時々こういうイベントをやるらしいんだけど特徴としては毎回誘われる度に「是非御主人もご一緒にどうぞ」 と言われるんだよね。 事実、他の職員さん達は結構気軽にご家族連れでやって来るし(既に何人かにお会いした)。  もともと女性ばかりの職場だから普段男性に接する機会ってほとんどない(お客様も大抵お一人でいらっしゃるし)んだけど、 こういう時に一度お会いすると次から結構気軽に話せたりして本当に楽しいものだ。 ウチのダンナも誘ってるんだけど、 今ちょうど新しい仕事に入ったばかりで緊張してて、それどころじゃないらしい。  前日夜にしつこく誘ったらちょこっと言い合いになっちゃった、ごめんなさい(今は心から反省)。

CIMG4433 参加者の1人(出入りの業者さんの担当おねーさん。美人) が作ってきてくれたスパニッシュオムレツ。遠めにはケーキみたいだ。美味しかったけど出来立て熱々なら更に嬉しかったのになぁ (無理言うな)。
 乾きモノのおつまみとシャンパンでまずは乾杯。 スタッフのNさんがお近くのワインショップで買ってきて下さったドライパイナップル (粗挽き黒胡椒が付いてて、それを袋の中に入れて振り混ぜると甘くてピリリとした大人の味になる・という面白いおつまみ。事実、 シャンパンかスパークリングワインが欲しくなる組み合わせだった。知らなかったよ)が気に入ったので、 ぼちぼちつまみながらある程度火が熾ったので鉄板や網の準備をしつつお喋りをする。
 空はどこまでも高く青く、空気は爽やかなんだけど日向にいると暑いぐらいで、でも川沿いだから時折涼しい風も吹き抜けて、 何だか来て良かったなぁ、と改めて安心する(実はそう見えないかもしれないけどあたしゃ結構人見知りの非社交的野郎だ)。  やっぱ次回はダンナ説得して連れてこようっと(密かに決心)。

CIMG4431 マドンナがパエリアの準備をしているところ。お得意らしい。 あたしゃA氏と一緒に火力チェック係をしつつ、鉄板や網の上で食材をじゅーじゅー焼く係もしていた。 料理が出来上がっていくところを見るのが好きなのだ(^^;)。
CIMG4437 良い匂いがしてきて1時間後。これでもか・と乗せた具が溢れそうになっている。 おこげのところが特に美味しかった。
 (実はワタシもパエリアは友達が遊びに来た時なんかに作ることがある。我々夫婦は贅沢な魚介類にはあまり興味がないので、 鶏肉とインゲン豆と季節の野菜なんかを中心に山の幸メインのパエリアにしてるけど。簡単な割にはご馳走に見えるのでおすすめ)

CIMG4442 CIMG4443 ようやく炭火も安定して火力が強めになってきたのでいろいろ焼いてるところ。
 A氏の実家が芦屋の焼肉屋さんとかで、何と霜降りの分厚いお肉を2パックも持ってきて下さったのが皆に大うけ。 柔らかくて美味しかった。  焼いてる者の特権で一番良さそうなところを絶妙な焼き具合でサッと自分の皿に取ってみたりなんかして(笑)。  準備よくステーキソースが出てたのでちょこっとかけて頂く。 うーん美味しい♪ あと、タラバガニや秋刀魚や小さめの川魚 (名前忘れちゃったごめんなさい)や生ラム肉なんかも焼く。 そっちは適当に味見する(でも外で食べるとどうしてこんなに美味しいかなぁ。 特にサンマうまー)。
CIMG4435 CIMG4438 鮭とマドンナ(^_^;)。バター風味のハーブ焼き(岩塩をしっかりまぶすのがコツ) にしてとっても美味しく頂いたのだが実はこの鮭の半身、近所の魚屋さんで1,000円にまけてもらって買ったのだとか。えええ〜 (安い〜)。

CIMG4445 食べ疲れた頃、A氏が近所からシャーベットを人数分買ってきてくれたので一同大歓声。
 実はこういう市販のシャーベットって食感がパサパサしてることが多いから、 上からちょこっと今飲んでるワインをかけて軽く混ぜて食べると美味しいのだ。 というのは昔々、母に習った(^^;)。  皆にも教えてあげる。 最初は「えー」とか半信半疑だった周りのお姉さま方も、試してみて「あら本当、美味しいわ」とおっしゃっていた。  ほーらね(単にお酒好きな方々だったのかも・笑)。

CIMG4447 CIMG4472 秋らしい素敵な気候だったせいか、ちょうど水上バス(?遊覧船?何て言うんだろう) が時折川を行き来して大賑わいだった。 すぐ近くを通る船の乗客さん達とは手を振り合ったりしてみて楽しかったよ。
 ほほほー、羨ましいでしょー。 美味しいけどあげないよー(ひどいね・笑)。 左側の写真の船は松本零士さんプロデュースらしい (現地で聞いてほほぅと感心して帰って写真見せたらダンナは知ってた。何でも知ってる奴だ)。 右側のは愛犬と一緒に乗れるクルーズらしい。  ホントいろんな事考えるなぁ。

CIMG4467 発泡吟醸酒「美丈夫しゅわっ!!」。高知のお酒らしい(面白い名前)。 違う業者さんのお姉さんが持ってきてくれた。お味は甘くなくてすっきりさっぱり。珍しいよね。

CIMG4475 CIMG4478 ビルの向こうに日が沈んだので撤収開始。綺麗な夕焼け、ということは翌日雨なのかしらん (天気予報通りならそうなる)・と思ったら案の定今日は朝から雨だったなぁ。

 楽しかったですー・とA氏ご一家と別れ、我々は荷物と不燃ごみ可燃ごみの袋を持って駅近くのマドンナのご自宅までお邪魔した。  中高層マンションの最上階で、夜景が綺麗だった(どうしてもピンボケになっちゃったけど)。  残った食材とお家の在庫を色々出してもらって、皆でお喋りの続きをしながら夕食まで頂いてたみたいだ。  あたしゃダンナを理由にご飯の直前で失礼したけれど、 実は昼間のサッカーが気になってて夜やる関連番組を観たかったというのが主な理由でもあった(すみません。ってナイショ)。  月島からは近いので、割と疲れもせず帰ってこられた。 いやぁ、先月1ヶ月に飲んだよりたくさんのお酒を半日で飲んだよ (って普通はほとんど飲まないから。注釈)。
 帰ってからシャワー浴びて(汗だくだく。おまけに日焼け)、J1第28節の浦和vs大分戦の再放送やってたのを1-0の途中から観た。  ちょうどハーフタイムが終わる頃に浴室へ行って、戻ってきたらもう追いつかれていた(やれやれ)。  すぐまた点が入るからちゃんと観てなさい・とダンナに言われ、 お茶を飲みながら観ていたらワシントンが驚異のキープからあっさり2点目を決めてしまって何だか笑えてきた(^_^;)。 何だ、 このチーム(ほとんど押し込まれていたのだと言う。まぁそうだろうなぁ、この疲労で相手がトリニータじゃ充分想像できる)。

 まぁ内容がどうだったにせよ結果は残り6節で2位のガンバとは勝ち点差6、望外と言っても良い戦績ではないかと思う。  あとは2週間後の千葉戦だよなぁ(大の苦手。ウチから国立競技場の次に近い蘇我スタジアムでは今まで2戦やって勝ったことがない)。  それと、そこから中3日で行われるACL準決勝第2戦、vs城南一和天馬@埼スタ(ホームゲームなのが救い。 これに何とか勝ちさえすれば待望の決勝だ)。 あぁ、ほんと自分のことのように落ち着かないよ(>_<)。

 今夜の一曲は文字通り、A-haの"October"。  しっとりした曲で、北欧出身の彼らの知る10月とはこんな季節なのか、と思わせる穏やかな哀愁に満ちている。 日は短くなり、 低い雲の垂れ込める昼が静かな長い夜に移り変わっていく、そんなイメージだ。 正直、私ならそういう所には住めない(笑)。  何しろ理想は常春の国マリネラ(魔夜峰央の長期連載漫画「パタリロ!」参照)だからなぁ(^^;)。
 しかし幸せなことにココは愛する我らが国で、決して理想郷ではないにも関わらずあたしゃ結構満足して生きている。 そして、 自分なりに何かを成し遂げようと思ったりもしている。 その一方で、ボーッと夜中にロフトベッドで本を読んで過ごしたりもしている (今夜は適当なところで切り上げないと明日は忙しいぞ)。

 というわけで皆様おやすみなさい。 このペースだと今月はあと3回しか更新できないのでどうぞお許しを(それはさすがにウソ。多分。 おそらく。お願いそうだと言って誰か言ってぷりーず)。 それじゃまたご贔屓に〜。 ばいびー(^_^)/~~~。

posted by らっきー at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

最近欲しいもの。両開きドアで縦型野菜室の冷蔵庫。iPod Touch。発音が正確な電子辞書。三菱の軽自動車「i(アイ)」。INFOBAR2。そんでACLとJの優勝(^^;)。

 やった、さっきまでやってたマインスイーパの上級盤面で247秒っ(個人的新記録・というか早く更新しろワタシ)(^^;)。 … えーこんばんは、7月アタマに銀座のマドンナのお店で働き始めて以来実に初めて土曜にお休みだったらっきーです(改めて振り返ると驚く。 何しろ毎週晩方までだし一番忙しいし。慣れるものだなぁ)。  お休みということはのんびりいつもの時間に起きて7時からの大宮アルディージャ応援番組(大抵は途中から) を見つつ可燃物のゴミ出しをして7時半からの朝ドラBS先行放送(と続いての過去ドラマ再放送)を観ながらミルクティーを淹れて朝食、 8時から朝のニュース観て15分から朝ドラ本放送でもう一度観て、 いつもはここで出勤なんだけど何しろお休みだから引き続き前日夜に半分ぼけっとして細部を見落としてた浦和レッズ応援番組「Reds TV GGR」をCM飛ばしつつ録画で再確認するのだ。 至福(*^_^*)。

 そんで土曜の朝までにやっとかなきゃいけない大事なお約束、それがYahoo! Fantasy Soccerのマイチーム編成だ。  単なるお遊びと言うなかれ、高ポイントを狙うには自分の好きなチームだけ追いかけてれば何とかなるわけじゃなく、 あちこちから情報を集めて過去の対戦成績や現在のチーム状況やその他データも参照して一番大事なのは手持ち資金の範囲内で少しでも活躍してくれそうな選手をかき集めること (お金が足りなくて切ない)。 最後は勘でエイッとシステムとキャプテンを決定して後は祈るだけ、というあくまでも他力本願なゲームである (サポートしているチームがある関係で、どうしても冷静な予想じゃなくて希望的観測で選手を選んでしまうのだが)。 あぁtotoみたい。  というかちょー久しぶりにtotoも買ったよ何かワタシのBIGがかなりキャリーオーバーしてるって聞いたから(別にお前のじゃない、 という突っ込みを下さった読者の方々さんきゅー。当たっても教えてあげないよー)。

CIMG4366 木曜の午後に表参道に出かけた時の遅いお昼ご飯でタンシチュー。 駅ビルの中にちょい高級なフードコートがあって、以前もココでお昼食べたことがある。多分これで3回目。
CIMG4367 ダンナのはシチューソースのプレーンオムレツとライス。そっちも美味しそうだなぁ (オムレツには弱いワタシ。ホテルの朝食で出るとノックアウトされてしまう)。
P1030553 P1030556 フードコードの様子とその中のパン屋さん。 確かに美味しいけど値段には場所代を含む(笑)。

P1030566 表参道まで何をしに行ったかというと麦工房のお店にあの夢のようなお味のチーズケーキ 「未来への追憶」を買いに行った、のがメインの目的じゃなくて(結局買ったけど)(^^;)アンデルセンに寄りたかったのだ。
 もちろん北欧の童話作家ではない(当たり前)。 大学時代に近所のパルコに入ってたパン屋さんのチェーン店で、 当時の記憶では時々買ってたぐらいにしか覚えてなかったんだけど卒業後もぼちぼち通ってたから結局ポイントシールが山のように集まってて、 こないだ荷物を整理した時に数えたらカード15冊分(750点)も溜まっていたのだ。 後ろの日付を見たら平成2年とか書いてあるし、 あぁもう(^_^;)。 お買い上げ200円ごとに1点なのだが…というと750点なら(計算しないことにした)。  むしろ1点あたりの平均カロリーは(もう遅い・笑)。

 昔のシールなんてもうとっくに期限切れだろう、と思って念のために調べたら何とまだ有効で、 しかしプレゼントとの引き換え期限が今月末・と何ともグッドタイミングで気付いたことになる。  こないだ引き換えカタログを貰っていたので引っ張り出して検討し、表参道のアンデルセンで陶製のオリジナルプレート(山型食パンの形) を2枚と醗酵バターと絵葉書セットを申し込んできた。 来月には宅配便で届くとのこと。  何だか分からないなりに10年ぐらいシール溜めておいてよかった(余計な脂肪も溜めt・以下自粛)。

 そういう反省を生かして昨日はいつも通りにスポーツクラブへ行ってきた(久しぶりに逡巡せずに出かけたよ・笑)。  良いお天気だったのでまたまた半袖に軽いパーカーを羽織って出かけたのだが、 日向はカンカンと直射日光が照りつけるので皆信号待ちの時なんかは物陰に避難していたよ(^_^;)。  一昨日と今日は雨模様でかなり涼しかったのを考えれば変わりやすい気候だ(また調子悪くなるお客様が増えるかしら、 と仕事のことを考えてしまって慌てて打ち消す。忘れろ忘れろ)。 帰りの駅キヨスクで月水金と隔日刊のサッカー専門新聞「El Golazo」を買って先日のACL準々決勝第2戦についての記事を楽しく読む。 もっと褒めてー (いや内容的にはまだまだなのは分かってるけどあのラフプレイを耐え抜いて過密日程の中フラフラしながら帰ってきたであろう赤き血のイレブン+愉快な仲間達のことを考えるとやっぱ偉いと思うのだ) 。

 今日はJリーグ開催日なので昼から夜までほぼサッカー三昧(^_^)/。 でも途中でお昼寝もした(またか)。 清水が神戸に負け、 横浜FMが大宮に負け(ザマミロー!というかアルディージャはリーグ戦ではFマリに負けたことがないらしい、相性とは恐ろしいものだ)、 柏が名古屋に負け(前回対戦時は累積警告で出場停止、今回は一発退場とは。古賀よ、何のためにグランパスからレイソルへ移籍してきたのだ…) 、そして夜の注目試合、 G大阪vs大分はシャムスカ大佐の薫陶よろしくトリニータが水際ぎりぎりの守りを見せていたものの大した攻め手もなく方やガンバは初夏の快進撃が本当に懐かしくなるほど決定機を潰しまくって気付けばスコアレスのまま後半ロスタイム。  4分と言われて長いなと思いはしたもののそれなりに大分にボールも渡るもので何とかこのまま終わってくれもう奇跡の勝利は願わないさ・ と祈ってはいたのだ。 が、 それを打ち砕くだけの個人技と運を持っていて相手の精神的脆さも味方したG大阪がバレーの試合終了直前の一撃w(゚o゚)wで勝利。  何だよ使えないなぁ、とガッカリする我々(いや明日頑張らなきゃそれどころじゃないのだが)。

 その明日は前回対戦時にこれまた終了ぎりぎりで追いつかれてしまって勝ち点を削られた相手、新潟とホーム埼スタで戦うのだ。  もしや負けてもまだ勝ち点3差はあるのだけれど、 やっぱり今後の苦手な対戦相手の羅列を考えるとここでみすみす勝ち点を落とすのはあまり嬉しくない。 というか絶対嬉しくない (せめて引き分けを、と願うあたりやはり小心者なのだが)。
 久しぶりにバックスタンドロアー(1階)席での観戦なので、疲労や不調は何とか気力でカバーして良い試合を見せてくれ、 と思わずにはいられない。 明日も今日と同じようなぐずついた天気で時々雨模様で気温も上がらない (さっき天気予報見たら予想最高気温がワタシの故郷と13℃も違った。うひゃ〜)らしいので、 我々の席には雨は当たらないけれど翌日が常勤最初の日だってのに風邪で勤務に差し支たりしないように防寒には充分気をつけて出かける予定である。  何とか守りきるぞー(攻め倒す・と言わないあたりが弱気だが仕方がない、皆疲れきってるのだ)。

 というわけで今夜は短いけどこの辺でお開き。 本日のご紹介は昨日たまたまiPod nanoで聴いて改めて鳥肌立ったKryzler & Kompanyの"Burn〜Symphony No.5 op.67"を。 クライズラー& カンパニーを初めて聴いたのは15年前、 当時参加してたパソコン通信の草の根BBSで知り合った男の子が一度愛車に乗っけてくれた時だったんだけど、 マニアさんだったらしくこれがまた凄いカーオーディオで、シート全体から感じられる振動が心地良くて、 確かな技術に裏打ちされたヴァイオリンとロックスピリットの邂逅に感心してしまったのを今も覚えている。 あ、 いや単に近所まで来てファミレスまで送ってくれただけだったんだけど(^^;)。

 葉加瀬太郎さんのことも(遅いかもしれないけど)この時に知った。 一見すると単なるイロモノみたいに見える (痩せたパパイヤ鈴木さんみたいだし・笑)のに、ヴァイオリンを手にすると雰囲気が一変して凄いのだ。  元々楽器やってるヒトって割とそうだよね、大学の1つ後輩にやっぱりヴァイオリン弾きの女の子が居て、 普段はどこから声出てるか分からない喋り方をする不思議ちゃんで話の内容も常人には理解できない繋がり方でいわゆる「ちょっと、 いやかなり変わった娘」だったわけさ。  ところが彼女も同好会活動でヴァイオリンを構えた途端に顔から別人になってそれはそれはキリリと美しかったものだ。  かく言うワタシも合唱部員兼ピアノ弾きだったので皆の前で余興でピアノ弾いたりする機会もあって、そういう時には 「普段と全然態度が違うね」と言われたものである。 いや、誰も美人だとは言ってくれなかったけどね(期待する方が無理・笑)。
 葉加瀬さんの話に戻ると結構なインテリらしい。 奥さんが高田万由子さんなのもポイント高い(何故)。 今調べたらクライズラー& カンパニーは1996年に解散してたけど、現在はソロ活動をしているらしく、時々TVで見たりする。 あっ、 一番普段と楽器やってる時のキャラが違うヒトを今思いついた、野田恵(漫画「のだめカンタービレ」の主人公、のだめ)(^_^;)。

 馬鹿ばっか言ってないで寝るんじゃなかったのかワタシ(^^;)。 それではまた明日〜(埼玉スタジアムでキミと握手!)。

posted by らっきー at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

祝・アジア4強入り(ACL準々決勝、全北現代に2勝して次のステージは1週間後♪)。足掛け3日間でようやく更新したのはそういう理由さ許せエブリワン。

 きみまろとざまみろは似ている(唐突・というか似てない)。 こんばんは、 毎日更新しなきゃと思いながら全然果たせずにいた疲労困憊うたた寝ばきゅーんのらっきーです(意味不明)。  週末は2日連続居間でうたた寝しちゃったし (日曜は未明に気付いて隣の寝椅子のダンナを置き去りに無事自室に退避成功したので勝ちだったけど土曜は朝ふと目覚めたら私一人だった。 一勝一敗、というか危なく曜日の感覚を失ってて仕事に行くの忘れるところだったよ・笑)。

 いやー、土曜はまさかと思ってたらFマリに勝ってしまったさ我らが浦和レッズ(^_^;)。  書類が溜まっててギリギリ間に合う時間まで残業するつもりがちょこっと押しちゃって、家に帰ったら前半18分ぐらいでまだ0− 0だったので正直ホッとしたのを思い出した(この時間までにやられていればかなり追加失点を覚悟しなきゃいけない、そういう相手だ)。  前半最初には結構惜しいチャンスもあったんだよ、とダンナに聞くがとてもそんな風には見えない浦和の選手達の疲労困憊ぶりである。  案の定どんどん押され始めて、中心的存在の山瀬を出場停止で欠くとは言え動きの良い横浜FMの攻撃に肝を冷やしつつ、 それでも決定的なシュートを入れさせないウチの守備陣にそのまま頑張れと心の中で祈りつつ観続ける。
 後半、少しずつボールが奪えるようになってきて「さすがにFマリの選手も疲れてきたかな」 と話してたらウチが攻め手を欠いてキーパーに戻したところから都築→キャプテン山田さんの頭→後ろにいたポンテ先生→独走ペナルティエリアまで来て中に居たフリーの永井雄一郎へ→一旦切り返して微妙に左のワシントンを窺う素振りも見せつつ中澤が引っかかって一歩そちらへ重心を移した途端にシュート→右へすっ飛んだ横浜GK榎本の手先をすり抜けてゴールマウスへ\ (^o^)/。

 何だか一昨年ぐらいからそういう試合をたくさん経験しているような気がする。 いつもいつも攻められているのに、 ほんの少しのチャンスが繋がってウチに得点が入る。 うわぁっ、と、声援がはじけるその瞬間が常に非現実的に感じられて、 でも審判の笛は吹かれ得点は取り消されない。 そしてそこからは長い長い祈りの時間(笑)。 祈りと、達成の時間。 祈りと達成と、 希望の時間。 あるいは少しの失望の時間(^^;)。

CIMG4286 CIMG4301 金曜日、職場帰りにお台場の「船の科学館」に行ってきたよ。
 前日の深夜番組でラジコンの話をしてて、たまたまこの科学館にもラジコン船を操作するところがありますよ、 という映像が出てきたので急に行きたくなったんだけど、話してみたらダンナも昔行ったきりでもう一度行ってみたい、 とのことだったので現地待ち合わせで見て歩いてきた。 朝からスポーツクラブ行って、 お昼は銀座で勉強会があったのでそれが終わってから出かけたので既に3時過ぎてたんだけど本当に秋らしい晴天で強めの風が爽やかで気持ちよい気候だったよ。
CIMG4329 コンテナ船。昔祖母の知り合いがY.S.Lineに勤めてたのを思い出して懐かしかった。
 今はもう亡くなってしまった方だけれど、我々が子供の頃はまだおじさんで、 時折サンキストオレンジやアメリカのアイスクリーム巨大バレルを箱で送って下さったりして嬉しかったものだ。 甘くて脂肪分たっぷり、 クリームの味がするジャム入りアイスは今なら胃に重たいだろうけど成長期の子供の舌にはとても美味に感じられたのだ。 あぁ本当に懐かしい (食いしん坊)。

