2005年08月30日

ところでiTunes Music Store Japanについて(鳴り物入りで始まったけど買いたい曲ある?)

 実は自己紹介でも書いた通り、私は大の音楽好き(のつもり)♪ 受験直前までピアノを習ってたせいもあるし、小学時代にゴダイゴ〜中学時代にSimon & Garfunkel〜大学でFENのAmerican Top 40 Countdownという流れで英語のポップスにハマった経緯もある。 日常生活ではあまり役に立たないが、後天性の絶対音感、または限りなく絶対に近い相対音感と言うべきものも持っている。 が今日の話はお手軽な携帯ミュージックについて。

 どうも思い返すとあたしゃ昔からダウンサイジング教徒で、持ち運びに便利な電気機器は元々大好きだったのだ。 普段はSONY嫌いとか言ってるけど、ウォークマンシリーズが出た時には周期的にハシリの機種を買って悦に入っていたものだ(あの今となっては信じられない大きさの弁当箱みたいなCDウォークマンの初代機だって持っていた!)。 学生時代は制服のポケットに小さな穴を開けてラジオのコードを通してシャツの襟から髪に隠して頭の後ろに回してイヤホンで全校集会中に音楽を聞いていたこともある(時効)。 好きな音楽を大量にかつ気軽に持ち歩いて聴ける今の環境は本当に夢のようだ。

 マカーになり損なった私が唯一彼らを羨ましいと思っていたのがiTunesの存在で、Windows版が出た時には嬉しかったものだ。 しかも待ちに待ったMusic Storeで曲が買えるようになったと知り、何はともあれ5,000円のカードを購入して飛んで帰った私を待ち構えていたのは厳しい現実だった。

 …あのぅ、ずっと欲しくて探してた曲、全然無いんですけど。

 独自の規格を作ってハズすのが大好きなSONYやその系列や独自レーベルなんかのおかげで(だと思うのだけれど)、20年前のニューミュージックの大御所やポップスやロックの有名どころの曲が全然Storeに並んでいないのだ。 最近の曲なんかどーでもいい私にとっては本当にショックだった。
 とゆーわけで皆さん、何かその辺に売っててすぐ検索できておすすめの曲があれば是非教えて下さい。 とこんな辺境で言ってても無駄なのは承知なんでただの愚痴ですが。

 結局、今のとこ買ったのはOlivia Newton-Johnの"Physical"、Dire Straitsの"Walk of Life"、Mike Oldfieldの"Tubular Bells(短縮版)"で計450円(^_^;)。 お金が余って困っているのでDef Techの一番有名なヤツ(CMからブレイクしたアレ)でも買おうかと思ってるところ。 マイヤヒー♪(←これは売ってない。フラッシュ持ってる)
posted by らっきー at 14:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。