CIMG4312 いきなりナンだこりゃ!?
CIMG4314 …種明かし(^^;)。「うなぎの不思議」展というのをやっていたのだ (奥の部屋に吊るしてある細長いのが上の写真のうなぎ)。あたしゃ味だけ分かればいいです別に(ひどい)。
CIMG4308 P1030513 お目当ての(?)ラジコン船。カーフェリー「さんふらわぁ」 号は昔故郷の港で見たこともある懐かしい船だったので選んでみた。が、操縦は難しかった(あちこち激突してしまったよ。 多分ホンモノなら沈没してる)。

P1030504 CIMG4342 外に出てみた。羽田が近いので、次々に飛行機が飛んでくる。JALとスターフライヤーと、 あとANAの写真も撮れたよ♪

 最初から最後まで良いお天気で、楽しく遊んで帰ってきた(豊洲ららぽーとに寄ってお茶飲んでぶらぶらしてきた)。  ダンナも来月から真っ当な会社員に戻る予定なので、長い長い夏休みと病休の間に何か心の栄養になることを経験させてあげられればなぁ、 と思う。 いや別に子供じゃないから自分であちこち拾ってくるだろうけど(^_^;)。
 どうも何日も更新しないものだから、近くのピザ屋さん「マンマパスタ BAOBAB」 に行った話も書いてなかったっけ。 自転車で15分ぐらいの場所にあるんだけど駅から遠いし大きな駐車場があるので、 近所の人よりむしろ車で来る家族の方が多いような、そんなお店だ。 チェーン店らしいんだけど今まで全然知らなかった。  今調べたら浦和美園にもお店があるらしいよ(でもイオンより更に向こう側でちょっと駅から歩ける距離ではなさそうだけど)。

P1030548 P1030545 こんな感じのお店。ランチタイムには家族連れが多く夜はパブっぽくなるらしい。
P1030543 ホンモノのモッツアレラチーズを使った(と書いてある)マルゲリータ1,400円也。 美味しかった。ルッコラは焼いてあったけどフレッシュリーフを後乗せでも良かったかも(その辺はお店の考え方にもよるか、 それがナポリ風なのか)。

チーズの器で作るポルチーニのリゾット1,350円也。あたしゃこういう風に作るチーズリゾットが大好きなので、 ダンナが見つけたんだけど速攻コイツをメインにいくことに決定(^_^)/。
 あとはグリーンサラダを頼んで2人でシェアしたらお昼にはちょうどのボリュームだった。  ちょうど少し後で近くに座った大人4人の家族連れがチーズの器を興味丸出しで眺めつつ小声で「あれ凄いね」「結構量あるよ」 などと話していたのが聞こえて面白かった。 お味の方はキノコとチーズとリゾットの大好きな私には大満足、 ダンナはチーズとキノコの風味に中てられて途中でもういい・とリタイアしてしまったので残り4分の3余りを美味しく頂いたよ(*^_^*)。  その分マルゲリータをあげたからまぁいいよね(いいのか)。

 …というわけで、最近ちょこっとダイエットそっちのけで食べまくっているので反省しきりである。  今日もスポーツクラブどうしようかなぁ、 などと一瞬思ったけど今週は土曜も休みだしこのままでは再び体重がヤバいことになりそうなので意を決して行ってきた。  朝一番のラテンビートのクラスは相変わらず楽しい。 ハリポタ読了後ベッドサイド読書に困ってたんだけど、久々に「Anne of Green Gables」 シリーズを引っ張り出してきて読んでたら昔読んだ頃のことを思い出して懐かしくなったのでジムにも持ってって予定外の自転車漕ぎ30分の間ずっと読んでたよ (前傾姿勢を取れば問題なくペダルを踏めるので、 負荷を気持ち弱めにしてガシガシ踏みながら熱中してたらいつの間にか時間が経ってたとゆーか)。  いつものクロスカントリー風踏み込みマシンは20分に押さえてストレッチをしてシャワー浴びてサウナに7分間耐えて(^^;)終了。  3月のオープン直後から通ってるのでほぼ半年経つんだけど、いつも一人で行動してるからそれほど他の会員さん達と話す機会はないのだ。  でも今日は珍しく、よく同じクラスで顔を見る会員さん2人にサウナと帰りのロッカールームで向こうから話しかけられた。  何かフレンドリーな雰囲気とかをかもし出していたのだろうか、謎だ(^_^;)。 でもそうやって知り合いさんが増えていくのは嬉しい。

 隣のショッピングモールにある無印良品がもうすぐ閉店する、 というのでダンナと待ち合わせてカフェで昼食を摂った後閉店セールに行ってきた。 日用品やお茶やお菓子などを買って戻ってきて、 窓とドアを開けて風が通るようにして本を持って居間の寝椅子に横たわれば風は涼しく吹き渡って心地良い疲労感も相俟ってついうとうとと (またか)。
 …ということで夕食は簡単にスパゲティボロネーゼにして(^^;)ACL quarterfinalの第2戦を見たわけだ。  前半早々に疑惑の得点(現場では誰も文句言ってなかったけど後でハイライト映像観たらなんかオフサイドっぽかった)、 しかもこれまた早い時間に全北に退場者、全体的なジャッジはウチ寄り、とこう書くとすごく楽な試合みたいだけど、 実際はやっぱりパスが繋がらなくて結構攻められて大変だった。  画面の浦和サポーター達は埼スタみたいにまとまって赤く応援してるし声量も凄いし、なんかJの中位相手のフツーの試合っぽい展開だった (でも緊張度は全然違う。怖くて試合横目で観ながら皿洗いだのキッチンの片付けだの拭き掃除までしてしまった。逃避・笑)。  それにしても全北、ファウル多すぎ。 闘莉王とか接触プレイで口を切ってダラダラ血とか流してて、 それがTVでドアップになってた時の怖さと言ったら(^_^;)。 2ちゃんねるではさっそく「落武者」とか言われてるし (本当にそんな感じで不謹慎にも大笑いしてしまった。ごめん>トゥー)

 後半に相手のオウンゴールで2−0となってからはかなり落ち着いて見られるようにはなったんだけど、 それでも無失点で終われるかどうかは怪しいものだったので最後まで結構ヒヤヒヤしていたよ。 ロスタイムも長かったし、 終了の笛が吹かれた時には心底嬉しかった。 途中叫んだらダンナに窓閉めさせられちゃったから汗だくになっちゃったし(自業自得)。
 さて他所はどうなってるのだ、と川崎vsセパハン@等々力の様子を調べる。 一戦目に引き続き0−0の引き分けで延長に入ったとのこと、 内心応援しながら今夜行われたJ2の結果を報じているスカパー番組を観ていたのだが残念ながらPK5−4でこちらは準決勝進出ならず、 との速報にがっかり。 一緒に決勝まで行こうって約束したのに、馬鹿ぁ〜(神奈川方面の海に向かって叫んでみる)。

 今夜の一曲はTOTOのChild's Anthem。  デビューアルバムの最初を飾るinstrumental曲がこんなに格好良いなんてやっぱり優れたミュージシャンの集合体だなぁ、 と当時の皆が思ったかどうかは知らないが(^^;)、とにかく最初からインパクト全開(チューリップの「心の旅」ばりに。って小さいよ・笑) なロックナンバーだ。 これをサッカーの試合の入場曲に使えば燃えそうなのになぁ(権利が大変か)。
 普段はライヴより完璧なスタジオテイクの方が好きな私だけれど、この曲はむしろLiveの方が良いかもしれない。  短いけれどgrooveyに畳みかける演奏が気持ちよくてうっかり全部ちゃんと聴いてしまったよ。 よく考えたらこれも嬰ハ短調(C# minor)。
 …嬰ハと言えばスカパー視聴者以外の人ごめんなさい、サッカー中継の間によく流れてる「前人未到の雪山に挑む登山家。頂上まであと少し。 その時彼の目に飛び込んできた信じられない光景とは」というドガッチのCMの曲、あれC# minorなんだよね。 気になることったら (お前が異常だ)。 えと、最近読み始めた方のために補足しておくとあたしゃ嬰ハ短調フリークで、 相対的絶対音感なんか持ってるもんだからちょっとある曲いいなとか思ってると大抵この調で気付いてからあーなるほど、ってなっちゃうのだ。  変な日本語(^_^;)。

 というわけで今夜は上機嫌のままこの辺で。 明日は午前中だけお仕事して午後は表参道に行こうかな、と思っているところ (何故かは明日の更新で明らかに!…って本当に更新するのか?うーむ)。 今日だけは差し迫ったJリーグ後半戦や来週のACL準決勝 (相手はまだ決まってない。夜中に対戦する同じ韓国の城南とシリアのアル・カラマの勝者)アウェイ戦のことも忘れて安堵に浸ることにするよ。  アジアを戦うって大変だけど楽しいね。 ではでは(^_^)/~~~

posted by らっきー at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

ドーナツどーなつ。たかだか粉と卵とバターをこねた生地を油で揚げた(あるいは揚げない)だけのものに何故ヒトはあれほど熱狂するのだろう。

 こんばんは、週に3回もコーンピザを食べてしまったピザ野郎、らっきーですm(_ _)m。 誰だホンモノのピザとか言う奴は(註: 2ちゃんねるでピザとは肥ったヒトのこと。何故ならそういう人はピザが好きだから)。

 今日の仕事は午前中だけだったんだけど、書類が溜まってて13時半のタイムリミット(午後の担当者が仕事を開始する時刻だ) までに数枚しか終わらなかったので自動的に残業決定(^^;)。 晩方から勉強会があるので家には帰らず働こう、 と思うがその前に昨日丸ビルのコンランショップで見た本が忘れられなかったのでまたまたお出かけ。  銀座INSの前に消防車がたくさん停まっていてカメラとか野次馬とかが集まっている。 何かあったのか? (後でダンナから情報を得たのだが、どうも火事だという勘違い通報があったらしく怪我人も逃げ遅れも居なかったらしい。そりゃ居ないだろう。 何だか焼肉屋の煙を見間違えたのでは、という話もあって消防署員さん達お疲れさま)
 まだ売れてなかったので、結局購入。 「テレンス・ コンランの狭小空間(How To Live In Small Spaces)」 という大型インテリア本なんだけどね(^_^;)。 ←昨日は売れると困るので書名を明かさなかったのだごめんなさい(懺悔)。
 昨日は邦訳版が残り1冊で見本だったんだけど、仕方がないそれを買おうとレジへ持って行ったら店員さん曰く「あぁ、 ちょうど今新しいのが入りました」\(^o^)/。 お礼を言って有り難く手の切れそうな新品をゲットし、銀座へ戻る。 皆さーん、 邦訳版の新しい本が数冊入荷してますよー、買ってくださーい(後ろめたいので宣伝しておく・笑)。
 しかし勘違いしないでほしいのだが、彼の言う狭小空間というのは日本の平均的なマンションより広い(ある意味当たり前)。  時々パリの小さなアパルトマン・とか言って60uぐらいの家も出てくるが、 大抵ワンルームでベランダや庭には緑が溢れていてお洒落極まりない。 無粋にズドンと太い梁や変な小上がりは無いのである(^_^;)。  眺めていると時間を忘れるよ(やっぱ買って良かった♪)。

CIMG4276 ごめん、昨日のエントリであれだけけなした焼きドーナツの店「miel」 に25分も並んで16個買って職場に13個差し入れしてしまったよ(笑)。 とゆーか平日午後2時過ぎにどうしてあんなに並べるんだ女ども〜(自分を棚上げ)。
CIMG4272 CIMG4274 フツーにカウンターの中のオープンスペースで生地をこねて焼き型に搾り出してワッフル焼き器みたいなのでこんがり焼いてる。 落下細菌という言葉が頭に浮かぶが加熱してしまえば皆同じたんぱく質、問題なかろう(^_^;)。
CIMG4271 焼き上がり。多分これはプレーン。
 味の種類は最初の写真に勢揃いしているが、特に銀座店限定が「フロマージュオランジェ (オレンジピールがたくさん入っててプチプチした食感。チーズの香りがふわっとする)」と「くりきなこ(文字通り栗と黄粉だ)」 の2種類なので、それだけダンナと分け合うべく1つ多めに買った。 ちなみに帰宅してからもう1個持って帰った「ラムレーズン」 を含めて3種をほんのちょっとずつ試食(夜遅いからね)。 ふーむ、パウンドケーキとも少し違う、 けどドーナツより油がしつこくなく風味はこっくりしててやっぱり普通のものとは少し違うかなぁ、という感じ。  一度堪能したのでもういいか、残りは明日ダンナと分け合おう(^_^;)。 プレーン以外は210円均一だよ(プレーンは180円、だったかな)。

 つぶれやすいので箱でどうぞ、と言われるのを無理に袋に詰めてもらいコンパクトにする(売り場のお姉さんには申し訳ない)。  またまたコーンピザの店でマルゲリータを頼んでしまう(反省)。 職場に戻って食べよう、と途中でペットボトルのお茶を買って戻る。  わー、ドーナツも美味しそうだけどその手に持ってらっしゃるものが気になります・と鋭い突込みを食らう(^^;)。
 さすがに行列のできる店だということを知っていたスタッフさんがいて、 皆いろんな味を試したいもんだからひとかけらずつ取って個包装のまま袋の口を閉じたりしてる(笑)。  でもその方がどの味が好みか分かって合理的な気はするけど(次からそれ中心に買えばいいもんね)。 あたしゃ「くりきなこ」が気に入った。  実は3つ買ったら売り場のお姉さんが次の2人組の目の前でメニューのくりきなこ写真の上に「Sold Out」のシールをペッタリ貼って、 後ろの人々の落胆が聞こえてきたのだった。 正直、私も驚いた(凄いタイミング)。 あぁごめん、もうお会計済んじゃったじゃないか今更返せないよ(^_^;)。  後ろで待ってる時の傍若無人な会話はアレだったけど決してわざとじゃないからね(言うな)。

 もう眠いので今夜の一曲だけご紹介して後は明日。 Paul Simonの"Still Crazy After All These Years"、同名のアルバムのオープニングを飾る曲だ。  いきなり前奏最初のオルガン風Dminの和音の枯れ方がすごくいい(変な褒め方)。
 詞の内容は「別れた恋人に道でばったり会った、彼女は嬉しそうにしていたけど僕はただ微笑んでた、昔話をしてビールを飲んで… こんなに長い時間が経った今も君に夢中(still crazy)なんだ」というもので分かりやすい。  でもこの情感溢れるスローナンバーの最終段落は「そして僕は窓辺に座って車の往来を眺めている、 いつの日か僕も事故を起こすのかと考えると少し怖い、でももし陪審が僕のような奴だったら罪に問われはしないだろう、 今でもやっぱり狂ってるんだ(still crazy)」と結ばれるのだ。  懐かしい女性との再会を歌ったと思えた穏やかな歌はここに来て初めて、現代の狂気を歌っていたと分かる。 最初に聴いた時、 頭を殴られたような衝撃を感じたものだ。 ポールはアメリカ人だけれど、 もの凄い皮肉屋でその歌う世界はイギリス人のスティングがヒネてるのとはちょっと違ってどこか病んでてどこか憂鬱なのだ。 Sound Of Silence, Sound Of Silence(ワタシが最初に頭を殴られた歌でもある)。

 やった、久しぶりに2日連続で更新したぜ(全然威張れない・笑)。 今日は帰りが遅くなっちゃったんだけど、 どうしても何かを書き残しておきたい自分なりの理由があって、それは別に世間様に発表するものでもないのでとにかく書き逃げさようなら。  明日はスポーツクラブに行った後職場でもう一つ勉強会があって、戻ってきて家の中のことをする予定(もうピザは買わない。約束)。 見よ、 ボクの狂気のそれも一つだ(と突然ランボー風にどこへも繋がらない戯言)。 あでゅー(__)Zzz.。oO。

posted by らっきー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

ダイエット失敗中(^_^;)。銀座のお仕事帰りは甘い誘惑の罠に溢れていてワタシは喜んでその渦に身を投じるのだ(馬鹿)。たーすーけーて〜。

 こんばんは、日中はまだ蒸すけど朝晩はめっきり涼しくなりましたねー♪ らっきーです(嬉)。 秋っていいよね、 空が青くて高くて空気が澄んでて、風が気持ちよくて。 あーもう、一年中秋だったらいいのに(言い過ぎ)。
 いまの職場に来て初めての休日出勤日(2ヶ月に一度ぐらいある)は結構忙しくて、 というか基本的に普段は午前の方が午後より大変なんだけど、その午前中の内容が朝10時から昼食休憩を挟んで午後2時半(実質3時過ぎ) までずっと続く・というシロモノで、疲労困憊で終了したのだ。 いつもより早く終わるから、 と昼食は持参しなかったのだが同僚のヒトが食べ切れなかったサンドイッチを1つ恵んでくれたので(^^;)有り難く頂く。  若干の空腹を抱えて終了。 ふー、また近々12通も報告書追加かぁ(^^;)。

 せっかくの祝日なので、というかダンナは今月一杯まで長い長い夏休み中(という名の病休中)なわけだが、 キャツが前から銀座3丁目のApple Storeに立ち寄りたがっていたこともあって連絡して出てきてもらう。 新しいiPod nanoが発売された直後だったこともあって、店内激混み (どっちかと言うとMacのパソコンよりiPodがほとんどの人気を攫っていたけれど)。 我々はiPod Touchを見たかったんだけど、 現物はおろかモックアップすら置いてなかったので1階をぐるっと回ってすぐ出てきてしまった。  アンテナショップなのに使えないなぁ凸(ー_-メ)。
 このiPod Touch、世間では「電話機能とカメラのないiPhone」などとも言われているらしい。  Wi-Fiを使ってネットサーフィンやyoutubeの視聴もできる・というのがウリらしいが、 日本語にはちゃんと対応してくれるのかしらん(してくれなくても買うけど)。 あとは、Wi-Fi Music Storeで海外のiTunes Music Storeの曲が買えれば超Good Jobなんだけど(コイツは期待薄)。 うー、 あの薄さとツヤツヤ感とタッチスクリーン、痺れるではないのさ(真ん中ストライク)。 ダンナー、ウチって今年の冬で結婚10年だよねー、 スイートテンダイヤモンドいらないからコイツをプレゼn(以下自粛)。

 …Apple Storeを出てぶらぶら有楽町駅方面に歩いていたらマロニエゲートのとこに出た。  行ってみようかと思ったけど入り口から既に何だか大混雑なので中止(^_^;)。 すぐ隣がプランタン銀座で、 確かここの地下食料品売り場が大幅な改装をして新しくなったという話を聞いたよなぁ、と思い出し行ってみることにした。  ちょうどお腹も空いてたし(昼食はサンドイッチ1つなワタシ)。
P1030452 P1030462 手で持って食べるコーン型のピザ、という新しいスタイルのKONO PIZZA(コーノピザ)。
 見た目はほんとアイスクリーム(の上の部分を食べ終わったところ・笑)。 一度は通り過ぎて他のところも見て回ったんだけど、 どうしても気になったので戻ってきたらたまたま空いてたのでマルゲリータ450円也を単品で注文してみた。  我々夫婦の一番お気に入りのピザだからね(こればかりは肉が入ってなくてもOK。 トマトソースが良ければほんとに美味しくなるんだこの組み合わせは)。

P1030454 P1030458 お店のカウンター正面とコーンピザ焼き器。
 作り方。 注文すると、お店のお姉さんがコーン型をしたピザ生地(薄いもの) にチーズソースとそれぞれの具を口まで入れてこの焼き器にセットする。 コーンスタンドが付いてる円盤がゆっくり時計回りに回転し、 左側の入り口からオーブンに入っていく(写真はちょうど入っていくところ)。 約半周分通過する間に外も中もこんがり加熱され、右側の出口 (逆三角形)から熱々のコーンピザが出てくる、という仕組みだ。 考えたねぇ (以前豊洲ららぽーとでミニドーナツ揚げ機を見た時にも感心した。このエントリ参照)。
P1030465 随分食べちゃってからの写真でごめん(思いつかなかった。 持ってるところをダンナに撮ってもらったよ)。
 外側のコーンはジェラートなんかのコーンみたいに(甘くはないけど)パリパリと香ばしく、 中のソースは熱々とろーりととろけてちゃぁんとマルゲリータのお味でとっても美味しかった。 気に入っちゃったよ(*^_^*)。

 ちなみにこの時、大変に偶然の出会いがあったのだ。  焼き上がりを待って順番札を持ってボーッとしていたところにぽんっと肩を叩かれてびっくり、 顔を上げたら銀座のマドンナのお店で週に1〜2度ご一緒しているT嬢(先日の屋形船でもずっと一緒に行動してた、 現在職場内では一番の仲良し)ではないか。 ダンナ様とお子様3人といらしていて、 もちろん互いの家族とは初対面なのでウチのダンナも含めて皆で自己紹介などをする。 少しだけ立ち話していたら私のピザができたので呼ばれ、 じゃぁまた・と慌しく別れたのだけれどT嬢は休日出勤じゃなかったし自宅は文京区なのですごい偶然だよね、びっくりしたよ。  おかーさんしてるんだなぁ(尊敬)。

 お腹も満たされたところでその辺をさらに探検する。 何とか言う焼きドーナツ屋さんが大行列になっていて、 本拠地は大阪らしいんだけどどういう宣伝をしているのか購入待ちの人々が長いぐるぐるした列に並ばされている。 じーっと見てたんだけど、 焼きドーナツって美味しいの? むしろパウンドケーキとどう違うのかしらん(禁句・笑)。 あまり興味をひかれず。
 しかし嗚呼、良いモノを発見してしまいましたよ華々美人(ファーファーメイリン)。  リンク先は東方美人(トンファンメイリン)というお店だけれど東京ではこの名前で出ているらしい。  マンゴーデザートを主としたアジアンスイーツのお店で、 何故知ってるかというと錦糸町olinasに先日まで入ってて去年の夏には大変お世話になったからなのだ(このエントリ参照)。  マンゴー大好きな私としては今年の夏に再訪してお店がなくなってるのを発見した時には大変ショックだったんだけど、 青山の方にお店があるっていうのは調べて知ってたのでそのうちそっちへ行ってやれ、とは思ってた。 ココなら近くていいや (デパート内だからまたいつなくなるかは分からないけど)。

 ピザを食べたばかりでお腹いっぱいなのでこの日は断念したのだけれど、実は翌日(火曜だ) の仕事帰りにまたまたこの売り場を訪れてしまって結局食べたので報告しておこう(^^;)。
P1030460 こんな感じの店舗だ。イートインスペースが無いのでどうするんだろう、 と思ってたんだけど。
09180001 マンゴーシャワー500円也(携帯電話で撮影したので画質粗くてごめん)。
 歩きながらでも食べられるように片手で持てるタイプの容器に盛ってくれるので、それほど量がなかったのが残念。  全体のサイズもさることながら、上にかかってるマンゴーソースの量が少ないのがまた不満だ。  ちなみにさっき紹介した過去のエントリには錦糸町店で出されたマンゴーシャワーの写真を載せてるんだけど、あの量で580円 (期間限定で更に100円引きしている期間もあった)だったんだぞー・と憤るもまぁ場所代か、仕方ない(-_-#)。  今度青山店に行こうっと(まだお店があれば)。

 そんで今日は週休日恒例のスポーツクラブに行って、昨日の深夜番組でたまたま出てきた船の科学館に行こう、 とダンナと話していたので終わったところで電話をしてみたらちょうど肉眼で確認できる距離で本人ゲット(をを偶然。彼曰く 「いつもこのぐらいの時間だからちょうど会えれば一緒に行ってまだ終わってなかったら一人で行くつもりだった」とのこと。冷たいヤツめ)。  まず燃料補給(例によってあたしゃ腹ペコ)。
IMGP0078 ヨドバシ上のレストラン街でパスタランチ。ダンナ写。
 彼はチーズ入りミートソース、あたしゃ夏野菜のトマトソースパスタ。 それほど期待しないで入った店だったけど、 パスタはアルデンテでソースは野菜の味がしっかりトマトと絡んで大変美味しかった。 ごめん店の外見で判断して(^^;)。

 血糖値が上がったところで電車に乗って東京駅まで来た。  新橋まで山手線に乗ろうとホームへ上がったらちょうど池袋で人身事故とかで両方向とも運転見合わせ中(えー)。  少し待ってたんだけど全然動きそうにないので再相談、もう午後も遅くなってきたし船の科学館は次回にしてこの辺で遊ぼう、 ということに(笑)。 丸の内方面に出たら今にも雨が降りそう(事実、雨粒がほんのちょっとだけ落ちてきた) だったので地下で繋がってるところへ行こう、と丸ビルに向かう。 この間新丸ビルには行ったからね。
 明治屋に売ってた怪しいすっぽんドリンクを笑ったり、 冷やした石の上でアイスクリームとフルーツなどのトッピングを混ぜ合わせて作るデザートの店を外側から見てそのボリュームに呆れたりしつつ歩く。  向こうのヒトの考えることというのは良く分からない(^_^;)。

IMGP0095 丸の内Loftにて。分かりづらいけど奥の方に来年版のほぼ日手帳を売ってるコーナーがある。
 デジカメ忘れてったのでダンナ写。 遠いけどお許しを。 と言ったら 「馬鹿野郎店内撮影厳禁なのをアンタが写真撮れっていうから無理して目立たないところから撮ったんだぞ無茶言うな」 と怒られてしまったよ(^^;)。 このほぼ日手帳、 たくさん書けて文庫本サイズだから持ち歩きもしやすいし、色んな工夫がされていてスケジュール管理にもメモにも本格的な日記にも便利に使えるのでここ数年愛用している。  もうWebで注文しちゃったので(特典でおまけのカバーと筆記具が付くからね) ここでは買わなかったけどカバーの色合いや中身をちょこっと確認してきた。 来月には届くらしいので楽しみだ(^_^)。
 ついでに手前のコーナーで見つけたハードカバーの細長い手帳が格好良かったので職場に置いといて顧客管理をするのについ買ってしまった。  カレンダーの休日やなんかは日本のもので数ヶ国語が併記されていて、 表面の装丁はドイツ語で色は数種展開されているもののうち黒にしてみた。 大きさ、というか長さは折り畳み傘ぐらいでかなり細長いけど、 ソコが良いのだ(変な拘り)。

IMGP0102 小岩井農場の直営レストラン(?)のティータイムに食べたデザート。
 ダンナはプリンであたしゃアップルチーズケーキ。 そこそこ美味しかったけどスペシャルな感じじゃなかった。  レストランガイドを見たらスフレとかやってる店があったからそっちで食べればよかったかも(また今度)。
IMGP0105 チャイニーズレストランの厨房が外からガラス越しに見えている。写真小さいけど、 中央付近に吊るされてる茶色い物体はクチバシ付きのれっきとした鳥だ(多分北京ダック)。顔が怖い〜。

 帰り際にコンランショップ(有名なテレンス・コンラン卿のインテリアショップだ)にも立ち寄った。  もともと我々のライフスタイルに比してあまりにもお洒落、というか非現実的なので普段はちらっと見て終わりなんだけど、 今日はビルじゅう探索したついでに結構ちゃんと見て歩いたよ。 置いてあったインテリア本の中にとても欲しくなったものがあって、 Amazonで買おうと思ってさっき検索したらマーケットプレイスからの出品で割高になってる(>_<)。 うー、 明日仕事帰りに買ってくるか(定期券の区域内なので途中下車もおっけーだ)。

 というわけで当初の目的とは違っちゃったけどそれなりに満足して帰ってきたよ。 疲れたので少し休憩(遅いお昼寝とも言う)の後、 夜は久しぶりのACL(決勝トーナメント、別名ノックアウトステージ)でホーム埼スタでの全北現代(韓国;前回ACL覇者だ) 戦をTVで応援して過ごした。 2点先取して相変わらず危なっかしく何とか守ってたのに後半残りわずかのところで失点してしまい、結局2− 1で第1戦終了。 勝てたのは嬉しいけど、最後の失点が余計だったよなー、 アウェイゴール優先ルールだからここはきっちり無失点で切り抜けたかったけど、 まぁ得点取り合っての引き分けよりはマシだからホームで勝てただけ良しとしなければ(^_^;)。
 次は来週、向こうのホームで第2戦だ。 ワシントンが出場停止明けで戻ってくるので、何とか最低1点は取らないと、 というか取れるに違いない(無理やり楽観)。 その前に土曜の横浜FM戦があるのでウチの子たちは皆疲労困憊だろうけど、 何とか次の未体験ステージへ進んでほしいと心から思う(来年も出られるとかそういう保険はこの際考えないことにする)。  頑張れーp(^_^)q。

 今夜の一曲はGeorge Winstonの"Colors / Dance"。 透明感と豊かな展開が大変に秋らしい、その名も「Autumn」 というアルバムの最初を飾る収録曲で、ピアノの魅力が存分に引き出されているニューエイジの名曲だと思う。  テクニック的には難しくないので私も弾ける(ウチに楽譜がある)。 秋になると弾きたくなる曲の筆頭だ(冬の夜ならBeethovenの 「月光」とかね)。 ちょっと長いけど、情景が目に浮かぶ曲なので是非、素敵な自然の写真と共にご視聴を(*^_^*)。
 ちなみにジョージ・ウィンストンは何度も来日公演を行っていて、私は大学時代に2回聴きに行った。  三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂という、小規模コンサートでは結構よく使われる会場だ(その後、 そこから徒歩圏の職場に5年勤めることになるんだけど)。 こういうニューエイジ(まぁイージーリスニングだ)的な曲もあり、 バラッドやブルースやラグタイムと言った古き良きアメリカを思わせる曲もあり、しかも2台のピアノを向かい合わせて中央に椅子を1つ置き、 そこに座って片手は身体の後ろに回して2台2手弾き・とかピアノの前蓋を開けて立ち上がって張ってある弦をそのまま手で弾いて演奏・ とか座興みたいなこともやってみせたり、 と才能と遊び心に溢れたピアノ弾きさんなので美しいピアノ曲が好きな方には是非おすすめ♪ 随分頭髪が寂しくなってきたけどね (久しぶりにどっかで写真観た時にはドコの禿げ親父かと思ったよ・笑)。

 …というわけでもうすぐACLの共闘相手(決勝までは)であるフロンターレの中東アウェイ戦(vsセパハン@イスファハーン, イラン)の生中継があるので今夜は少し夜更かしをして応援予定。 少なくともどっちかが決勝まで行ってくれ、 と願っているので彼らにも是非頑張って欲しいものである。 遠いし文化が違うし大変だと思うけど何とか点決めて帰ってきてねー。 祈・ 上首尾!

posted by らっきー at 23:50| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

老人と海、ではなくておばちゃん達と舟遊び(^_^;)。この夏水上バスに乗ってないなぁ、と思っていたら職場の宴会が屋形船だというので初めて体験してきたよ。

 そんで今夜の夕食に残った天ぷらを食べ過ぎて若干気分が悪いらっきーです、こんばんは(無理するな)。 いやぁ、 ダンナが1つ2つは食べてくれるだろうと思って今夜のおかずは決定ね・ とるんるん持って帰ってきたのだが他にも韓国風味付けの肉野菜炒めとかうなぎまぶしご飯とか煮豆とか胡桃小女子(くるみこうなご。 小さな魚を甘く煮付けて胡桃に絡めた箸休めである。もちろん大地宅配で購入) を出したらそっち優先でバクバク食べてて天ぷらの方はただの1切れも召し上がっては下さらず、 仕方がないので私がヒーヒー言いながら処分するはめに(^_^;)。 あー他のおかずを全部残してしまったじゃないかぁ、ひどいよひどいよ (何かに訴えかけたい気持ち)。

 屋形船、それはランチまたはディナークルーズのやや小型の和風版(分かりやすい)。  昨日は17時前に仕事が終わって2時間近く残業をして、19時前に皆でタクシーに分乗して晴海の船着場に向かった。  どんなものだか分かってないので、ただひたすら皆に続いてその辺でぐだぐだして全員揃うのを待つ。 蚊に刺された〜!・と同僚のT嬢 (私と下の名前が完全に同じということもあって互いに親近感を持ってる、今の職場で一番仲の良い同僚)が言っている。  あら私より先に刺されるヒトがいるなんて珍しい、と思っていたらそれから10分ぐらい経ってしっかり私も刺された(涙)。  赤くなった手首に爪を立てながら「Tさん、血液型何ですか?」と訊いてみたら「アタシ?O型〜」ですと。 同病相哀れんでみる(彼女も 「O型は蚊に刺されやすい」という話を知っていた。ほんとらしいよ。何でも体温が少し高いのだとか)。

CIMG4203 やってきました我らの今夜の宴会場。乗船直前に船着場から撮影。
CIMG4204 中はこんな感じ。結構広い。お店のにーちゃんの近くは飲み放題コーナー。 後ろの通路に向かうとトイレがある。

CIMG4219 CIMG4222 最初に出てきたお料理の数々。我々の周りにはカニ大好きさんがいなかったので、 割と長いこと余ってた気がする(好きなヒトが聞いたら勿体無いと思うんだろうなぁ)。
CIMG4232 CIMG4235 CIMG4237 CIMG4238 CIMG4239 CIMG4243 屋形船、と言えば天ぷら(有名)。
 乗ったことすらないのにそれだけは事前に知っていたのだけれど、いざ次々に出されてみたら圧巻(^_^;)。  一人あたま一種類1個ずつなのだけれど、とにかく種類が多い。 そして熱々で美味しい!  最初の3つ4つはハフハフして夢中で頂いていたけど、段々お腹一杯になってきたよ(当たり前)。 全部写真撮ってたけど、 結局9〜10種は出てきたと思う。
 マドンナが事前に持ち帰り用のアルミホイルを持ってきてたのはそのためだったのか(笑)。 でも9月も中旬だったせいか、 お店のヒトが帰りにちゃんとプラスチック容器を準備してくれてきちんと詰めてくれてた。 お土産にどーぞ、 と1つ渡されたので持って帰ったのだが、冒頭にも書いた通り結局また私が全部食べてしまったよ(実は今ちょっと胃が痛い・笑)。  でも現場で食べたのはほんと美味しかったよ。

別にご飯だけ食べに行ったわけじゃない、ちゃぁんと船からの景色も堪能したよ(^_^)v。
 ちょうどお台場のあたりを遊覧するコースで (詳細はリンク参照。実際にこのお店の船で行ったのだ)、周囲には他の船も一杯出ていて賑やかな眺めだった。 お天気を心配してたんだけど、 ちょうど暑くもなく寒くもなく、風が少し強めだけど特に船の走行には影響ない範囲で本当に良かった(*^_^*)。
 たっぷりお喋りして残り1時間ぐらいになったところでカラオケが始まって、上手なヒトもそれなりなヒトも皆楽しそうに歌っている。  「ワタシ下手なのでイヤです歌いません〜」と言い張る人も他人に歌を強要する人もいない宴会は初めてだ(驚)。 水曜に働いてる (らしいので私はほとんど会ったことがなかった)他部門同業のOさんが身振り手振り情感たっぷりに歌った美空ひばりの 「お祭りマンボ」がものすごく盛り上がって、とてもそんな特技を持ってる人に見えなかったので驚いたよ(笑)。 何か歌え、 と言われたので、たっぷり悩んだ末に中島みゆきの「空と君のあいだに」 を歌ってみる。 特に盛り上がりもしないが盛り下がりもしなくてホッとする(次は違うのにしよう)。

 歌い終わって気が楽になったので(^^;)、T嬢と屋上のデッキに出てみたら開放感があって涼しくて気持ちいいこと! しまった、 もっと早く出てくれば良かった、と思ったのはそれから5分ほどで船頭さんに「もうすぐ方向転換をしますので中に入ってください」 と言われてしまったのだった(失敗)。  次に屋形船に乗る機会があったら天ぷらを堪能したところでグラス片手に速攻外に出てずっとそこで過ごそうっと(それもどうよ)。
CIMG4269 貝の味噌汁の写真を撮るの忘れてたけど最後に出たフルーツはしっかり押さえた (このパイナップルが見た目より美味しくて、お喋りしながら結構たくさんつまんでしまった。 あぁ夜遅く果糖を摂りすぎるとどうなるかとゆーと以下略)。

 ウチの職場の宴会の特徴は、職員さん(全員女性) のうち何人かが自分のダンナさんやお子さんなどのご家族と一緒に参加されることが多い、という点である。  特に今回は貸切屋形船だったおかげもあって、幼稚園から高校までの子供の皆さんが全部で7,8人参加していて、皆で「千の風になって」 とか歌ったりして賑やかで面白かった。 こういうのが毎回ごく自然な雰囲気で行われる職場って初めてな気がする(感心)。
 今日はらっきー(仮名)さんの御主人は参加されなかったんですね・と何人もの人から訊かれた。 ええ病後療養中なので、と答えてはみるが、 実はウチのダンナはそういう付き合いとかには興味が無いのだ。 でも正直にそう答えるわけにはいかないし、 何よりココなら一緒に連れてきても面白そうだ、と思えたので、そのうち何とかして引っ張り出してみる予定(昔公務員だった頃、 一度だけ職場のお花見にキャツを半ば無理やり連れてったことがあって、スタッフの皆さんに冷やかされたりしたものだった。 大きな桜の樹がたくさんあって、周囲の人が花見に来るような場所だったから写真を趣味とする身としては興味があったのだろう。 もう10年近く経つ)。

 というわけで、 仕事してる間に炎天下の広島で行われていたJ1第24節サンフレッチェvsレッズについてはダンナの経過報告メールでしか知らないまま優雅に舟遊びをしてました、 というお話。 帰ってからスポーツニュースやスカパーのアフターゲームショーで大体の事は分かったけど、 まだ録画してもらった試合そのものは観てないのであんまり語らない予定。 今日は冷蔵庫の整理がてら品数だけは豪勢な夕食になったんだけど、 食べながら観たガンバvsFマリノスについても (とあるSNSで辛辣な嫌味ぐらい言ってやれと思わないこともなかったけどそれでは敵と同じレベルに落ちてしまうので自制して・笑) 特に語らないことにしよう(^_^)。
 というか横浜FM、次の相手はウチじゃないか! 絶好調だぜヤバいじゃないかー (でも山瀬功治が4枚目のイエローを貰って出場停止になったので少し期待もしてみたり)。  上位陣では鹿島が名古屋に思わぬ完敗だったと思えば清水が勝って上がってきたので、それも不気味である。 まぁでも、 来週はまず水曜日に行われる久々のACL(決勝トーナメントの最初の試合はホーム埼スタでの全北現代戦である) に集中しなきゃねp(^_^)q。

 今夜の一曲は船つながりでBilly Joelの"(The) Downeaster 'Alexa'"。  もともとダウンイースターというのはアメリカ東部のマサチューセッツ州ボストンからメイン州ポートランドまで走っている列車のことらしいんだけど (今調べた)、アレクサとはビリーの一人娘で彼のヨットの名前でもある、というのを収録アルバム「Stormfront」 のライナーノーツか何かで読んだことがある。 だからdowneasterが付いていても、歌詞の通り、 このAlexaは海を渡る舟(ヨットというよりは小さな漁船だが)で間違いないみたいだ。
 残念ながらこのアルバムをそれほど高く評価しない人もいるようだが、私にとってはこの曲と"Leningrad"や"State Of Grace"があるだけで名盤である(^^;)。 ヘミングウェイの老人ほど痛々しくはないけれど、 中年漁師の悲哀と決意みたいなものが感じられて素晴らしい曲だと思う。 これもまた大好きな曲の一つだ。

 …明日は世間の皆さんには祝日、あたしゃ休日出勤(実働4時間弱らしいけど)なので今夜はこの辺でさようなら。 ぼん・ ぼわいやーじゅ(^_^)/~~~。

posted by らっきー at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

爽やかな秋の午後。タオルケットを取り替えたばかりの居間の寝椅子に横たわれば視界には青空。開け放たれた窓と玄関から涼しい風が渡って極楽はこうもあろうかと。

 こんばんは、またまたご無沙汰してました、らっきーです。 ちゃんと今日はスポーツクラブに行ったよ(威張るな)。  というか体重がちょっと増えちゃってビビって行ったんだけど(^^;)。
 ここのところすっきりしない天気だったので、今日は雨じゃなくて本当に良かった。 あたしゃ気候で体調が露骨に左右されちゃうので、 こういう晴れた初秋の午後は天からの恵みのように思える。 空はどこまでも青く高く、 陽光はまだ夏のギラつきを忘れられず木々にくっきりとした影を落とさせ、 風は今まで何してたんだと言いたくなるほどさぁっと涼しく部屋中を吹き過ぎていくのだ。 私にとっては、一年の中で多分一番好きな季節 (匹敵するなら桜が散りかかる頃の春の夕暮れか)。

 …いや、 まぁ週休日なのをいいことに朝は運動してお腹空かせて帰ってきてご飯食べたらすごーく眠くなってちゃっかりお昼寝しちゃっただけなんだけどさ (身も蓋もない)。
CIMG4190 せっかくなので唐突に長崎風かた焼きソバ(あんかけ焼きそば)。
 今日の昼食ではなく、こないだダンナと待ち合わせて有楽町駅前の交通会館地下でお昼食べた時の写真なんだけどさ、 この麺がパリパリしててすっごく美味しかった! 八宝菜みたいな餡が少し塩辛すぎたのが残念 (ウチ薄味だから特にそう思うのかもしれないけど)。

CIMG4185 CIMG4188 ついでに、こないだ吉祥寺のベトナム料理屋で食べた一品料理の数々 (というほど写真は無い。生春巻きとか豚スペアリブとかもあったんだけど食べちゃってから写真撮り忘れに気付いた)。
CIMG4189 私が頼んだ鶏肉のフォー。
 ベトナム料理って実は大抵苦手なんだけど(あのニョクマムとかパクチーとか)、これはどこのお店に行っても絶対食べられる。  というかすっごく美味しいので私にとっては救世主だね(^_^)v。 あと、牛肉のフォーも美味しいよ(おすすめ)。

 他に最近気になった料理と言えば昔のように感じるけど実はまだ1週間も経ってない高校の同窓会の時に出た鶏肉のクリーム煮みたいなの。  ご飯にかけて食べるようになってたのがすっごく美味しくて、あまりお腹空いてなかったんだけどこれだけ食べてた(^^;)。
 そう言えば、いま思い出したんだけど子供の頃繁華街にあるスイミングスクールに通ってた時期があって、 そのビルの地下に洋食屋さんがあってそこで帆立貝のクリーム煮(ライス添え)を食べるのがすっごく楽しみだったっけ、 あのソースの味だ(^_^;)。 懐かしい(もう30年ぐらい前の話だ。ビルはまだそのままだけれど、もちろんその店は今は無い)。  ちなみにビルの1階にその頃はまだ珍しかった31アイスクリーム(というかディッパーダン)が入ってて、 そこでコーンのダブルを食べさせてもらうのが無上の楽しみだったものだ。 妹はロッキーロード、母はペパーミントパティ、 私はキャラメルリボンが大好きだったなぁ…ってすっごい脱線(^^;)。

 昨日は銀座お仕事3時間、残業3時間(書類作りとかその他のデスクワークで)だったんだけど、帰り際にマドンナから「 (来月から常勤になるので)常勤の給与規定を新しく作成したので良かったら見てください」と声を掛けられた。  今は月70時間労働ぐらいなのですっごくお給料が安いんだけど、 もともと経営上余裕があるわけじゃないのは重々知ってるので安月給でも仕方ないか・と覚悟を決めてはいる、 が実際の条件を提示されるとあっては緊張しないわけにはいかない(全然想像もつかないし・笑)。
 「本当はコピー取っちゃいけない、って(経営コンサルタント陣に)言われてるんだけど、もし欲しかったらいいですよコピーしても」 と言われる。 さすがマドンナは鷹揚だ(いいのか!?)。 お言葉に甘えて写真を撮らせて頂いたよ(笑)。  ←紙に残すと後々マズイかもしれないので、デジカメで記録して家で見て責任持って処分しますから、 と言い訳してまんまと頂いてきたんだけどね(お主も悪よのぉ)。

 そんでその場ではカッコつけてあんまり見てこなかったので(^^;)帰ってからしっかりマジマジ見た。 おや、 思ったよりまともなお給料ではないか(卒後経験年数により昇給していくシステムで、 実は私みたいに歳だけ食ってる人間は一番上の等級になってしまっているのだ)。 しかし、 一緒に綴じてあった別紙には各等級ごとに求められる資質と仕事内容がきちんと表に定められていて、 読んでみたらとてもじゃないけど私に勤まりそうにないことが色々書いてあったので微妙に不安になってしまったよ(部下の指導とか。 ちなみに現在の職場で私が指導しなきゃいけなさそうな人なんか一人もいない。研究とか啓蒙の仕事とか海外経験とか達者な才女ばかりで、 むしろ私が気分的には一番下っ端である)。 こりゃお給料一部返上しなきゃだな(決定)。
 まぁでもウチはDINKSなので、安月給でも贅沢さえ考えなければ何とか暮らしてはいけるだろうけど(楽観)。  ダンナには自分の好きな仕事をして欲しいので、家計を支えるのは私の役目である(殊勝)。 そんでたまーにはちょこっと散財もしたいし (本音)。

 というわけで、これから少しずつ勉強していく予定。 幸い、実労働は週4日(+オンコール1日) だし土曜さえ諦めれば決して時間の取れない職場ではないので、 家が片付いたら今までの知識と蓄積を整理して新しいものを積み上げていく土台を整備しないと。 って家はいつ片付くんだ? (悲しいぐらいお約束)

 以上、本日は秋らしく短めの更新で(どう関係あるんだ)。 今夜の一曲はTOTOの"Can You Hear What I'm Saying"。 優れたミュージシャンを集めてバンドにしたのがTOTOなので(もともとトトってラテン語で 「全て」みたいな意味があるんだよね。名前の由来にもなってるって聞いた)、他のグループみたいに中心人物はこの人・みたいなのがない。  特に普通はヴォーカルが一番ハンサムで人気があって・となりそうなものだがそれもない(笑)。 この曲は 「Past To Present 1977-1990」という、ある意味でのベスト盤に新ヴォーカルであるジャン・ミッシェル・ バイロンの曲として収録された4曲の中の1つなんだけど、個人的にはこのアルバムの中でもお気に入りで何度も聴いている。  細かく刻まれたリズムセクションと広がりのあるアレンジと、正直ヴォーカルはあまり目立ってないけど(笑)、 とにかく最初に買ってきて聴いた時からいいなぁって思った曲だ。 一応TOTOのアルバムは全部(普通に入手できるヤツは) 持ってる私のおすすめなので、是非一度視聴して頂きたい(^_^)v。 歌詞もなかなか真剣でいいんだ、「地球を守ろうじゃないか」 みたいな(えー)。  でも可哀想なんだよ。 このyoutube画像に付いてるコメントでは皆「この曲いいよねー、ジョー(ジョセフ・ウィリアムズ)やボビー(・キンボール)の歌で聴きたかったよ」とか言ってるんだ(笑)。 バイロンさん今何やってるんだろ(知らない)。

 それではおやすみなさい。 明日は職場の屋形船なので帰ってきたらレポート予定(乞う御期待♪)。



Toto - Can You Hear What I'm Say Lyrics
The world is precious, a gift to you and me
I suggest we treat her right, with love and dignity
Everybody's looking for some peace of mind
If you seek the truth then you will surely find
Everybody wants to have global peace
While the press of a button can shake the world to its knees
Chorus:
Can you hear what I'm saying, can you hear what I'm saying
There are those who say might is right, I beg to disagree
I say we all unite and redirect our destiny
Everybody's looking for a quick solution
Our lungs are chocking from beathing air polution
I say put down your guns and stop the revolution
I say it's time we make a restitution, yes
Chorus - can you hear me now
Chorus repeats 2x
Can you hear me now, I am calling out to you
(Can you hear me calling out to you, can you hear me calling out to you)
There's so much starvation, so much say untruth
So much prejudice, there's so much liquidation - oh how long, how long
Can you hear what I'm saying
Africa, America, Eurasia, Latin Africa

More Toto Lyrics...

posted by らっきー at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ブルーカラーの充実と悲哀。隣の芝生は常に青いけど、遠く離れた我が高校と少しだけ遠い我が大学の出身者にたくさん会えた珍しい日々に思う。されど我らが道。

 えーこんばんは、またまたご無沙汰でしたらっきーです。 生きてます(例によって)。  というか往く夏を惜しむはずの昨今どうしてこんなに蒸し暑いのだ!? せっかく縁を切ったと思ったエアコンの誘惑に勝てず、元祖お友達 (白元のアイスノン。関係ないけど黄色)にタオルを巻いて膝の上に乗せつつ更新してるんだけど(^^;)。

 さて、土曜は高校の同窓会に出てきたよ。 ウチの高校は南九州にあるのだが、 卒業生は結構世界のあちこちに散っていて関東地方にもかなりの人数が居るはずだ、とのこと、 郷里在住の幹事さんがたまたまコッチに出張で来たことから集まろうぜという話になって実現した会だ。 ひとクラスではなく学年全体なのだが、 同学年のSNSとMLを通じての呼びかけしか行わなかったので結局顔を出してくれたのは計12人だったんだけどね(^^;)。
 まぁSNSかMLか友達からの直接連絡でこの会の実施を事前に知ることができた人はその居所に関わらず多分100人ぐらい、 全体の5分の1ぐらいだったはずだしその中で関東在住となると数十人だろうとは思うのだが。 それにしてもこの数は少ないようで多い。  なにしろ土曜の夜とはいえ18時に渋谷の某ホテル集合という過酷さである。 家庭を持っている人がほとんどで、 お子様をお持ちのお母さんになっている同窓生は家事や育児を誰かに頼んで参加することになるのだ。  私を含めて職場あるいは仕事絡みの出先から直接駆けつける人も居たしこりゃ大変だよね(^_^;)。

 個人的には昼食の間も惜しんで働いたおかげで残業をせずに済み、 昼食に食べられなかったサンドイッチをぱくついた後出発して17時50分に渋谷到着(^_^)v。  目指すホテルは駅から少し歩くと知らされていたのだが、よし、これならほとんど遅れずに済むぜ・ とうろ覚えの記憶を辿って109のビルから直進…あれれ、R246に出ちゃった(どう見ても違う)。

 引き返して東急本店が見えてきたので迷わず直進。 大きな道に出る。 あれれ、松涛って(また違う)。 苦笑いしつつ途中まで戻り、 持参のLinux Zaurusで当該ホテルのWebsiteの地図を表示してガシガシ歩く。  今回結構長いこと間違って歩いてたので戻るのも大変(^_^;)。 汗が噴き出してくる。 ビール飲みたい(乾)。

 今度は細い道になってきたので不安で一度引き返す。 Book 1st(駅近くの大きな書店)の前で地図を再確認、 したらどう見てもさっきの道で合ってる? いや私は決して方向音痴じゃない、ただ地図を読むのが下手なだけだ(一緒)。

 道の向かい側に病院がある、と書いてあるのでそっちが分かりやすいだろう、と探しながら進む。  というかこんなに道幅狭いトコで本当にいいのか? と自問しつつ歩くこと数分(私は1人なら大変早く歩くのだ普段も)。  とっぷり日は暮れて病院なんかどこにも見つからない(>_<)。 でもあったあったホテルがあった(感涙)。
 エレベーターで4階まで上がり、ホテルの方に案内してもらっていたら電話が鳴った。 出てみるとサブ幹事のMちゃん (こないだ前哨戦で会った可愛い女性だ。文系なんだけど1年の時同じクラスだったので久しぶりの再会でも違和感が無かった)。 「大丈夫? 迎えに行こうか?」という彼女の声を聞きながらドアを開け、懐かしい面々と再会。 あれ、当の電話のお相手はドコ?  ひょっとして入れ違った?
 …皆の笑い声がして振り返ると、ちょうど大型ディスプレイの陰から彼女が出てきてお互い電話を持ったまま笑ってしまった。  時計を見たら18時40分。 歩き過ぎだワタシ(いい運動だったよ。負け惜しみ)。

 既に大半のヒトが揃っている。 昔から顔を知ってたり仲良しだったりした人々はあまり変わっておらず、すぐ「きゃーお久しぶりぃ♪」 の輪ができる。 遠くのクラスだったので全然知らなかった人々は顔と名前がなかなか一致しない。 ここだけの話だけど、 何度も他のヒトが名前呼んでたのに結局最後までかなり識別しづらかった男性が2人居た(^^;)。 全然顔似てないのに(ごめん)。
 何だか昔経験した草の根BBSのオフ会みたいだな、とも思うがもちろん皆3年間同じ学び舎で過ごした仲である。  共通の知人や派手な逸話を持つ先生方の昔話でかなり盛り上がる。 というか私が来て最初の乾杯 (先に来てた人々はもう数回目だったらしいが)の直後に校歌を歌おうという事になり、 ちゃんと歌詞を印刷してパソコンに音源を取り込んで持ってきてくれた幹事さんのおかげで皆声を張り上げて歌うことができた。  まだ歌詞の大部分を覚えていて嬉しかったよ私(*^_^*)。

 前にも書いたことあると思うけど、あたしゃ高校の校歌が大好きだった。甲子園で聞く数多の校歌のほぼドレとも似ていない、 ゆったり朗々と歌われるスローテンポな曲の歌詞にはウチの高校の名前は入っていないのだ。 入学式で初めて聴いた時、 曲の素晴らしさに身体が震えたのを今も覚えている。 そしてもちろん青春という名の紆余曲折は経たけれど、 私にとってそこは期待に違わぬ知識と友情の泉だったのだ(褒めすぎ・笑)。 そんな大袈裟じゃなくてもただ面白かったんだけどね (先にそう言え)。
 引き続いて応援歌も歌う。 こっちは一箇所だけ高校の名前が入っていて、 どうしても名前を歌いたかった先輩方が作った曲なのだと聞いている。 体育会や他校とのスポーツ交歓会などでよく歌ったもので、 我々にとっては準校歌のような存在だ。 もちろん詞を覚えている。 20数年の月日が一気に遡られる(変な日本語だね)。  同窓会ならではの、感覚。

 遠い故郷の言葉を皆で戯れに喋って笑い合う。 たまたま舌鋒が鋭く会話の面白い元オトコノコ達がその場に3人居て、 突っ込みあいを聞いているだけでお腹がよじれるほど面白い。 両隣の元オンナノコ達と顔を見合わせてくつくつ笑う (その笑い方も何だか昔に戻ったようで、仕事絡みの薄ら笑いではなく)。  幹事さんが2年前に地元で行われた全体同窓会の会報を持ってきてくれていて、 実家が引っ越したので住所不明者になっていた私は有り難く頂く。 何組の誰それが、という話がどこかで出る度に、 卒業アルバムの写真のコピーがあちこちへと渡って皆「あぁこのヒトかぁ」と思ったり「知らないなぁ」と話したりする。
 21時までの約束で借りていた場所だが、1時間あたり1人1,000円で延長ができるよ・ と言われ結局2時間延長してほとんど喋りまくっていた我々(^_^;)。 最後の1時間弱でカラオケも歌ったけれど、皆上手い!  しかも選曲がことごとく昔の歌! 更に歌だけじゃなくて踊ったりもしてる! というか見てるだけで面白すぎ! … というわけであたしゃヒトの歌で有り難く楽しませて頂いて。  あんまりメジャーじゃない英詞の歌を歌って場を微妙な雰囲気にするのもアレだし、ほら(見えます。と霊能者風に)。

 また忘年会に、と言い合って23時半前頃渋谷の駅で別れた。 こないだと違って終電まではまだ随分時間があり、 電車は微妙に混んでいてまたまた午前様で帰還(^_^)/。 上機嫌でダンナに顛末を報告してうるさがられる(笑)。 楽しかったなぁ、 今度は郷里で同窓会をやる時に合わせて帰省しようかしらん・などと無茶なことを考える。 いやはや。


 というわけで日曜は朝寝坊(^^;)。 すっごく良いお天気なので最初はクルマで出かけようと思ってたけど自転車に変更し、 3ブロック先の石釜ピザ屋さんを目指して出発した。 ら、広い駐車場が既に一杯で断念(時刻は13時頃)。  結局その近くのラーメン屋さんでとんこつラーメンを食べる。 この店がオープンした頃に一度訪れて以来だ(^_^;)。
CIMG4180 トッピングの海苔とネギを乗せた普通のとんこつ(何も見えない・笑)。
CIMG4181 ダンナは味玉子乗せ。他に水餃子(ラー油の効いたスープに浸かって登場)もやっつける。
 …うーむ、味としてはまぁまぁ。 またすぐ来たいかというとそれほどでもない程度(微妙)。 あそっか、だから3年間来なかったんだ、 自転車で10分ちょいぐらいの距離なのに(^^;)。
 夜はJ2サッカーを観ながら有り合わせの食材で夕食にした(スズキのムニエルとポテトコロッケと蒸し野菜とご飯としじみスープ)。  実は自転車で出かけたせいかたっぷり昼寝をしてしまったので遅くなってしまったよ(主婦失格。でもダンナも居眠ってたので同罪〜)。


 空けて月曜日(今日だ)。 吉祥寺に行く日なので早起きしてシャワー浴びてマイクロダイエットを作ってシェイカーごとバッグに入れて出発 (飲む暇がなかった)。 午前中働きながら暇をみつけて全部飲む。  午後はダンナの先日の一時移籍に尽力してくれた代理人M氏の居城を一緒に訪問。 自宅からは近からぬ場所だが、 吉祥寺からなら半分ぐらいの時間で行ける。 だからこの日を選んだとも言う(悪いなワタシ)。
CIMG4183 駅前のパルコに入ってるふらんす亭でハッシュドビーフオムライス。 卵とろとろでうまー♪
CIMG4184 時間つぶしにぶらぶらしてたら面白い靴下が売ってるのを発見。
 埼玉のほうれんそう(左)と明石のタコ(右。上部がタグで隠れている)。  他にも新潟の米とか仙台の笹かまとか宮崎のピーマンとか色々あった。 ご当地シリーズなのかしらん。 それぞれの絵柄もシュールで面白く、 ダンナと勝手な寸評をしながら出てきた。 へーんなのー。

 無事M氏に再会(あたしゃ約15年ぶり)。 直接担当のT氏から丁寧に今回のまとめと今後に関する説明を受け、 それぞれに心からのお礼を言う。 移籍先でお世話になったT氏への伝言も頼んでおいた。 うまくいけばもうここに来ることもない。  M氏は午後から決まった仕事が入っていないと言いながら青い作業着で忙しそうに建物中をあちこち飛び回っていた。  文字通りブルーカラーだな、と思うが口には出さない(笑)。
 我々の職業はホワイトカラーかブルーカラーか、という話題が先日出たのだが、あたしゃどう考えても後者だと思うのだ。  机の前でできることなど本当に限られている。 実際にお客さんの周りを回り、自分も立ったり座ったり押したり引いたりしなければダメだ。  少なくとも、私のやっている仕事は本来そうなのだ。 今の職場は大好きだけれど、唯一物足りないのが机の前の時間が長いことで、 それはまぁ内容的に仕方なくもあるのだが時には心置きなく身体を使いたくなることもある。 だから吉祥寺との縁は切らないようにしよう、 と思っているところ(^_^)v。

 実は今夜は吉祥寺の職場の先輩J氏と、私が昔お世話になってた世田谷の職場で今も頑張ってる先輩M氏(上記のM氏とは別人) と3人で飲む約束をしていたのでダンナの用件が片付いたところで吉祥寺へ戻り、今朝働いてた職場の休憩室でJ氏を待つ。  30分ほどでM氏も到着(家が近いらしい)。 実は私もよく見たことのない職場のあちこちを一緒に見学させてもらい、 休憩室でしばし最近の懸案事項である同門のT氏 (一国一城の主なのに精神的体調を崩してしまって実は昔からソレで周囲を悩ませていたこともあって今回我々の誰もレスキューできずにいる) のことなどについて語り合う。
 すぐ近くのベトナム料理のお店に移動してよく分からない料理を頼み、皆でつつきながら更に同門諸氏諸嬢の近況について報告し合う。  皆忙しくて壊れかけている(とM氏談)。 精神を病みかけているヒト、職場のスタッフに当たって総すかんを食らっているヒト、 びっくりするほどふくよかな体型になってしまったヒト、 最近移動してしまったヒトと彼に付いていくと思われてたのに取り残されて可哀想なヒト、 逆に部下が付いてくると思って辞めたのにその部下に他所へ移動されてしまったヒト、 アメリカさんと仕事しに行って気に入られたまま行方知れずのヒト、相変わらずの変人AさんBさんCさん、子供を産んでリタイア寸前のヒト、 作る前に何となくフェイドアウトしてしまったヒト、お人よしの上司を見捨てられずに育児と仕事の板ばさみになっているヒト… なんかの話を聞いた。 何だかまともなヒトはいないみたいだ(笑)。

 約2時間半、我らが同門の未来を憂えつつ料理をつついてベトナムビール2杯ずつ飲んで(あたしゃ1杯)お開きということになった。  すぐ近くで降りる先輩2人と車内で別れを告げて1時間弱揺られて帰宅し、着替えてメールチェックして更新したら今だ。  あぁ時間の経つのは早いなぁ(^_^;)。 明日は銀座でAM半日勤務なので、帰ったら週末のdisasterを何とかしなければ(決意) 。

 というわけで今日の一曲はPocket Biscuitsの"Power"。 昔々、あれは夏の終わりだったか、 大人数のグループで知り合ったずっと年下の男の子とひょんなきっかけでドライブをした時にこの曲がかかっていて、 だから私の中で千秋さんのチカラ溢れるこの歌は乾いた道と照りつける陽射しと陽炎と結びついている。  本来歌手でないタレントさんがグループを作って歌うという企画モノで作られた曲だけれど、パッパラー河合さん(柏レイソル好き) が書いただけあって聴くと元気が出る、ずぅっと心に残る歌になっている(と思う)。
 だから元気を出そうp(^_^)q。 最初はカラ元気でも、必ず続けていけば力になるはずだ。  というかあたしゃ大体元気というか楽観派なんだけどね(ダメじゃん)。 とか言いつつ今夜はさようなら。 あう、 早く寝ないと美容に差し支える(10年遅い)。 何ならこれから10年寝ててもいいぐらいだ(誰が稼ぐのだ!?)(^_^;)。 So bye for now〜(^_^)/~~~





 蛇足ちっくな追記。 もちろんブルーカラーの「カラー」はcollar(襟)であってcolorではないけれど(ついでに母音の発音も違う)、いろんなブルー(青)の対比も兼ねて戯言として合わせてみた次第。大抵はいい加減なこと書いてるので、ココ見て間違えて覚えないようにね・と一応注意しておく(^_^;)。 逃げろぴゅー。
posted by らっきー at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

さらば台風。いつもならすっきり晴れあがるはずの空は相変わらず曇って風はまだ驚くほど強いけど取りあえず普通の日々が戻ってきた午後。

 こんばんは、あちこち川が溢れそうになってましたが皆様のお近くでは被害などありませんでしたか?  ウチの故郷では10数年前の水害で父のお店の前の石橋が流されてびっくりしました・ のらっきーです(その頃既に親元を離れていたのでこの目で見たわけじゃないけどその後久しぶりに帰省して実際に橋がなくなってるのを見たらやっぱり水の力って凄いな、 と思ったよ)。
 あたしゃ幸い一昨日から3連休だったんで通勤への影響は全然無かったんだけど、 昨日寝る前に天気予報を観てこの分なら朝起きたらもうすっきりピーカンね・ と期待してたのに今朝目覚まし止めてリビングへふらふら出てきてみたら雨も風もまだまだ強くて朝からブルーだったよ。  水曜に続いてスポーツクラブサボっちゃった(来週は出る。絶対。約束♪)(^^;)。

CIMG4155 昨日の昼食は近所の焼肉屋さんのカルビうどんランチ。 辛いんだけどお肉はトロトロお野菜たっぷりでうまー。
P1030368 こっちはダンナの焼肉ランチ。 写真のできばえの違いは腕もあるけどカメラの鮮やかモードのおかげ、だと思う(^^;)。やっぱ一眼レフだね。

P1030375 P1030374 今日のお昼は錦糸町楽天地ビルの「土風炉」にて。 こないだ高校の同窓生と小さな集まりをしたチェーン店だ。
P1030373 ダンナがメニューの中の「十割そば」の解説の写真を撮ってた。
 食べ方にも流儀があって色々大変らしい。その場で生ワサビをすりおろし、蕎麦にさっと絡ませてつるつるっ、と頂くのだ。 あたしゃ野菜のかき揚げソバにしたのだが(ピンボケ失礼)、 カラリと揚がった上品なかき揚げも角の立った腰の強い蕎麦も大変美味しくてぺろりと平らげてしまった。  お蕎麦って食べても胃にもたれないしイイよねー。

P1030369 錦糸町のolinasは早くも秋のセールを始めている。実はこれ昨日撮った写真だ。
 …いやぁ、B1Fにあるゲームセンター「アドアーズ」にメダル預けてあるんだけど1ヶ月出し入れせずに放っておくと消えてしまうので、 取りあえず引き出してまた預けるだけでもしておこうか、 と昨日近づく台風を押して出かけてったんだけど肝心のポイントカードを忘れて行ってしまって何もできずにダンナに呆れられながら帰ってきてしまったのだった(^^;)。
 リベンジに今日も出かけて少しだけ遊んできた。 メダル落としとブロックゲームの融合みたいなモノで1時間ぐらい遊び、 結局ほとんど収支トントンでまた預けてきたよ。 帰りには少し涼しくなってきたけれど湿気がまだ強くて、 残暑というか秋の始まりというか微妙な気候だった。 早く目の覚めるようなあの秋の青空を見たいものだ。

 明日は久しぶりに仕事。 何とか昼休みを少しでも取って食事と可能な限りの書類作成をして、 夕方最低限が終わったらダッシュで渋谷に向かって高校のプチ同窓会in東京に参加する予定である。  ウチの同窓生は結構故郷を離れて活躍している人が多いので、ちょっと集まろうよ、と声をかけると10人ぐらいは何とかなるのだ。  高校1年の時以来全然会ってない(クラスが廊下を遠く離れてしまうともう全然会う機会がないのだ)ヒトとかに会えるはずなんだけど、 皆どういう人物になっていることやら(実は自分が一番心配、ではある。相変わらずちゃらんぽらんな人間像だ)。  楽しみであり少し怖くもあり。
 ふと思いついて、自宅の隅にあったロールピアノ(鍵盤がシート状になってる持ち運び用のキーボード)を出してきた。  もちろん弾きづらいことこの上もないし第一に61鍵しかないのだが、それなりに音は出せるので余興ぐらいにはなるだろう。 ダンナに 「ロールピアノどこやったっけ?」と訊いてみたら「なぁに?同窓会で校歌でも歌うの?」とズバリ当てられてしまってすごくびっくりした。  妙に鋭いヤツだ(時々)。 明日忘れないように持って行かないと。

 それにしてもナニ着て行こうかなぁ(今更)。 髪の毛短くなっちゃってスカート似合わないんだよなぁ、 あと気温がどんな感じかによっても違うよなぁ(^_^;)。 あと、 昨日新しいカチューシャを手に入れたんだけどソレなんとか合わせられないかしらん(緑のオーガンジーなのでまた悩む。 今考えてる服とはまだ合わせたことがない)。 あと頭痛薬と胃薬と、えーと(遠足か!)。
 というわけで全ては明朝起きてから考えることにする。 最近のベッドサイド読書は10数年ぶりに読み返すペーパーバック版「赤毛のアン」 なんだけど、モンゴメリ女史の情景描写ってのは本当に素晴らしいね(だからまだようやく彼女がGreen Gablesに置いてもらえることになったところを読んでる・笑)。 今日は10ページぐらいで止めておこう(やっぱり読むのか)。  そんぢゃ短いけど明日のために今宵はこれまで。 同窓生の皆さん、すっぴんで行くけどドン引きしないでね (年に2回ぐらいしか化粧をしない私。憧れのあのヒトが来るかもしれない同窓会とて例外ではない。というか憧れのあのヒトは多分来ない。 その前に憧れのあのヒトって誰だ・笑)(^^;)。

 今夜の一曲はStevie Bの"Because I Love You (The Postman Song)"。 有名なバラードだけれど、 こんなに簡単な言葉に普遍的な感傷が乗ってて異国モノの私にさえ胸に来るものがある、というのは面白い。  ハリポタ二次創作の企画ページにアクセスしようと思ったら認証が必要だ、 というので必死になってアカウント取ってプロフィール登録して申請の書き込みをして、 と英語でやってたら眩暈がしてきたんだけど本来人間ってのはドコの国の出身だろうと共通した感情を持ってるものだなぁ、と改めて思ったよ。  あと、どれだけ年月が経っても基本的にヒトの心の中心部って変わらないんだなぁ、とも。 映像も素敵なので、 是非ご覧になって頂きたいと思う。 May your days be jolly and truthful... G'night. ☆**ミ

posted by らっきー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

朝から荒れ模様の天気は近づく台風のせい、と言われても八丈島ならまだまだ遠いつもりでいるのに東京は朝から暑さと湿気とにわか雨で結構げんなりセプテンバー。

 セプテンバーとジステンパー(犬の病気)は似ている(^_^)/。 …いやごめんなさい、 ページ閉じる前にもうちょっとだけ読んでってください反省しましたらっきーです(夜中まで馬鹿)。  先週ヘアカットに行ったら居眠りしてる間にごっそり切られたらしくますます男らしい髪型になってしまい、 通勤着のスカートが全然似合わなくなっちゃっててわんわんわわーん・な気分なのでつい八つ当たりを(^_^;)。
 ここ数日涼しかったから、寝る時は居間のサッシと玄関ドアを少しずつ開けて(ドアチェーンは掛けてるよ)、 部屋の窓もちょっとだけ開けておけばそのままぐっすり眠れたのだけれど。 今日はさすがに暑くて、 しかもフローリングを裸足で歩くとぺたぺた音がしそうなほど湿っぽいので諦めてエアコン入れてしまったよ(惰弱)。  うーん涼し〜い♪

 えと、懺悔。 今日はほんとはスポーツクラブの日だったけど、 昨日ダンナと話してたら有楽町の駅からほど近いところにマロニエゲートって商業ビルができてて9月1日からオープンしてる・ という情報を見つけたのでレストランの偵察をしに行こう、ということになり、 そしたら当然AM11時開始のランチタイムの最初から行かないと混んでるだろうなぁ、という話になり… まぁ結局のところサボってしまったわけだ、はっきり言えば(威張るな)。 でも明後日は行く(偉そうに断言。明日は… 違う予定があるのでパス、かしらん)。
CIMG4132 やってきました、マロニエゲート。大雨だったので傘さして横断歩道を走る我々。

 ビルの壁面に東急ハンズのマークがあって、それは先週ぐらいから通勤の時に気付いていたのだけれど (いつも1ブロック向こう側の信号を渡るのだ)。 4階までは主にファッション関連のテナント、5〜9階は東急ハンズ (銀座というロケーションを反映してちょこっとお洒落な雰囲気。置いてあるモノの単価も多分少し高い)、10〜12階がレストラン。  エスカレーターでどんどん上がってったらちょうど最上階あたりで11時を回る。 ジャストタイミン♪
 …と、ふらふらお店を物色してたら向こうから何だか見たようなヒトが歩いてくる。 0.5秒後、アタマの中で回答が出た。 「でぶや」 の石ちゃんこと石塚英彦さんだ。  うわーTVとおんなじ顔ー(当たり前)。 おんなじ体型ー(あれっTVって太って見えるんじゃなかったっけ・笑)。  後ろからカメラの人なんかもついてきてる。 石ちゃんは笑顔で我々とかその辺の人々に「こんにちはー」と挨拶しつつ、 エレベーターホールの方へ消えていった。 いいお仕事だなぁ(でも大変なんだろうけど)。 一気に好感度アップ(勝手な)。  でも体型は真似たくない(気をつけろよワタシ)。

CIMG4140 我々の本日の突撃先 (というかこれはお店のナプキン)。 日本には他にもお店があるはずだけど行ったことない。入ったのは11時過ぎ。さすがに最初は空いてた。
CIMG4137 CIMG4138 ごめん我々全然ちゃんとした格好じゃなかったんで(ダンナはノータイ、 あたしゃTシャツに黒ジーンズ)、端っこの方の席に案内される。ひょっとして時間的なものだけかもしれないけど。
 窓からの景色はやっぱり銀座。 ちょい向こうに東京タワーも見える。 時々ザーッと雨が降る生憎のお天気だったが、 晴れていれば開放感に溢れた明るいお席なのだろう。 相談の末、2,500円のプリフィックスランチをオーダー。  ダンナも私もこの後仕事絡みで出かけないといけないので残念ながらワインはパス。

CIMG4134 CIMG4136 小さく切った細身のバゲット(違う呼び方があるかも)が出てきた。エシレバター (すっっっごく美味しいのだこのバター!あたしゃ昔職場の先輩に勧められて以来大好きだ)を追加400円でお出しできますが・ とメニューの別ページを指差されたので気付いた、危ないところだった。 即お願いしたよ(^_^)v。
 ちょっと後で隣に女性2人組が来たんだけど、彼女たちはボリュームのある方のランチを頼んでいてバターは付いていなかった (ちゃんとそっちのテーブルもチェック済み)。 だから別に頼まなければバターは無いのだろう。 珍しいよねー。

CIMG4139 前菜は鴨のテリーヌとサラダ。少し血の味がするけれどこっくりと美味しい。完食。
CIMG4141 ピクルスがついてきた。テリーヌがしつこく感じられた後半に一緒に食す。ぴったり。 エライ。

CIMG4147 メインは1品のみ。私が頼んだ本日のお魚はスズキ。
 お野菜たっぷりで、バターソースとの相性はGood。 揚げたフランスパンに柔らかいガーリックバターを落としたものが上に乗っており、 淡白な白身の部分と一緒に食べるとサクサクじゅわっと美味しいのだ。 うーん♪
CIMG4146 ダンナのお肉料理は豚ロースの薄切りを柔らかくソテーしたもの。 ペンネのグラタンが添えてあった。両方ともちょっとだけ味見させてもらった。美味しいけどあたしゃスズキで良かったわ (最後は飽きる、とダンナが言ってた。分かる)。
 …そんでエシレバター、4割ぐらい残っちゃったから持って帰ろうと思ってたんだけど、 メインを食べ終わってからお喋りしつつうっかりナイフとフォークをお皿の上で揃えてしまったらすすすっとギャルソンさんがやってきて全部下げられてしまったよ (考えれば当たり前)。 うう失敗(冬場なら「持って帰りたいんですけど」とお願いすることもできたのだろうが、 さすがにこの季節ではそこまで頼むのもアレかな、と断念した)。 仕方ない、今度どっかで探して自宅用に買おう(最初からそうしろ)。

CIMG4150 デザートはクレームブリュレ。表面こんがりパリパリ、ほろ苦。中はとろーり。かなり甘い。 バニラビーンズがこれでもか、というぐらい入っている。これで上にフルーツかコンポートが乗ってればなぁ(贅沢。 というかひょっとして邪道かも。でも自由が丘のプティ・マルシェで食べた時には小さめのブリュレにフルーツが乗ってた)。
 あたしゃクレームブリュレ大好きだけど、 やっぱこのデザートはカラメルを楽しむものなので平べったいお皿にごく薄く作ってあるのが本式なのだと思う。  そういう意味ではココのは正統派。 割と大き目のお皿なので厚さ1センチぐらいしかなかったよ(でも総カロリーは物凄かろうと予想。 むぎゅ)。

 私たちのテーブルを担当してくれたお兄さん、バターの件といい途中で待たされちゃって隣の注文が先に来た時に 「もうすぐお出しできますのであと少しだけお待ち下さい」と声をかけてくれたことといい、デザート直前に「お飲み物、 コーヒーや紅茶はいかがでしょうか」と訊きにきてくれたことといい、結構良いサーヴィスをしてくれて感心した。 さすが(ダンナ曰く、 「どうせならメインを下げた時に訊いてくれれば時間かからなくていいのにね」と。まぁそうだけどさぁ)。

 というわけで満足してお店を後にした。 レジのお姉さんにお礼を言って出てきたら既にその辺は大混雑(昼食難民、 というか行列民の方々がいっぱい)。 やっぱ早かろうが11時過ぎに入店するのがオープン直後の常識なのだなぁ、と思ったことであったよ。
 ボキューズさんのお店、美味しかったけど多分ランチでは(企画モノとか以外は)もう行かない。 正直、 肉も魚も付いたランチを美味しく完食できる胃袋がなくなってきたせいもあるし、 大体のイメージが掴めたので次に機会があれば違うお店にもチャレンジしてみたいのだ。 他にも色々美味しそうなトコがあったので、 また来ることがあれば報告予定。 すみませんねぇ、ウチの職場ココから徒歩4分で(^^;)。

 腹ごなしに東急ハンズ銀座店を探検。 やっぱり高級雑貨のフロアが広い。 へー、とかふーん、とか言いながら見て回る。  途中でダンナの携帯に仕事関係の連絡が入り、予定より早めに一旦別行動することに(^^;)。 もともと今日は週休なのだが、 ペーパーワークが終わってなかったので休日労働するつもりでココまで出てきたのさ(いやまぁランチのついでだけど・笑)。
 PM1時過ぎに職場着。 ちょうどお昼休みで、今日の勤務者の皆さんがお昼の出前弁当を食べていた。  あたしゃ今ソコでフレンチを頂いてきました、とは言えない(事務長さんとマネージャーさんだけなら報告しようと思ってたけど、 その時間忙しく働いてた同僚の前でそれはちょっと)。 その時間に空いてるパソコンを借りて約2時間弱、小部屋の隅でせっせと書類を作る。  印刷した報告書の左上隅に必ずプリンタのインクが付いてるのが気になって毎回ティッシュペーパーで押さえる。  各種クリーニングをやってみてもダメ。 最後の1枚の時にスタッフさんに訊いてみたらもともとこのプリンタは必ずこうなるんだってさ (解せないが不承不承納得)。 ごめんね今日の分のお客様たちm(_ _)m。

 ちょうど池袋に行ってたダンナからも終わったと連絡が入ったので秋葉原で再び待ち合わせ。  昨日職場の帰りに愛用のノイズキャンセリングイヤホン(SONY製。首掛け型。購入1年未満。保証書どっかやった) が接触不良を起こして壊れちゃったので、ヨドバシカメラで同じものを買った。 一つ前のモデルも同じ壊れ方をしたんだよなぁ、 ほんとソニータイマーって(保証書の期限が切れたり見つからなくなったりした頃に壊れる、というソニー製品の逸話。 都市伝説かと思ったが私も友人も大抵経験している。ウチのデスクトップVaioなんかほんと延長保証にしといてよかった助かった)。
 他にも本屋で栗原はるみさんの季刊本を買ったり紅葉柄の一筆箋と封筒のセットとシールを買ったりして戻ってきた。  夕食は肉野菜炒めとマーボー茄子豆腐と冷や素麺(ご飯の代わり)。 J2の鳥栖vs湘南戦を観てダンナは湘南(現在6位勝てば3位)、 あたしゃ鳥栖(同じ九州のよしみで。こちらも勝つと3位争いができる)を応援、結果2−1でホーム鳥栖の勝ち (でも実は私も心の底では湘南に勝って欲しい気持ちもあって複雑。今年ぐらい上がってきなさいってのよね)。  というわけで楽しい休日だったよ(働いたけど)。

 今夜の一曲はArt Garfunkelの"Crying In My Sleep"。 1977年に発表された彼のソロアルバム3作目 「Watermark」のオープニングを飾る、美しく爽やかな曲である。  本当はタイトル曲である"Watermark"の方が繊細で切なくて好きなんだけど、 youtubeには上がってなかったのでこちらをご紹介。 映像もなかなかいいし歌詞が付いてるので、 もし興味のある方は是非リンク先からご視聴を。 ジミー・ウェッブ氏の佳曲揃いの、 様々なトーンの水色が夏の終わりにぴったりな一大お勧めアルバムである。 ジャケット写真はこちらを参照。
 …今でも折に触れて聴き返す。 高校時代、私は彼らが大好きだった。 散々親にねだって買ってもらったレコードたちを、 部屋の縦回りプレイヤーで後生大事に何度も何度も聴いてた。 ひたすらに美しかった、曲も当時の青春も(後者は今でこそそう思うのだけれど・ 笑)。 多分、一生聴き続けるのだろう。

 っと感傷に浸ってみたところで今夜はこの辺で。 明日は台風どこまで来るのかなぁ、 あぁいっそダーッと来てザーッと雨風吹いて被害は無しでガーッと過ぎちゃって、そんでパーッと晴れたりしないもんかなぁ(都合良すぎ)。  そんぢゃおやすみなさーい(__)Zzz.。oO。

posted by らっきー at 23:57| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

気がつけば街は秋の色。朝の涼しさも、夕方まだ残る蒸し暑さの裏で吹く季節変わりの風も私の心をざらりと逆撫でるのだ、準備はできているのかと。

 こんばんは、新学期ですねー(いや別に私には関係ないけど)(^^;)。 現在我が家の稼ぎ頭、らっきーです (ダンナは今月一杯次の仕事を探して暮らすらしい。いいなぁ楽しそうで、 と言ったら馬鹿野郎それはそれで面接だの交渉だの色々大変なんだと噛んで含めるように言われた、 その口元がどこかニヤけてわざとらしいのだちきしょー)。
 特に関東地方の皆様はようやく暑さも一段落してホッとしているところだと思うんだけど悲しいお知らせ、 週の後半には台風が来るらしいですよ(そんなのはTVで言ってるから皆知ってる。と思ったらウチの馬鹿野郎は知らなかった。世間に疎すぎ)。

 今まで月曜は吉祥寺まで行ってたんで朝7時45分には出てたんだけど今日は初めて銀座だから8時半、 そんで駅まで出かけたら電車はまぁそこそこ混んでてやっぱ夏休みも終わったなぁ、って感じがしたよ(良かった早い時間じゃなくて。 月曜日のラッシュって凹むもんねぇ)。 いつもの時間に到着していつものようにお仕事。 今朝の予約は7人で楽勝だね・ と思ってたら結局2人追加でやっぱ9人だった(うち1人はお話だけなので短かったけど)。 書類を少しだけ作って13時過ぎに一旦上がり (今日はウチの部署はマドンナと2人体制、彼女を指名するお客は多いのでお昼休みの間にはついに彼女と会えなかった。あれ、 気付いたら今日ちゃんとご挨拶してなかったかも・笑)。
CIMG4127 本日の昼食。近所の出前弁当屋さんからのハーフ(から揚げと豚しょうが焼き) 弁当600円也、なんだけどレタス1枚敷いてあって煮しめが添えてある以外には野菜がないのでちょっと寂しい (むしろお肉より野菜の分量が気になる今日この頃、これはやっぱり年齢のせいだわ。嗚呼)。
CIMG4126 せっかくなので土曜の昼に食べ残したレタス炒飯の写真も載せてみる(笑)。
 夕方の仕事が終わってから残りを食べようと休憩室に戻ってきた時に撮影。 知ってる?レタスって加熱しても美味しいんだよ (こないだ涼しかったから家でも牛しゃぶ鍋を久しぶりにやったけど、 お肉以外には長ネギと水菜とレタスと豆腐を具にしてみたら大変美味しかった。 材料が余ったので2日連続で鍋。  日曜のお昼は更に余ったおつゆに短角牛バラ肉を加えて讃岐肉うどん。  そんで今日の夜は更に余った肉入りうどんつゆに弁当の残りのご飯を入れて土鍋のまま煮立てて雑炊(もういい)。 明朝は卵を入れるよ (大丈夫か)。

 脱線(^^;)。 ゆっくりご飯を食べて13時20分に持ち場へ戻り、わずかな時間でも書類作りに励むp(^_^)q。  午後は11人でこりゃまた少ないねぇ、と思ってたら2人追加(それでも多いほうではない)。  マドンナの持ち場をチラッと覗いたら20人超えてたもんね(こればかりはお客様のご指名なのでお手伝い差し上げることはできない。 ごめんなさい♪)。
 しかし途中に地雷が埋まっていたよ(^_^;)。 職場からこういう書類を預かってきたので担当者であるワタシに書いて欲しい、 とお客様の1人が取り出した3枚綴りの用紙には英語で複雑な条件分けがなされたチェックリストと記入欄がびっしり(ひー)。  外資系の会社ってこういうの厳しいんだよね(経験上)。 いや別に読めなかぁないけど面倒だよなぁ、と内心思っていたら 「記入は日本語で構わないそうなのでよろしくお願いします。終わりましたら郵送して頂ければ」とのこと。 はいはい (いつも思うのだがこういう書類、記載者であるワタシには1銭も入らないのだ。飲み物1本程度でいいから頂戴よねぇ。セコい?)。

 17時半ちょい前にお客あしらい終了。 その他頼まれた入力とかを数件やって、さて、とさっきの書類を取り出して読んでみる。  むー、このヒトはこの分類のドレに入るんだろう(多分これか)。 さて、そんでココはどう書いて欲しいのかしらん (いつも会社に出す書類を作る時にはあらかじめ本人に訊いておくんだけど形式が特殊だったんでうっかり聞きそびれた)。 これでいいかなぁ (本人の意図から大きく外れてはいないと思うけど大丈夫かしらん。一抹の不安)。 いいや(コラ)。  と記入してスタッフさんに渡してコピー取っておいてもらう。 ダメならまた書き直せばいいんだし(確かに)。
 うーちきしょー、30分以上かかっちゃった(^_^;)。 今日ココまでは終わらせよう、 と思っていたギリギリの仕事をしたらもう6時半過ぎでよろよろと休憩室に戻る。 でも腹は立たない、前の職場と違って (皆が自分の持ち場で一生懸命やっていると知っているから。安月給なのに。というのは余計か・笑)。  それかワタシがまだ年月が浅くて意欲が磨り減ってないだけ(かも)。

 多忙なマドンナは既に退社された後で、明日も1日仕事な私は事務長さんにお疲れさまの挨拶をしてタイムカードを押して帰路に就いた。  うーむ、暑くはないけど朝ほど涼しくない。 7時前後の電車は先週までより明らかに混んでいるように思えてゲンナリ(決めた。 しばらくあんまり遅くまで残業しないようにしよう)。 ダンナに帰るメールをして7時20分頃帰ってきた。 いま世間で話題になってる、 危険と隣り合わせの最前線で身を粉にして働いた上に結果がうまくいかないと全ての責任を被ることになる同業者のような派手な仕事ではない。  だけれど、少しでも後で泣く人々を作らないための細々した地味で忍耐強い仕事だ。 実は私には結構向いている、 と改めて始めてみて思うのだ(ほら杓子定規だから・笑)。

 今夜の一曲は久しぶりの邦楽、オフコースの「I Love You」 。 本家には無いだろうな、と日本向けyoutubeを探してみたらありました、 なんと昨日アップロードされたばかりのホヤホヤさん。 しかも綺麗な写真をうまく組み合わせて、 お洒落な言葉も入れてなかなか良い作りなので是非ご視聴を。 懐かしいよー(特にover 35の人々へ)。
 高校1年と3年の時同じクラスだった友達がOff Course大好きで、 おすすめ曲を入れたテープを誕生日にプレゼントしてくれたりしたのがきっかけで私も当時ハマったよ。  夏休みは嬉しいけれど友達たくさんに会える9月の始業式は(まだ終わってない宿題の件を除けば・笑)それはそれで楽しみで、 日焼けしたあのヒトが友達に向けてる元気そうな笑顔をこっそり盗み見てはシアワセな気持ちになったりもした、学生時代の夏休みを思い出す。  ♪〜あぁ早く、9月になれば…(その先は各人違うのだろうけれど)。

 とか思ってたらまたまた甥っ子から電話(^_^;)。 最近は面倒なので、 居間の電話をハンズフリーにして他の事しながらマイクに向かって大声で話してみたりしている。 大丈夫見えないからバレない (とここで書けば妹にバレてしまうのだが)。
 キャツは既に9月1日が始業式で2学期バリバリ始まってるらしい。  私立の小中高一貫校だから地元の教育委員会の言うことをきかなくて済む部分もあるのだろうが、それにしても「中学校と高校はねぇ〜、 8月20日から2学期だったんだよ〜」ってのは凄い。 というか北海道ならいざ知らず、その時期暑くて死にそうな南国なのに可哀想(笑)。  ひょっとして受験校なのかしらん(元予備校が作った学校だ、ということしか知らない。まぁ変わっていることには間違いないが)。

 あたしゃ6−3−3−6と学校に通っていたので随分夏休みもたくさん経験した (特に風変わりな夏休みには大学時代山のように遭遇もしている)。 今になって思えば懐かしいことばかりだ。 懐古趣味、 それは中年への第一歩(^_^)/。 嬉しいのか(別に)。
 …それでは相変わらず自転車レース中継を観ながら本日はこの辺で。  明日まで頑張って働けば明後日は週休なのでまたスポーツクラブに行けるp(^_^)q。 あでぃお〜す(^_^)/~~~。

posted by らっきー at 23:37| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

あー負けた負けたっ・のさいたまダービー。今季ホーム2敗目より悔しかったのはリーグ戦全試合得点中の記録が途切れたこと。長月マクラにならず(当たり前)。

 ちなみに枕にならないのは長持(ながもち)なので間違って覚えないようにね(誰も間違えないと思う)。 こんばんは、朔日早々敗戦とは縁起が悪いぜらっきーですm(_ _)m。

 今朝起きたらすごく涼しかったのでもう夏も終わりね(決定)。 Yahoo! widgetの東京の気温が21℃になっていたので流石に半袖じゃ寒いかも・と思って黒いストライプの長袖シャツジャケットを羽織って通勤したのだが湿度が高いせいか混んだ電車の中では逆に蒸し暑く感じて全然ダメ(^_^;)。 有楽町の駅を降りて歩きながら気がつけば半袖のヒトの何と多いことか、皆気持ち良さそうに歩いていてムキー・となる(自業自得)。

 そんで今日はお仕事忙しかったよ。 やっぱり今のやり方では午前中に10人は(ワタシには)無理だということが分かった(前の職場では35人ぐらい楽勝だった。ということはいかに一人ひとり大した時間をかけてなかったか、だ。コンセプトが違うのだから仕方ないけど)。

 結局最後のヒトをマドンナが「この方は私がお相手するわ、やっぱり午前中に10人は無理よ」と引き受けて下さり、感謝しつつもそれ以外の仕事をやっつけたらもう午後の開始時間(>_<)。 スタッフさんが「大丈夫、まだ予約の方はお見えじゃないし、私もご飯食べて来ますかららっきー(仮名)さんもちゃんと食事して下さい」と言ってくれたので休憩室に戻る。
 皆に「うわぁ今終わったんですか?」と言われるがナマ返事しておき、出前で頼んだレタス炒飯を半分かきこむ(あまりのことに写真撮るの忘れた)。 雑談している暇は無いぞ(^_^;)。

 「やっぱり午前の最大は9人にしましょうよ」とマドンナが事務長さんに言っている。 土曜は最大の書き入れ時なので可能ならギリギリまで予約を入れたいんだけど、問題はコンピュータ予約も受けているので比較的すぐ終わりそうなヒトも大変時間がかかるヒトも同じ時間枠になっちゃう、というところなんだなぁ。
 大体土曜は「何とか相談に行きたいんだけど平日はとにかく仕事忙しくて無理だし」と思うヒトが思い余ってやってくる日なので、質問が多い上に詳しいお話を要求されることが多くて普段以上に時間が押してしまうのだ。 やっぱ、各人の満足度を減らさないように午前中10人ってのは無理かも(私の昼食的にも)。

 前にも書いたと思うけどあたしゃ予約のお客を待たせるのが大嫌いだ。 コンピュータの画面に午後一番のヒトの名前が出たので、慌ててお茶を飲んでお仕事部屋に戻る。 スタッフに「えぇっもう食べちゃったんですか?」と訊かれる。 食べましたとも半分(脂っこくてもともと全部は無理だったかも)。
 皆が心配してリーフパイとかお菓子をくれたので食べるフリをしてしまっておいた(^^;)。 大丈夫ほんとにお腹空いてないから(特に欲しくないのに食べることほどダイエットの敵は無い。断言)。

 というわけで栄養補給したので午後のお仕事も頑張る。 午後は12人予約が入ってて2人キャンセル、おやおや午前と同じじゃないか(少ないよ、という意味で)。
 午後のお客様方は何度かいらして大掛かりなお話が必要ない方がメインなので、一人アタマの所要時間は短めなのだ。 マドンナは大人気なので23人とかバタバタとこなしてるけど、私程度でも15人ぐらいなら余裕だと思う。 これからは最初からずっと担当するお客も徐々に増えてくるはずなので、うまくメモしたりしておけば質を落とさず時間短縮する方法もありそうだ。 頑張ろうっとp(^_^)q。

 というわけで16時50分には最後の方にさようなら(嬉)。 残念ながらお仕事はこれで終わりではないのだけれど(^^;)。
 …午前中にいらした方に数週間以内に詳細なお手紙をお送りすることになっているのだ。 たたき台は我々のパソコン入力を見て専門のヒトが作ってくれるのだけれど、それを修正して正確かつアピールする内容にして印刷するのは残念ながら我々にしかできない。

 お手紙の方針は皆ほぼ統一されているのだが、細かいところで各人のアイディアや個性が出る。 あたしゃ新入りだがその辺は拘りたいタイプなので、内容の重要度によって色を変えたり文字サイズをそろえたり、元々のフォーマットの不備や誤字脱字をちまちま直したり、と結構凝って作るのだ。
 あと、パーソナル感を出すために当日話をした内容のメモを参照してさりげなく挨拶に使ったり次回来社のおすすめをしたりする。 それを1日平均10数枚作らなきゃいけないので結構な時間がかかるのだった。 昼休みと終業後はデスクワークだ(^^;)。

 今日はJリーグがあるのであと数冊残して出てきてしまった(ごめんなさい)。 明後日の月曜は吉祥寺じゃなくてまた銀座なので、出勤してから昼休みぐらいまでには今日余らせた分(8/18にお会いした方々のお手紙だ)は終わる…予定(多分)。 こないだダンナが期限付き移籍をした時には全部投擲して馳せ参じたりしたので雪だるま式に増えてって大変だったのだ(今週ようやく片付いた)。

 そんで夜はJリーグをTV観戦。 帰ってきたら前半15分ぐらいだったのだが、大宮の堅い(ある意味ごちゃごちゃと必死な)守りを崩せずにいつものペナルティエリアへの攻め込みもロングフィードもセットプレイからのチャンスも全然なくて結局0−1負け(^_^;)。 あひゃー(しかもガンバとアントラーズとエスパルスが勝ってる。どんどん蜘蛛の糸を登ってこられたカンダタの気持ち)。

 とあるSNSでヴァーチャルに知り合ったガンバサポーターのヒトがいるのだけれど、試合後アクセスしてみたら早速「やったぜ大宮よくやった」みたいな書き込みがしてあってムカつく(笑)。 ムカついても負けたんだから仕方ない(諦めろワタシ)。
 でもね、別に文句言うつもりはないけどあたしゃガンバが非常に情けない試合をしてたった3試合でウチとの勝ち点差をそのままひっくり返して2位に転落した時も別に敵の不首尾をそのまま喜ぶだけの書き込みなんかしなかったよ? そういうヒトとは多分、応援するチームを超えて仲良くなれたりはしない。 共通の敵が負ければ喜び合って見せたりするかもしれないけど(今は鹿島かな)、好きなチームを持つ素晴らしさを共有したりはしないしできない。 別にそんなの向こうからお断りだろうけどさ(笑)。

 さて今晩はこの辺で。 今日から9月ということで、ベタだけどEarth, Wind & Fireの"September"をお送りしておこう(あたしゃこの曲をカラオケで歌うのが好きだった。もう一人馬鹿やってくれるヒトが必要なんだけど大抵は居た・笑)。

 コドモの皆さん、明日まで休みだと思って油断しないようにね(^_^)。 朝からゲームセンターなんかに行ってる暇があったらお家で宿題の残りをおとーさんおかーさんに見てもらった方がいいわよ(とか言いつつ自分が行くつもり・まるバレ)。
 あと大人の皆さん、月曜日には時差通勤でとっとと早めの電車に乗ってね(^_^)。 あたしゃ最寄り駅を8時40分ぐらいに出るヤツを狙ってるので、どうぞそれまでには乗っちゃって下さい(勝手な)。

 ツール・ド・フランス自転車レースのスペイン版であるプエルタ・ア・エスパーニャを観ながら本日はさようなら。 あ、この時間なのにまだ22℃あるって事は今朝より暖かいのか、うーむ夏は本当にこのまま終わるのかしらん(秋も大好きだからいいけど)。
 ぶえなす・のーちぇす、みす・あみーごす! あすた・まにゃな〜☆ミ




 かなり真面目な追記。 奈良県で妊娠7ヶ月(24週ぐらい?)の妊婦さんが真夜中に破水して10軒の病院をたらい回ししたあげくに流産した、というニュースがセンセーショナルに報道されている。 あらまぁ患者を断るなんてけしからん病院だわねー・とか、可哀想に助かる命を医療体制の不備のせいで・とか、TVを観てた市井の人々は思うのだろうなぁ(と想像してみる)。

 でも違うからね。 出産経験のある女性なら自分が妊娠したかどうかなんて結構早くから気付くものだ(どう遅くても5ヶ月前には普通分かる)。 19週ぐらいから胎動も感じるはずだ。
 そういう身体で、一度も産科を受診せず予定日さえ知らないまま真夜中に買い物に出かけるなんてそれだけでも「私はこの子を大切にする気はありません」と言わんばかりの行為である。 ましてや、後で報道されたところによると(本当かどうかは知らないけど)以前にも流産歴があるとのこと。 絵に描いたような超ハイリスク妊婦さんだ。

 ちょうど運悪く各病院が処置に終われて受け入れられなかったのは不運でお気の毒である。 しかし、全くの飛び込み患者しかも腹痛出血破水のある24週ハイリスクさんを夜中に受け入れる余裕は当節どこの病院にもほとんど無い。 これが自分のところで何度も診ていたヒトなら担当医も必死になって及ばずながらも治療をするだろう。 自分の病院じゃ無理だと思えば何時間も電話をかけまくって搬送先を探すだろう。 夜寝なかろうが何だろうが、その人と胎児のために精一杯のことをするだろう。

 このヒトはその権利を放棄した。 責任を持ち、親身になって診てもらえる環境を作っておくのは本人の義務であり、子供に対する注意義務違反と言われても仕方ない。 今回スーパーで腹痛と出血があった時点で、ほぼ流産は決定していたのだ。 前々から定期的に受診していれば早めに異常を見つけて手が打てたかもしれないけど、事が起こって飛び込んで来たってこういう状況ではまず間に合わない、ということは覚えておいて欲しい。

 本人にも何らかの事情はあるかもしれないが、件の彼女に私が何か伝えられるとしたら「次は必ず、妊娠初期から定期的に受診して下さいね」だ。 合掌。
 そして断言しておく、これは奈良だけの問題じゃない。 叩けるだけ叩いたあげく産科医を追い詰めて減らそうと画策しているマスコミにも警鐘を鳴らしておこう。 自分達が何をやったか見るがいい、と。
posted by らっきー at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

今でも時々見る、宿題が終わらない夢(笑)。オトナになったらこの日を怖がらずに迎えられていいなぁ、と思った昔は気付かない、そもそも大人には夏休みがないのだ・と。

 こんばんは、うかうかしてる間に夏が終わりそうになって慌てているらっきーです。 うーむ、 友達や先輩後輩その他お仕事関連の人々にお知らせすべく転職しましたハガキを送ろうと思ってかもめ〜るを50枚買っておいたのにもう使えないや (自業自得。というかもったいないので官製はがきとかに換えてもらうこと)。
 朝晩は随分気温も下がって(と言っても猛暑日が夏日じゃなくなった、ぐらいでやはり蒸す時はあるけど)過ごしやすくなったね。  あたしゃオトモダチ(ガーゼ手ぬぐいを巻いたアイスノン2種)を自室に持ってってあちこち冷やしつつ寝ているのだが、 昨日は外出後にちょっとノドが痛くなったこともあってエアコンをつけずに頑張ったよ(快挙。 まぁ薬を飲んだせいもあるけど今朝起きたらノドは治っていた。暑かったけどさ)

CIMG4110 CIMG4111 昨日のお昼ご飯は久しぶりに天ぷら屋さんで。新宿小田急12階。
 昨日は午前中だけ仕事だったんだけど(暇だったよごめん万国の労働者諸氏)、 終わってからダンナにショートメールしてみたらカメラの何だかで新宿に行きたいんだと。  もちろん便乗してくっついて行くことにして御茶ノ水駅のホームで待ち合わせてお出かけ。
 時刻は1時過ぎ。 腹減った・とキャツが言うのでまずは昼食に。 デパートの食堂街をうろうろして、 協議の末揚げたての美味しい天ぷらを食べよう、ということになり「天一」さんへ。 衣がサクサクで、細身の海老×2、白身魚×2、茄子、 カボチャ、小エビかき揚げを完食(^_^)/。 しじみ入り赤だしと茶碗蒸しもきっちり頂きました(満腹)。

 西口から出て地下道を歩き、ペンタックスフォーラム(現行販売機種とレンズが展示してあって、 サーヴィスセンターと写真教室と付属品のアウトレットなんかを売るところがある)に到着。  ダンナがカメラの清掃を依頼している間にマガジンラックにあったカメラ雑誌をめくってみる。 結構面白い。  なので写真の撮り方の秘訣が載ってる本を買うことにした(^^;)。
CIMG4113 CIMG4114 (左)天ぷら屋さんの前の窓から外を望む。あまり天気は良くない。(右)真下を見てみた。 地下のロータリーが新宿ならでは、って感じ。

 本屋に行きたいな、ということで紀伊国屋書店まで歩く。 本当は道のはす向かいにジュンク堂新宿店があるんだけど、 まずはこっちでいいや、と入ってみる。 4階までは上りエスカレーターがあるのだが、そこから上はエレベーターしかない。  本屋さんとしてはどうよ(あたしゃスポーツクラブで頑張ってるせいか、最近階段は得意なので別にいいけど)。
 さっきペンタックス屋さんで見た本を発見して購入。 他にも編み物の本とかお料理お菓子の本とか浦和レッズ関連書籍とか、 色々欲しいものはあるんだけど(あと本当は仕事の本とか洋書とかも見たかったんだけど)、くたびれてきたヒトが連れに居たので長居は断念。  あーあたしゃ本屋でなら何時間過ごしても大丈夫なヤツなので残念(今度一人で来ようっと)。

 お茶を飲みますよ、と半強制的にダンナを引っ張って近所の高野フルーツパーラーへ(だから紀伊国屋の方向に来たわけではない。多分。 おそらく)。 平日にも関わらず、パーラー部分はほぼ満員の盛況 (昼食バイキングは時間が遅かったせいか空きがあったけど我々は別にご飯を食べたいわけではないのだ)。 3,4分で空きますよ・ と言われて待合いに座ってみたらたっぷり10分以上待たされた。 むきー(^_^;)。
CIMG4119 沖縄マンゴーパフェ(*^_^*)。ダンナのはブルーベリーヨーグルト。
 いやぁパフェ美味しかった♪ とろりと甘いマンゴーのスライスが贅沢に5切れほど飾り付けられ、真ん中にはマンゴーシャーベット (の上に甘さ控えめ生クリームがホイップしてある)、その下には杏仁豆腐?ココナッツブランマンジェ? にマンゴーソースとラズベリーソースが綺麗なマーブル模様を描き、一番奥にはさっぱりとレモンシャーベットが入っていて全体を締めている。  1,680円也(散財ごめんなさい)。
 でもさぁ、こないだ錦糸町のカフェコムサで1ピース1,600円のマンゴータルトを見てたら呆れられたのにどうして今日はOKだったの?・ と訊いてみたら「止めた方が良かった?」と言われていえいえそんなことは滅相もない(^^;)。 元気に帰路に就いたのことよ。

 空けて今日は金曜日なので週休(ほんとごめんなさい万国の以下略)。 いつもの時間に起きて朝ドラを観つつ朝食を摂り、 行きたくないなー・と思いつつのろのろと支度してスポーツクラブへ。 でも着いたら頑張ろうと思うんだけどね(だから続いている)。
 いつものようにストレッチとブルブルマシン10分と踏み込みマシン15分(後のクラスがあるので短め。こないだ35分やった)、 11時からクラシックヨーガ初心者クラス60分に参加する。 先生が少し浦和レッズのポンテみたいな感じのヒトで、 身体も柔らかいが話し方も穏やかですぅっと集中できるのでこのクラスは好きだ。 あと、腹筋運動15分のショートプログラムがこないだから始まってたので出てきた。 というか帰ろうとしてストレッチしてたら顔馴染みのインストラクターさんに捕まったのだ(^_^;)。 ちなみに水曜日にはラテンビート (ラテンっぽいステップを踏んで踊る初心者向けの45分のクラス) に出てるんだけどここは女性らしい体型とメロウな声と優しい気遣いの先生が教えてくれるので、もう一つのお気に入りである。  よし、常勤になっても何とか今と同じ時間に通えるように頑張ろう(おいおい)。

 不具合を起こした自分とこのWeb掲示板の復旧にかかりっきりで家から出られないダンナのために、 帰りがけに駅の反対側のモスバーガーまで行って昼食の差し入れをしてあげた。 遠かった(^_^;)。  違うトコにロッテリアの話を書いたら何となくハンバーガーが食べたくなったのだ(釣られてる)。
 夕方はヘアカットを予約。 例によって走れば数分の距離、玄関前から見える場所にある店なのだが、 何故か辿り着くと5分ぐらい遅刻している(いつもだ)。 担当のMさんは青森出身のサッカー好き(自身も経験者)で日本代表ファン、 Jは特定のチームを応援してはいないが友達が浦和好きとのことで毎回そういう話になる。 田中達也調子良くなってきましたね、 という話題から入る。 日本代表はいつ遠征でしたっけ?と訊かれて遠征なんかあったのか知らないぞ、と思う(笑)。
 目の前に数冊積まれた女性誌の一番上に健康特集みたいなのがある。 お、ウチのマドンナ載ってるんじゃないかしら、と思って探してみる。  案の定載ってた(他部署のB女史と共同監修だ)。 明日話題にするためサッと目を通す。 カラーリングをお願いしたので、 ペタペタ薬を塗ってもらってる間に猛烈に眠くなって暗転(^_^;)。

 がくん、と頭が動いて目が覚める。 既にぐるぐるがセットされて頭が温められている。  隣に居た若いお客はもう終わって帰ったとみえて違う女性が頭にカーラーを巻き始めている(笑)。 Mさんに「… ワタシ結構長いこと寝てました?隣が違うヒトになってるんですけど」と言ったら笑われた(^_^;)。 近況を聞かれたので、 予告なしで帰省した時の話と母が上京した時の話なんかをする。 職場も変わったんですよね、と言われたので目の前の雑誌を見せて 「これが今の上司でココが今の職場なんですよ」と教えてあげたら驚いていた。  そのうちワタシも雑誌に登場なんかするヒトになってしまうのだろうか、すっぴんで通勤できなくなっちゃったらイヤだなぁ(本末転倒)。

 睡眠1時間お喋り1時間で小ざっぱりさん完成(^_^)v。  乾かす前は真っ黒に見えたけどブローしてもらったら良い感じにブラウンが入ってて気に入った(前回と同じ色なんだけどね)。  伸びた分だけ切ってもらったので、パーマがとれかけてきていてセットが大変かも。 でも別に気にしない (相変わらず銀座にすっぴんナマ足で通勤する女、らっきー)。
 …あー、明日は土曜日かぁ、忙しいんだよなぁ (昨日帰る時に事務のコンピュータで予約状況をふと確認したらどっさり入ってて一気に気が滅入った・笑)。  暇な日との差が激しすぎるのがイマイチなんだよなぁ、調べなきゃ良かった(>_<)。 夕方6時からJ1第24節、 さいたまダービーなんだけど多分間に合わない。 というか、絶対間に合わない (何とか昼休みにペーパーワークが少しでも進めばいいんだけど大体昼食以外に休みがありそうな気もしない)。  仕方ないので念だけ送ることにしておくよ。

 今夜の一曲はRichard Carpenterの"When Time Was All We Had "。  有名なカーペンターズのお兄さんの方なのだが、拒食症で夭逝した妹カレンへの深い愛情がこの映像からも窺い知れて切ない。  この曲は彼のソロアルバム「T・I・M・E」に収録されている美しいスローナンバーだが、アルバム内の他の曲も皆懐かしく綺麗で、 哀しさの中にも明るさがあって良い一枚である(大学時代に買った)。 ちなみにリチャードは昔よりハンサムになっている。  この映像を見て確信した(台無しな感想・笑)。

 それでは明日に備えておやすみなさい。 うーむ、Yahoo!ファンタジーサッカーのチーム編成をしなきゃいけないんだけど、 浦和で固めるには悪い予感がし過ぎるしG大阪や鹿島や横浜FMに頼るのも何だか業腹だし…(悩みつつ退場)。 よし決めた、 9月になってから考えよう(あと10数分。というか多分翌朝まで持ち越し。仕事忙しいって言ってるのに)。 おやすみなさ〜い(はぁと)。

posted by らっきー at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

皆既月食はいつも満月。太古の昔、人々はみるみる欠けていく月をどういう気持ちで見ていただろう。思うのだ、呪術と科学は今も隣り合わせではないのかと。

 こんばんは、夜6時過ぎから8時半までざばざば雨降ってた東京かららっきーです(涙)。 いや分かってるんだ、 月食なんてせいぜい満月が数時間欠けたり戻ったりするだけでネオン街では空でもボーッと見てない限り気付かれはしないなんて事は(^^;)。  それでもそこには自然への畏怖があり物語があり、家族の対話があるはずなのだ。 あぁ水神様、殺生な(^_^;)。
 まぁもともと、日食のドラマ性は月食には無い。 真昼間に夜のような暗さになったり黒いガラス板を透かして見たりするのは楽しいけれど、 月がどんな形だろうが特にロマンティックな訳ではない(可哀想)。 だけど私は月食を経験する度に、 ただ静かに欠けていく月をじーっと見てるのが好きだった。 月光だから似合う魅力というものもあるのだ (あたしゃ太陽か月かどっちかのイメージのアクセサリーをあげる、と言われたら絶対月にする。自分に擬えているのだ。lunatic・笑)。

CIMG4092 CIMG4093 昨日(月曜日)、 吉祥寺へお仕事に行ったら休憩室の机上に置いてあった同僚専用連絡ノートがエラいことになっていた。
 もともとこの職場、あたしゃ現在週1回しか行ってないんだけど、ボスであるウチの先輩J氏以外は全部非常勤なのだ。  普段接する人は有能な女性(しかも3人の母であり家庭と仕事を見事に両立させている)で常識派だから全く知らなかったのだけれど、 このノートを読んでいくとどうやら他の人々の中には一風変わった方もいらっしゃるらしい。 曰く、「タイムカードが7分も進んでいる、 わざとか?」ですと(^_^;)。 あぁJ先輩、大変なお仕事ですねぇ(お気の毒)。
 写真は先週木曜日に延べ3ページに渡って延々と書き連ねられていた事務方への呪詛(としか思えない)。  お書きになったのは月に2度ほどいらしている、我々とは違う科を担当する女性。  確かに仕事に差し支えるような様々の不具合が存在するのは想像に難くないが、クレーム先の担当に敬称も付けず名指しで無能扱いするわ 「アタシ達に楯突こうなんてどんな了見よ」的な高飛車(というか居丈高)加減がモロに綴られていて、 更に日本語のマズさと誤字が散見されるに至っては苦笑させられてしまった。

 この方が怒っていらっしゃるのは分かる。 良かれと思って働いているのに環境が伴わないのは苛々するものだ。  スタッフを教育するのも職業人として先んじているものの義務だろう。 しかし、怒るにも品格を忘れてはならないだろうに・ と思うのは私だけだろうか。 最後は「無能な事務陣はメンタル面を叩き直すべきだ。カウンセリングを受けてはいかがでしょうか」 と結んであるのだが、これを読んだ他の同僚のほとんどは「カウンセリングが必要なのはあなたの方じゃないの?」 と思うこと請け合いの文章である。
 曰く「今日の担当スタッフは使えないから二度と私に付けるな、違うヤツが来てもちゃんと使えなければ却下する、 居ないならまともなスタッフを募集しろ私が面接してやる」
 曰く「同僚仲間でも男性がノックもせず着替え室に入ってきたりするので2部屋続きだから男女の部屋を分けろすぐロッカーを移動しろ、 ボスの机がある方が男性用でいいか?」
 曰く「当然のことを指摘しただけなのに逆に勤務を減らせと言われた、こんな不当な扱いは許せない、ギルドにも東京都にも報告してやる」
 捨て台詞に曰く「こんな店、私が客なら絶対来ませんね!」 etc, etc...

 …久しぶりに面白いものを読んだ。 苦笑というより失笑モノだ。 あのねぇ、 月に数回しかいらっしゃらない御自分の立場を慮るのも大事な常識感覚なんですよ(余程そう書いてやろうかと思ったけど思いとどまった。 常人じゃない方に粘着されては困る)。 少なくとも彼女には職場を選ぶ権利があり、職場の方には和を乱す職員を諌める権利があるのだ。  相性が合わないならさっさと河岸を変えた方がお互いの幸せというものである。 さてどうなることやら(来週が楽しみだ・笑)。


 話変わって今夜行ってきた駅反対側のカジュアルなフレンチレストラン 「ぴあっと」のお話。 ダンナの(まだ早いけど今のとこ一応)快気祝いに何か美味しいもの食べに行こうよ、 と話していたのだがステーキが食べたいとキャツが言うので以前タウン情報誌で探しておいたステーキハウスに出かけたのだ。  そしたら火曜定休(^_^;)。 バックアップでそんじゃダメだったらこのお店に行ってみるか、と候補にしておいたところがココだった。
 どんよりした曇り空に月食観測を諦め、空腹を訴えるダンナに引きずられるようにお店の前まで来た。 時刻は6時過ぎ、中にはお客は居ない。  外には「OPEN」の札。 エイッ・と入る。  テーブルの1つにホワイトボードを置いて今日のメニューをせっせと書いている初老の男性がドアの開いた音でびっくりしたようにこちらを見る。  あれれまだ入っちゃいけないのかしらん・と一瞬思ったところで店の奥から40代前半と思しき男性が出てきて、こっちが店長っぽかった。  準備が遅れててごめんなさい、大丈夫ですよ、と言われて席に着く。

CIMG4099 件のホワイトボード。綺麗じゃない手書き文字が良い味出している(無理が・笑)。 秋刀魚はともかく、大根とか合鴨にふりがなが振ってあると何だか落ち着かない(^_^;)。
 ディナーコースはA,B,Cと3つある。 相談の上Bコース(前菜2品、スープ、サラダ、肉または魚料理、ライスまたはパン、デザート、 コーヒーまたは紅茶)3,000円也にしよう、と決定。 さっきのお爺さんが危なっかしい手つきでナイフとフォークを置いていく。  ダンナの前にカタンッ、と置いて行かれたナイフの刃先が外側を向いていてハラハラする(笑)。 奥の方で何やら店長さんの指導する声 (やっぱり)。 「嫌いなものはございませんか?」と訊かれる。 プリフィックスのコースのお店ではまだまだ珍しい気遣いだ。

CIMG4095 CIMG4096 一品目、「うなぎとじゃがいものテリーヌ」とグリーンサラダ胡麻ドレッシング(左)。 「本当は同じものを出すんですが、それじゃつまらないと思うので違うの出しますね」と供されたのが「カニ、つぶ貝、 ホタテ入りゆずの(コンソメ)ゼリー」(右)。
 テリーヌはうなぎの脂が除かれていてさっぱり味。 ゆずのゼリーは本当にとってもゆず味。 なかなか凝っていて美味しい。  あたしゃ白ワイン、ダンナは赤ワインをグラスで飲みつつ2人でシェアしてちびちび食べる。  奥の方では一生懸命色々準備しているらしき音がする(^^;)。

CIMG4101 前菜2品目は「大根のステーキ、牛スジのトマト煮添え」。これは2人とも同じものだった。 塩味がきつめだが焼き付けた大根と一緒に口に運ぶとマッチして美味しい。結構ボリュームがあったのと、 一品一品出てくるまでの間隔がかなり長いので血糖値が上がってきてしまって既に少々満腹感が(ヤバい食べきれないかも)。

CIMG4102 「トマトの冷たいポタージュ、バジル風味」。
 ダンナが一口飲んで「うーん、こりゃトマトとバジルが嫌いな人は卒倒するね」。 私も一口…「…ピザの味!」(笑) あ、 いえあたしゃどっちも大好きです(^^;)。 さらりとした口当たりで繊維を除いてあって美味しかった。

 それにしてもこういう感じのお店でお皿ごとにナイフとフォークを換えてくれるのって凄い。 あと、 カトラリーをセッティングしたりお皿を下げたりしてくれるお爺さんの手元足元が気になって息を詰めて見守ってしまうのが凄い (ダンナが私を見て笑っていた)。

CIMG4103 CIMG4104 さて私が頼んだ魚料理は「スズキのソテー、キノコクリームソース」(左)。 ダンナは肉野郎なので「バラ肉のトマト煮込み、表面をカリッと焼いて酸味のあるケッパーソースで」(右)。
 …すみません、3分の1ぐらい食べたところで満腹になっちゃいましたm(_ _)m。 ご飯は小盛りにされていて 「おかわりできますのでおっしゃって下さい」と言われていたのだが無理無理、3口ぐらいしか入らなかったよ残しちゃってごめんなさい (パンをちぎって食べているダンナの咎めるような視線が痛い。あぁライスはほんの少しでいいですって先に言っとけば良かった)。  主菜だけ無理やり全部食べる(冷汗)。 ちなみにどっちの皿にも乗っている茶色いシイタケみたいな色をした物体は甘く煮た梨だったよ (面白いねぇ)。

CIMG4105 デザート(別腹)。奥は自家製クリームチーズケーキ、手前は何と「茄子の白ワイン煮、 チョコレートソースがけ」(ナスだよ!)。初めて見た(驚)。
 …茄子の好きではないダンナと大好きな私、さすがに顔を見合わせつつそれぞれ試しに一切れ食べてみる。  皮は剥いてあって中の柔らかいところがさっぱり味の白ワインシロップでしっかり煮含められ、噛むとワインの香りが広がってくる。  チョコレートソースにも助けられたかダンナも完食。 「どう?結構美味しいよねぇびっくりしたよ」「…うーん、珍しかったねぇ」 (←意地でも美味しいと言わないのだキャツは茄子のことを・笑)
 コーヒーか紅茶か、と訊かれて2人ともコーヒーをオーダー(流石にこのペースだと両方煎れるより2人分の方が早く出てくるだろう、 という計算が働いたことは否定できない)。 コーヒーが来る前に食べ終わっちゃったねー、と言いつつソーススプーンをこっそり舐めるワタシ。  しばし経ってから店長さんが出てきたよ。

CIMG4106 うわ、デザートが2品あるなんて聞いてない(驚)。ダンナの前にも同じものが置かれる。 どうやら間違いではないらしい(^_^;)。
 「ブランマンジェのフルーツソース添え」、本体のブランマンジェにはほとんど甘味がついておらずクリームの風味が口の中に広がる。  お皿に乗っているソースはストロベリー、ブルーベリー、アプリコットの3色でそれぞれ果実感満載で結構な甘さ。  一緒にスプーンですくって食べると調和してちょうど美味しい。 うーむ考えたねぇ(結局完食。あうダイエットは。 というかこの腹部膨満感は大丈夫か心配)。 と感心して食べているとコーヒーが出てきた。 苦味が少なく、ストレートでも充分美味しい。  お腹をさすりつつお食事終了。

 お会計の時に「とっても美味しかったです」と店長さんにお礼を言う。 この値段でこのお味この独創性このサーヴィス、 有り得ないぐらい家庭的でコストパフォーマンスに優れた良いお店だと心から思ったよ。  そういう気持ちは黙っていると伝わらないのであたしゃ凄いと思ったお店では必ず帰り際にレジの人に詳しくお礼を言う。  昔からそうしてきた。
 「私達、駅の向こう側に住んでるんですけどインターネットでここの評判が良いのを見て来たんです」とワタシ。 「ドコですか? ぐるなびには出してないし、あぁ、Yahoo!ですね?」と店長さん。 お客さん経由で「評価イイですよ」 と聞いたことはあるが自分ではパソコンを扱わないので全然見られないのだそうだ(笑)。 まだそんな歳でもないのにイマドキ珍しい。
 「お近くの方は珍しいですよ、私が知ってるだけでランチにお1人と…ディナーに1組いらっしゃいますねぇ、それだけです。 近所の方なんてほとんどいらっしゃいません」と店長さん。 うひゃ2組目か(^_^;)。 遠方から電車に乗ってくる人が多いのだとか。

 結局、我々が居る間には他の客は来なかった(経営大丈夫かしらん・ とダンナがしきりに心配してたけどもっと遅い時間とか休日その前日ぐらいじゃなきゃ埋まらないでしょう、と答えておく)。  仕事帰りに遠方から来るには駅から少々距離があるからねぇ(徒歩6分)。
 というわけで我々は大満足でお店を後にしたのだった。 とゆーかお腹ぱんぱんで歩くの苦しいんですけど(徹頭徹尾自業自得)。  ドアを開けると結構な雨が降っていたので月食への期待は完全に打ち砕かれ、 少々がっかりした我々はいつものように賑やかに喋りながら10分少々の道のりを帰宅したのであった。  あぁ明日はスポーツクラブで頑張らないとカロリーオーバーだ(目標、500Kcal消費)。

 今夜の一曲はBonnie Tylerの歌う"Total Eclipse Of The Heart"。  有名なヒット曲だけれど、あたしゃこのヒトについては詳しくないのでただ曲をお楽しみください、というに留めておく。 ちなみに邦題は 「愛のかげり」というらしい(なかなか上手いタイトルだと思う。現題を直訳すると「心の皆既食」になる。そう、 例えば皆既月食ならtotal eclipse of the moonだ。total lunar eclipseともいう。 勉強になりましたね)。
 明日は午前中がお休みなので大地宅配の箱を出して(受け取りは病後療養中のダンナにやってもらって)スポーツクラブへ行って、 終わってシャワー浴びたら1時までに銀座へ行って午後は仕事をして戻ってくる予定。  溜まったペーパーワークは今日少し長めに時間を取ってやっつけたので、それほど残業しなくて済むはずだ(嬉)。
 それじゃ皆様おやすみなさい〜。 今日は月食残念だったけど次は来年、ウチの祖父母の田舎があった南の島あたりで皆既日食(total solar eclipse)が見られるらしいのでそれを楽しみにすることにして(__)Zzz.。oO。

posted by らっきー at 23:56| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

炎天下の中にも逝く夏の香り。近所のお祭りに出かけるのだとダンナに言われて出かけてみたら戻ってきてからテキメン眠くなって結局夜の部には参加できずじまい。

 こんばんは、東京は暑いんだけどもう空気の中に秋の近さを感じられるのが嬉しいですね、らっきーです(^_^)/。  もっとたくさん更新したいんだけど、仕事が忙しかったりサッカー観てたり読書してたりでなかなか果たせないのだ申し訳ない(本当)。  しかも最近は高校時代の同窓生のSNSでちょこちょこ書き込みとかもしてるので、話題が全部重ならないようにしなきゃ・ と思うと更に書きにくい(^^;)。

 大学の時の経験でも分かっているのだ、幸せの絶頂にある時は文章なんて書きたくないって(笑)。 あの6年間、 どれほどたくさんの文章を書き溜めたかは今でも思い出せる。 当時の日記帳(大学ノート何冊かだった) は数年後に読み返してあまりの恥ずかしさに捨ててしまったけれど(もったいないせめて隠すだけにすればよかった)、 詩とも散文ともつかない文章をお気に入りのノートに夜中に書いていた、それは今でも大事に持っている(もう電子化してしまったけれど)。  ああ何と子供っぽい、遠い青春の懊悩よ(でもそんな自分を思い返すとそれなりに楽しかったとは思う。ただもっと成長すべきだったのになぁ、 と嘆息するだけで)。 オウノウ(笑)。

 最寄り駅の向こう側にある大きな公園では毎年夏祭りが開催されているのだけれど、それがちょうど今週末だった。  1日目の夜は花火大会をやるのだが、隅田川の花火よりもウチから近いので(当然だが) 規模は小さいけれどとても美しく見えて楽しみにしているのだ。 ただ、毎年Jの試合(大抵は浦和の試合も)と重なるのがアレだけど。
 しかも予想外の首位で迎えた埼スタFC東京戦・というのがどうにもモチベーションやパフォーマンスが心配で、 8時45分から始まる花火に合わせて試合中に出かける気もせず(一昨年の模様はこのエントリ参照。 名古屋戦を前半2− 1とリードしてる状態で後ろ髪をひかれるように出かけて花火観て帰ってきたら何とそのまま勝っててすっごく嬉しかったので覚えている)。

 あっ忘れてた、このBLOGも今月13日で無事3年目に突入してるじゃないか (久しぶりに以前の記事を検索してようやく思い出すこの事実)。  というか記念に何かやろうと思わないでもなかったのに更新全然しないからさっくり機会を失ってるし(^_^;)。 推定読者数5人 (全然変わってない)の皆様、これからもどうぞよろしくm(_ _)m。  これからも役に立たずどうでもいいコトを畳みかける長文BLOGとして頑張ります(ごめんなさい)。

そんで今年の花火。もう動画使えるようになったから無理して手ブレ写真と格闘しなくて良くなったよ。

 さて空けて今日(日曜)、いつもの時間に起きればまだまだ暑いのでシャワーを浴び、 スカパーでFC東京戦の再放送と結果は衝撃的だったが結局ほとんど観てなかったフロンターレvsガンバの再放送を見つつミルクティーを煎れて朝食にしていたらダンナが起きてきた。  近所の天神様の例大祭があってお神輿が出るので行くよ、とのこと。 えーこの暑いのにぃ? と聞き返したら如実に機嫌を損ねたので慌てて取り繕う(はい行きます行きますってば)。  天神様の近くに私の大好きな博多ラーメン屋があって、駅からはちょっと距離があるので普段はあまり行かないんだけどソコでお昼食べようよ・ と言われたので途端に外出意欲が湧いてくる(現金)。

CIMG4077 CIMG4078 普通のラーメン550円にキャベツ100円をトッピングするのがマイブーム。 「キャベツいっぱい」って名前で、甘味が出てすっごく美味しい(激おすすめ)。
 メニューには他にも美味しいトッピングがいっぱい(クリックで拡大してみてね。結構読める)。 「まるきんラーメン」という店で、 都内あちこちに店舗を持つチェーンなのでお近くの方は是非お試しを。 餃子も美味しいよ♪

CIMG4082 CIMG4085 ラーメン屋さんを出たら前の通りに太鼓とお神輿発見。バチ持ってる子供が可愛い。 暑いから気をつけてねー(^^;)。

CIMG4086 CIMG4088 天神さまへ。夕方からの例大祭に備えて準備が行われていた模様。
 せっかくなので、世界平和と私の周りの人々の幸せと浦和レッズの健闘を祈ってお参りしておく。 以前お賽銭を弾んだら優勝したので、 今回も500円(関係あるかどうかは分からない。多分優勝しなかった時も同額だった・笑)。

CIMG4091 境内にあったお神輿。いつもは置いてないので、 このお祭りに備えて他の場所から担いできたのではないかと。警備員さんが隣に立ってたけどカメラ構えたらどいてくれた(^^;)。

 夜はどうする?こっちじゃなくて中央公園の夏祭り2日目の方に行こうか・などと話しながら天神様を後にした。  ダンナのご実家がすぐそばなので、お義母さまのご機嫌伺いにこれから行こうよ、と提案して電話をかけてもらい、 OKが出たのでふらっと遊びに行ってきた。 そちら方面へ歩き出してから気付く、あっ何もお土産が無いよ(ごめんなさい)。  でも暑いからもう反対方向のお店まで買いに戻りたくないのだ、お義父さまの仏壇に供えるお菓子とかも持ってないけどお許しください〜。
 …ということで自販機で自分達の飲み物だけ買って21階のご実家まで。  お義母さまは最近気候のせいか同居していらっしゃるお義兄さまの仕事が忙しくてあまり会話がないせいか、 体調不良を訴えられてあまりお元気ではなかったのだった。 心配しながらお邪魔したのだが、 取りあえず家の中はきちんと片付けられて小ざっぱりした格好で出てこられたので少し安心。 ダンナは全然意に介してないように見える。  おっかしいなぁ息子っては母親が心配なもんじゃないのかしらん(そういう心配の仕方じゃないんだろうな、 というのはさすがに10年も結婚していれば分かるけど)。

 ダンナの移籍生活の話や、福岡に嫁いだ義妹Kちゃんの子供達の話で盛り上がる。 途中、 冷えるといって羽織モノを取ってこられたり腰が辛いとコルセットを巻いたり外したりされているのがやっぱり気になる(職業病かも)。  体調不良に効きますよ、 とおすすめした漢方薬や他に病院でもらってる薬の飲み方なんかについても帰りがけに質問されたのでお話をきいてお答えしてから辞去してきた。  「また来てね」と戸口でおっしゃるお義母さまはやっぱりあまり元気がない (いつもは結構ですとお断りしてもエレベーターホールまで見送りに出ていらっしゃるのに)。
 多分お寂しいんだろうな、と思う。 お義父さまを3年前に亡くされて、 遠くに嫁いだ娘も2人の子供に恵まれすっかり向こうの人になってしまい、 体調が悪いので趣味のお裁縫や読書やお散歩や友達づきあいもお休みしていらっしゃるから日中は誰とも話さず家でひたすら掃除をしたり横になったり簡単な食事を作ったり、 ずっとお一人なのだ。 こんなに近くに住んでいるのだから、もっと時々遊びに行かないとな、と思う。 ひょっとしていずれ、 ウチにお迎えすることがあるかもしれない。 ダンナのお母さまだという以前にとても良い方なので、 何とか元気になってもらえればいいのだけれど(ある意味、ウチの母よりお付き合いしやすい・笑)。

 錦糸町のヨドバシカメラに寄ってダンナがデジカメのハンドストラップを新調し、地下のお店で具の多いお弁当を買って戻ってきた。  近所のスーパーでお茶と日用品を買い、さて・とWeb巡りや雑事を片付けていたら突然猛烈に眠くなってきた。 ほら、 太陽に当たりすぎると眠くなるよね、夏休みの子供みたいに(文字通り)。 あぁこれから今日の分のJの試合が・ と思うのに意識が遠のいていく。 寝椅子に移動して横になったら世界はまだ明るいのにワタシの視界だけ秒単位で暗転(^_^;)。

 …目覚めれば夜8時前(うひゃー)。 ダンナが後ろからもそもそ起き上がる気配がする(ダメじゃん。 いや怒られなくて済んで幸運だったかも・笑)。 Fマリノスvsサンフレッチェを観ながら夕食(あたしゃ最近、 どうもちょこちょこ食いをしてしまうせいかあまり空腹感を感じなくてご飯の時間にちゃんと食べられないのだ。いかんいかん)。  せっかく途中まで広島がリードしてた(らしい。寝てて観てない)のに、後半で案の定追いつかれる(おおぅ田中ハユマ… 隼磨と書くんだけどもちろん変換しない…ナイスシュート)。 ちぇっ広島使えねぇ(もともとあまり期待はしていなかったけどさ)。
 すぐにでも追いつかれそうな流れにハラハラしながら観る。 惜しいシュートが外れているうちは大丈夫なんだけどさ、 どうも広島DF陣には何かの問題があるような気がするよ(だから千葉から監督との不仲の末に放出されたストヤノフを獲得したんだろうけど)。  それでも何とかフルタイムまで2−2の引き分けで試合終了、ホッとする。 横浜FMが上がってこられると厄介だからね。

 とか言ってたらもう一試合、こっちは18時キックオフだったんだけど、 新潟vs清水がエスパルスのアウェイ勝ちという結果に終わっていて清水の方は上がってきてしまったよ。  あれぇ新潟ホームで勝てるなんて凄いじゃん(ウチらは今年早々に当たって最後の最後に追いつかれて終了。腹立たしかったものだ。 今思い出しても気分が悪い。というか思い出したむきー!)。 なんと羨ましい(^_^;)。
 そんでJ1順位表。  あれあれ、二人旅だったはずなのにどうしましたかねー(ちきしょう鹿島めやっぱり上がってきやがるとは)。  随分差が詰まってきたので気分はもう「蜘蛛の糸」のカンダタである。 お釈迦様に変なお願いをしてしまったら自分ごと落っこちそうなので、 とにかく自力で勝ち続けるしかない。 んだけど、次はもう水曜にヴィッセル戦@神戸ユニバである。  あぁ過密日程といよいよ来月に迫ってきたACLの決勝トーナメントへの心配で胃がめしめしと(^_^;)。

 取りあえず明日は吉祥寺でお仕事、ということは出勤時間が早いのでそろそろ準備のために切り上げてアップして寝ることにするよ。  今夜の一曲はPaul Simonの"St. Judy's Comet"。 可愛い我が子を寝かしつけようとする父親の歌なのだが、 情景の暖かさとキラキラ輝く夏の星を思わせるシロフォンのアレンジが素敵な、短い佳曲である。 youtubeの画像はちょうど我が子 (もうすぐ2ヶ月)を自慢する人がアップロードしたものらしく、 可愛い赤ちゃんの様子が曲とマッチして良い感じになっているので是非ご覧あれ。 子供がいる人は昔を思い出してそれなりに、 いない人は未来に夢を馳せたり過去を懐かしんだりして楽しめるよ(*^_^*)。 それでは皆さま、 月曜日のプレッシャーなんかに負けずに穏やかな夜を♪ おやすみなさい。

posted by らっきー at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

きっかけは何であれ、遠い遠い昔を旅することになった夜。ただセピア色に笑っている人々の懐かしい顔に語りかけてみる、健やかなりやと。

 えーこんばんは、やたらめったらご無沙汰ならっきーです(深々と頭を下げていると思いねい・いや下げている)。  いつまでも暑いのとダンナが無事帰ってきてホッとしているのとでなかなか更新できなくて申し訳ない(^^;)。 生きてます(今のところ) 。

 実は今日、いきなりお休みになってしまったのだ。 昨日の夕方、 マドンナのお店から電話が来て事務担当のヒトが済まなさそうに言うことには、 予約のお客の人数が少なくて1人少ない人数で捌くことに決まったらしく、そうなると必然的に午前中だけのバイトである私が要らなくなるのだ。  常勤になったらそういう事もなくなるだろうし、経営が楽でないのは良く知ってるので快諾する(決してサボりたかったわけではない・笑)。  果たして今朝起きてみたら東京には朝方雨が降ったらしく、拍子抜けするぐらい涼しかったので大変気分が良かった(^_^)。  残念ながらにわか雨の後は陽射しが戻ってきてぐんぐん暑くなったけれど(処暑じゃないか今日は)。

 ダンナは前々から予約してあった胃がん検診のためバリウムを飲みに朝一番で近所の区民センターへ出かけて行った。  元々は夜間こども病院になってる建物の駐車場に検診車が停まってて、そこで検査を受けたのだそうだ。  多分待たされるだろうから彼が居ない間に朝ごはん食べて部屋を片付けてそれから、 と思っていたのにちょっとWeb巡りをしている間にもう帰ってきた。 私の電動自転車を借りて行ったとは言え随分早いよ (30分ちょっとしか経ってない)。
 バリウムは昔より美味しくなったらしい(ダンナ談。あたしゃ自分が透視受けたのもヒトに飲ませたのも10数年以上前だから全然知らない)。  発泡剤飲んでごろごろ台上で転がされた上に頭がうーんと低くなって辛かった・とのこと。  そのうちもっと良い検診の方法ができるかもしれないけどまぁ我々が働き盛りのうちは無理だろう。 お気の毒さま (どうせ辛いなら経鼻胃カメラにしてもらえばいいのに。他人事)。  とゆーか私も受けなきゃいけない気がするんだけど気が進まないんだよねー(今度家に帰ったら頼もうかしらん)。

 午後はダンナの術後リハビリを兼ねて、秋葉原のヨドバシカメラまで行ってきたよ。 こないだ買ったGEOMAG (マグネットバーと鉄球とパネルで色々な形を作るおもちゃだ)が面白くて、もう少しピースを増やしたい・ と交渉していてようやくOKが出たのだ(でも実はこないだAmazonで洋書を注文したついでに夜光96ピースも頼んじゃったんだけど。 一緒に送ってもらうことにしているのでウチに届くのはもう少し先だろう。いけね我が家の主にはナイショだった)。  何食わぬ顔をしてメタル132ピースのセットを買う(^_^)v。
 ついでに家電売り場を散歩していて東芝の最新型冷蔵庫の422Lタイプ(メインの冷蔵部ドアがフレンチオープン式、 とカッコつけて言わなくても観音開きなヤツだ)がちょいと欲しくなる(^^;)。  今ウチにある冷蔵庫は前の家を買った時に揃えたものだからもう8年以上昔のものだ。 あと数年したら買い替えかしらん (そしたらその時点での最新型を買うに決まってるんだけど)。

CIMG4049 さっそく作ってみた(右側に写ってるのが今日買ったセットのパーツ)。
 菱形パネルを3個組むと六角形ができるので、五角形ピースと組み合わせてサッカーボールになるのだ。  パネルは余ってるんだけど見た目よりバーと鉄球をたくさん使うので、こないだ買った分だけでは完成できなかったのさ。
CIMG4052 ボールを全部壊した後で作ってみた造形。 最初のイメージはジャングルジムだったんだけど、作っているうちにどうしても何かが追加されていってしまうのだ(^^;)。
 せっかく磁石を使っているので、六芒星(いわゆるダビデの星と言われるもの。上向きと下向きの正三角形を重ね合わせたような形だ) の立体パターンみたいなものを作ってボール1個を隔ててマグネットバーにくっつけ、くるくる回してみた。  本当はもっとスムーズに回り続けるはずなんだけど、S極N極の向きが一致していないらしく動きがぎこちない。  でも直すのが面倒なのでそのままだ(えー)。
 ジオマグには磁力の特性を利用した色々な造形が可能で、それに魅せられた人々がファンサイトまで作っているのだった。 確かに、 子供と大人とでは違う遊び方ができて良さそうだ。 小学生以上のお子様にもお勧めだよ♪


 話変わって実は昨日、高校の同窓生の小規模な集まりがあって行ってきたのだ。 私の故郷は南国なのだが、 ウチの高校卒業生は結構関東にも住んでる人が多い。 でもなかなか連絡が取りづらいのと皆様多忙なのとで、 思いつきでひょいっと開催された昨日の飲み会は参加者4人と随分コンパクトだった(^^;)。

一次会の和風居酒屋にて。 何だか時々大きな音がするな、と思っていたら何だか天井に小さい電球が一面に並べられていて、 花火をかたどった光がパッと咲くのだ。 臨場感というよりはごっこ遊び的な面白さ(失礼・笑)。

 メンバーは私を入れて男女2名ずつ。 たまたま1年か2年で同じクラスになった人ばかりで、 皆よく昔のことを覚えていて話が弾んで面白かったよ(*^_^*)。 でも何となく男性陣は記憶にあるよりどことなく貫禄が出てたけど (うち1人が「俺、高校時代より40Kg体重が増えたよ」と言っていた。うひゃー)。  もう一人の女の子は昔とおんなじふっくら色白で可愛いまんま中年にさしかかっていてある意味年齢不詳、当のワタシは…うーむ、 「昔より痩せたでしょう?」としきりに訊かれたのだがちょい待ち、当時の方が3Kgぐらいは軽かったぞ?  やっぱ年食ってフェイスラインのハリがなくなったとゆーことかしらん(切ないぜ)。

 それぞれ持ち寄った昔の写真などを見て共通の知り合いの噂話や思い出話に花を咲かせる我々。 皆さすがに焼酎を嗜むのだが、 あたしゃ裏切り者チックに苦手なので、梅酒とか生絞りグレープフルーツサワーとかでお子様を演出していたよ (というかマジで多量の飲酒は二十代前半で卒業した)。 それぞれの来し方現況行く末などの話もする。  当然のように旧姓で呼ばれて全然違和感がない・って何だか不思議な感覚だ。 考えてみればもう結婚10年目だからねぇ(^_^;)。
 ラストオーダーが22時半(って早くないか!?)だったので、23時頃店を出て二次会は近くのカフェ(アルコールも出る)に入り、 合流予定のもう一人を待つが結局0時を回ったところでまだ身体が空かないとの連絡があり断念。  とゆーかあたしゃ0時28分が終電であることを調べて知ってたので少し気が気でなかったのだけれど、 無事それを皆に知らせることなくホームに辿り着いたのだった(ひと安心)。

 同じホームであとの3人は南行き、あたしゃ北行きで同時に電車が来て、乗ってから発車するまで互いにずっと手を振ってた(^^;)。  どうして20数年ぶりに会った、しかも在学中それほどたくさん言葉を交わしたわけでもない同級生との時間がこんなに楽しいんだろうね、 不思議(いつも同窓会ってそんなものだけど)。
 今度は来月上旬あたりにもうちょっと多めの人数で集まる予定なので、それも楽しみ。  気の多いワタシには当時ちょっといいなと思ってた男の子がたくさん(ってのは言い過ぎだ。先輩含めればもっと多いけど、 同級生なら5〜6人、ということにしておこう・笑)いて、その中で3年の時同じクラスだった子の話が出たので「実は昔Mくん(仮名・笑) のことがちょっと好きでさぁ」と言ったら「じゃぁ声かけてみようか?」と返されたので密かに喜んでしまったりもしたよ(コラ)。  他にも懐かしい人たちがいっぱいいるもんね〜。

 そんで来年こそは、年に一度の学年同窓会に合わせて帰省したりするんだp(^_^)q。 などと思ってみた、楽しい夜だった。  いやぁ本当に、今日が休みで良かった♪(それはお前だけ。と心の声)
 今夜の一曲はCeline Dionが歌う"Calling You"を。 私のiTunesにはHolly Coleという女性シンガーの歌 (コンピレーションアルバムに収録されてた)で入ってるんだけど、とにかくしみじみと良い歌だ。 ♪〜I am calling you...多分いまでもどこかで。

 それではおやすみなさい。 ハリポタを読み終わったので次のベッドサイド読書は(Amazonで注文した「Pride and Prejudice」の二次創作が届くまでは)「赤毛のアン」に代表される20世紀初頭の、いわゆる少女小説 (ほとんどは素直でひたむきな少女たちが主人公の、自然の情景描写と心ときめく恋愛要素が楽しい成長モノである。「小公女」「秘密の花園」 「ハイジ」「少女パレアナ」「若草物語」「レベッカ」「可愛いエミリー(3部作)」など。そういう意味では「自負と偏見」もそうだよね) の手持ちを順番に読み返しているところ。 特にモンゴメリーの話がお気に入りな私のおすすめは(前にも書いたけど) 「青い城(The Blue Castle)」。 この話にめぐり会ったのは数年前だけれど、 子供の頃からこれらの少女小説を読んで育った私は良く言えばロマンティスト、悪く言えば綺麗なものだけを見たがる夢子さんだ(もちろん、 これっぽっちも後悔はしていない。これらの話で格調やヒトを信じる心や自然の美しさを学んだと言っても過言ではないし、 今の少女達にもこういうお話を読んでもらいたいなぁ、と私自身は子供の母ではないけれど心からそう思うのだ)。 That's the way it is.

 …あー、明日のスポーツクラブまでにこの筋肉痛よくなるかしらん(^_^;)。 それぢゃまた〜。

posted by らっきー at 23:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

うぇるかむほーむ。4日ぶりに帰宅したダンナを囲んで(って私一人だけど)のんびり過ごす金曜の夜は順調に更けて気がつけばもう明日はJ1第21節。

 こんばんは、連日の隣県通いから解放されて久々にリラックスしたらっきーです。  期限付き移籍をしていたダンナも無事レンタル期間を終了して我が家に戻ってきたよ(*^_^*)。 いやー、 クルマで迎えに行ったんだけど道が空いてれば片道1時間ちょいで行ける計算のところを結局往復4時間強かかってさぁ、それは大変だったけど (ぐったり)。 おかげで戻ってきてからお昼寝しちゃったし(^^;)。

CIMG4003 ちょっとフラッシュバック。 ダンナが居なくなる前の最後の晩餐は駅ビル上のイタ飯屋さんにて。
CIMG4004 ウチら夫婦が一番好きなピザはマルゲリータ。 トマトソースの出来が味を左右するけどココのは釜焼きでクリスピーな薄手の生地と後乗せモツァレラチーズに生トマトがジューシーで美味しかった♪
CIMG4005 サラダとピザ1枚だけじゃ物足りないので子牛肉のグリルを頼んで全部シェアした。 お腹いっぱい。うまー。横にあるのはキール。

CIMG4009 ダンナが移籍先で戦っている間に私はスタバの昼食をやっつけていたよ(^_^)v。
CIMG4012 多彩な客層(笑)のローソン。 よく見るとサッカー専用新聞エルゴラッソが置いてあるのもポイント高し。
 さすがレッズサポーターが多いお土地柄だけある。 今日ダンナを連れて帰る前にガンバ戦の勝利を報じた号を買ってきてしまったよ (1部しか残ってなかった。楽しみにしてたヒトもし居たらごめん)。

CIMG4015 昨日の帰り際、駅へのバスを待っている時の夕空。 田舎なだけあって遮るもののない美しさだ。


 さてと。 職場とダンナ移籍先で大半の時間を過ごしていたので全然更新する暇、というか気力がなかったんだけど、 一昨日の万博でのガンバ戦(J1第20節)は皆様の応援のおかげか永井雄一郎の意外なファインゴール(失礼) で挙げた1点を後生大事に守りきってなんと勝ってしまったのさw(゚o゚)w。 いやーおめでとうありがとう (相手がガンバだったというのが嬉しい。今季2回も大敗してるからねぇ)。
 あたしゃその日は遅くまでダンナに付き添ってたので帰宅したら既に試合はとっくに終わっていて、 TVをつけたら録画していたスカパーのチャンネルが映って画面は試合後のインタビュー待ちになってた。  アナウンサーと解説氏が試合を振り返りつつ喋っている。 どっちが勝ったかは出ていない。  帰りの電車で携帯サイトを見れば勝敗は分かったのだろうが、敢えてそうせず帰ってきたので結果はまだ知らない。 ドキドキしつつ聴く。  「…というガンバの目論見だったのでしょうが、残念ながら実りませんでした」みたいに聞こえた。 えっ負けてないのか(サポーター失格)。  思わず小躍りするワタシ(笑)。 画面にも試合のハイライトが出る。 ををを、引き分けですらない(勝ってる)(T_T)。 どれどれ、 とアフターゲームショーにチャンネルを切り替えてみたらウチの試合が終わるところだった。 むー (結局あとで再放送を最初から観たからいいんだけどね)。

 これで勝ち点差は1とかなり縮まったよ(嬉)。 前節レイソルに引き分けた時にはかなりがっかりしたけれど、 ガンバ相手に勝てたのでまぁ結果が逆と思えば納得できないこともない(無理やり)。  ただし次の甲府戦でまた集中を切らして不覚を取るようなことがあれば今節の価値が下がってしまうので気をつけるようにね (誰に勝っても勝ち点は3だし誰に負けても勝ち点は0だ)。

 今夜の一曲はガンバがホーム万博での連続不敗を26と伸ばしてJの記録を作ろうと目論んで作成したTシャツの文言「Nobody can beat us at the BANPAKU!」に敬意を表して(とは言いながら一つ疑問。このtheは必要なのか?) Go-Go'sの"We Got The Beat"を(笑)。 キャピキャピギャルの一発ヒットと思うなかれ、 彼女たちは70年代パンクから80年代ロックへと移り変わる時代の中で自分達のスタイルを貫きながら生き残った凄いヒト達なのだ (ってそんなに詳しくは知らないけど)。
 まぁそんな事を言わなくてもこの曲は素直に若さのパワーに溢れていて他愛ないけれど聴いて楽しく歌って楽しい(お前が歌うな)。  このbeatは文字通り音楽のビートだけど、動詞にするとさっきのTシャツのように「打ち負かす」という意味があって、 他にも心臓が拍動するという意味もある(自動詞だね)。 その辺を全部兼ねて今夜の話題に相応しいかなぁ、と(^_^)。

 それにしてもあの記録達成記念Tシャツどうするんだろうなぁ、 ご丁寧に日付まで入ってて試合前に完売したらしいけどよりにもよってウチらに負けちゃったからもう他の試合には着て行けないよねぇ(^_^;)。  ご愁傷様(ちーん)。
 …というわけでおやすみなさい。 明日は土曜日なのでまた夕方まで仕事なんだけど、せっかくの甲府戦@ 国立アウェイがあるにも関わらず職場の暑気払いお食事会@新橋に誘われてるのでまたもやリアルタイムTV観戦はできそうにない。  まぁ今回のことを考えると縁起がいいのかもしれない (今季はリーグ戦以外もそんなには負けてないから何をしててもあまり縁起が悪くはならないんだけどね)。  来週は別件の飲み会もあるしダイエットも頑張らなきゃp(^_^)q。

posted by らっきー at 23:52| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

あらら皆様ごぶさたでー(いや今日は火曜日)。思い出せないほど久しぶりに一人ぼっちの夜を過ごしつつ、ハリポタ最終巻読了の余韻に浸っているワタシ。

 えー、推定読者3人の皆さんこんばんは(^^;)。 柏レイソルに引き分けたショックで泣き暮らしていた…わけではないらっきーです(本当)。 本当だって言ってるだろー(逆切れ・笑)。

 先月偶然に、高校時代の同窓生のSNSを見つけて加入したんだけど、その中に一人ガンバサポーターと思しきヒトが居るわけさ。 今あれだけ強い、というか成績が良くて勢いがあるチームだからサポの気勢が上がるのも当たり前なんだけど、私が浦和ファナティックだと書いたら最近今年のGvsRのワンサイドゲームや在籍代表選手についての書き込みなんかでこちらを逆撫でするようなエントリを上げられてうわー・と思っているところだ。
 実際チームが強いんだから自慢するのは全然構わないんだけどさ、対戦相手を貶すならその裏にリスペクトが感じられない書き込みってのは白けるだけだよ(とワタシは思う)。 あぁウチらは今調子が良くないから余計に刺激されやすいんだけどさ(その辺は認めておこう)(^^;)。

 それにしてもいかんね浦和(悄然)。 チャンスもあるし観てて面白くないわけじゃないんだけど、結局ふいっと集中力を欠いたり決定力があるようで無かったり、ロビー(ポンテ)大先生が頑張ってるのに達也のワントップがイマイチ機能してなかったり(ワシントンの調子が上がりかけてきたとわずかに期待したら壊れて帰国しちゃうなんてナシだよなぁ)。 阿部ちゃんも小野伸二も良いんだけど本当の才能を出せてない気がするし長谷部はシュート決まらないし、永井雄一郎はスーパーサブで出てくるならもっと走り回ってボールを貰って欲しいし得意のドリブルでひらりひらりと敵をかわして欲しいのだけれど。 オジェックの意図も私の目にはまだまだクリアじゃないし。
 うーむ、もうリーグも後半戦に入っちゃったんだけどなぁ。 しかも今調子が悪そうに見える磐田(じゅヴぇこさん応援がんばりましょうね)とはもう当たり終わっちゃったからこれ以上勝ち点稼げないし(^_^;)。

 などとスカパーでJ2の再放送などを何となく観ながら久しぶりに更新中である。 実はダンナが今日から電車で2時間ちょっとの隣県に期限付き移籍をしてしまったので、TVで何を観ようが早く消して寝ようが自由なのだ。 考えたら夜じゅう自宅に一人きりって何年ぶりだろうか、ひょっとして結婚して10年弱で数回目ぐらいかも(仕方なく職場の宴会とかに出かけて行っても午前様になったことは一度も無かったからねぇキャツは)。 むしろ私の方が奥様じゃなくてソト様である(仕事絡みだったりふらりと実家に帰ったり)。

 本当はもう少し近くに移籍してもらうことも考えたんだけど、私の知り合いの代理人M氏に頼んでしまったのがマズかった(笑)。 とても優秀で後輩思いのヒトなんだけど、如何せん活躍の場がウチから遠いのだ(>_<)。
 まぁ行くのはダンナなんだからいいか・と思っていたのは甘かった。 キャツは一度行けば帰ってくるまでずっとそこで過ごせるけれど、あたしゃ毎日家と職場と移籍先を行ったり来たり大移動をしなきゃいけないのだった(涙・というか自分の展望の無さに半ば呆れる)。

 で、でも言い訳じゃないけど知り合いが居るトコに行くのは悪いもんじゃないよ? ただでさえ心細い移籍なんだから、極力結果が良くなるように信頼できる筋に紹介してもらう方がいいってホント。 うん(と自分を納得させる。今更・笑)。
 今回は短期の予定だけれど、ハイライトは明日の午後なので朝からスポーツクラブもお休みしてお弁当とか用意してピクニック気分で出かける予定。 せんせー、おやつはバナナに入りますか?(逆だ逆)

 そういえば結婚するちょっと前にも移籍に付き合ったことがあったなぁ(^^;)。 当時ダンナは南浦和に住んでいて、この時の出向先はとても近くだったんだけど期間はえーと、1週間ちょいだったかな? お義母さま(当時はまだ予定だったけど)と一緒に訪問して、彼女が差し入れしたオレンジジュースでキャツがひどい目に遭ったり近くにコージーコーナーがあったおかげで飢えさせずに済んだりしたんだった。 うわー懐かしい(遠い目)。

 というわけで今夜は早く寝なきゃなんだけど、新しい勤務環境に疲れきってて全然手をつけられなかった日が続いた末にようやく読み終わった「ハリー・ポッターと熱海の秘宝館(ウソ)」についても極力詳しいネタバレ抜きで語ってみたい。 間違えて見たくない方々の目に触れてしまうとマズイので、巻末に畳んでおくことにする。 をを、このBlog始めてから追記リンクを貼るのって初めてだ(大抵はうんざりするほど長文なのに全然便利な機能を使ってないワタシ。というか読者に厳しい・がモットー。深謝)。

 その前に今夜の一曲いっとこう、Stingがカヴァーしている古い聖歌"Gabriel's Message"。 前にも書いたと思うけどあたしゃクリスマスソング集が大好きで、子供の頃すり切れるまで聴いたお気に入りのLP1枚(終いには1年じゅういつでも聴いてた)に始まって今までに何枚も様々なコンピレーションアルバムを買っているのだ。 これはその中の1枚に収録されていた曲で、13世紀のバスク地方の聖歌を基に作られたのだそうだが、その宗教的な深みと異国の徒である我々には多分理解できない特異なイメージがスティングの声や歌い方にマッチしているように私には思われる。 最初に聴いた時には鳥肌が立ったよ(後奏の変なビートは要らないと思うけどね)。
 もともとバロック音楽に傾倒しているせいもあるかもしれないけど、各声部が鐘の音のように響きあうコラール(キャロル)形式の曲には滅法弱いのだ(^^;)。 中世の歴史を感じさせるあたりはハリー・ポッターの魔法世界にも通じるものがある、と言っておこう(実際には魔女狩りと称して無実の人々を多数処刑してきた故事もあるわけだが)。

 それでは明日の小旅行(往復4時間半だ!)のために今夜はおやすみなさい。 うーむこれから居間の冷房消して自分の部屋にエアコン入れ直すの無駄だなぁ、ココの長椅子で寝ちゃおうかなぁ(自堕落・ダンナにはナイショ)。


続きを読む(ハリポタ第7巻邦訳を楽しみに待ってるヒトや原書途中のヒトは御遠慮ぷりーず)
posted by らっきー at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。